おもしろい京都案内

  • ¥0

    無料

毎年5000万人以上の観光客が訪れる京都の魅力を紹介。特にガイドブックには載っていない京都の意外な素顔、魅力を発信しています。京都検定合格を目指している方、京都ファン必見! 京都人も知らない京都の魅力を沢山お伝えしていきます。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
  • 殿堂入り
  • まぐまぐ大賞受賞
 
メルマガ名
おもしろい京都案内
発行周期
ほぼ 週刊
最終発行日
2017年10月14日
 
発行部数
5,672部
メルマガID
0001668803
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
旅行・おでかけ > 国内 > 関西

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

☆★☆───────────────────────────────

おもしろい京都案内

─────────────────────────────第107号

こんにちは。
発行人の英学(はなぶさ がく)です。
拙い文章でお見苦しいところがあるかも知れませんが宜しくお願いします。


今回は京都の人気エリア「田の字地区」についてです。
京都は昔から場所に強いこだわりを持つ人が多いようです。
どこを京都と呼ぶかで揉めることもあるとか。
そんな京都の中心部の人気エリアをご案内します。


「おもしろい京都案内」のバックナンバーはこちらのブログからどうぞ↓
http://gakuhanabusa1.seesaa.net


英語を独学で身につけたい方、海外に行かなくても英語を習得したい方はこちらをどうぞ!↓
メルマガ「毎朝一文!便利な英語表現」(8年以上平日毎日配信しています。)
英語そのものは毎日一文だけしか紹介していませんが、編集後記で色々と思いついたことを気ままに書いています。

ご興味がある方はご覧になってみて下さいね。↓
■■■毎朝一文!便利な英語表現■■■
http://www.mag2.com/m/0000268046.html


■■今日のテーマ■■

田の字地区
______________________________

田の字地区は京都市内中心部、四条烏丸の交差点を中止とする京都で最も栄えたエリアと言っていいでしょう。

四条烏丸は、昔から京都の商業・ビジネスの中心地として繁栄してきました。
南北に走る烏丸通は、1200年前の平安京開設当時の烏丸小路にあたる通りです。
その通りは京都のど真ん中を走るメインストリートとして現在に至ります。
京都の南北を御池通から五条通、東西を河原町通から堀川通で囲んだ約2キロ四方ぐらいの地区を「田の字地区」と言います。
位置関係がわからない全国のみなさんはインターネットなどで地図を検索してみて下さい。
この地区は、平安時代には公家の邸宅や呉服問屋などが建ち並び、住宅地としても商業の拠点としても重要な場所となりました。
また、祇園祭の山や鉾を出す33の鉾町がすっぽりとおさまる地区でもあります。
室町通や新町通などには今でも暖簾を守り続ける老舗も少なくありません。
そして現在もおしゃれなレストランやブランドショップ、百貨店などがひしめくエリアとなっています。


■御所南小学校学区

田の字地区の南北の境に関しては最近まで四条通から丸太町通までだと思っていました。
京都の不動産のチラシなどを見ていると「御所南小学校学区内」というのをよく見ます。
ターミナル駅から「駅近」とかいうよりも、京都中心部では御所南小学校に通える地区がとても人気なのです。
御所南小学校は御所のすぐ南、丸太町通から御池通の間にあります。

御所南小学校は、2002年に文科省が最初の「コミュニティ・スクール」に指定した学校です。
その頃から徐々に人気が高まり、御所南小学校→御池中学→堀川高校→東大というのが京都のエリートコースになっているようです。
御所南小学校は近隣地域の小学校を統廃合して1995年に開校された比較的新しい小学校ですが、人気化して生徒数が急増しています。
開校時から児童の数は約2倍に増えたといいます。

御所南小学校から御池中学校に進学して9年間、公立の小中一貫教育が行われます。
優秀な学生はその後、堀川高校へ流れるというのが公立のエリートコースとなりました。
このエリアに住んでいれば小学校から堀川高校まで全て徒歩圏内です。
京大に行けば大学までずっと歩いて通えます。
学部にもよりますが百万遍までは自転車かな?汗
いずれにせよ、学区にあった呉服店などが衰退し廃業する中で、跡地にマンションが建つようになり、教育熱心な若い世帯が住む住宅地に変わっていったようです。

そのぐらい人気化したエリアだったので、すっかりこのエリアも田の字地区に含まれているものだと勘違いしていました。


■土地の価格は東京23区並み

田の字地区の実勢価格は公示地価はの3~4倍とのことです。
信じられないような状況ですが、田の字地区にあるマンションの価格などは東京23区の一等地のものとあまり変わりません。

固定資産税は公示地価を基準に算定される評価額で決まります。
このため、公示地価と実勢地価との差があると、保有している資産の価値に比べて、支払う税金が安くなります。
田の字地区に代々土地を持っていて上手に活用している人などは相当な資産家でしょうね。

京都は土地にかなりこだわりを持った人達がいます。
昔から京都と呼べるのは秀吉が京都を取り囲むように築いた周囲22キロに及ぶ御土居の中だけでした。
これを洛中といいます。
田の字地区ももちろん洛中にあります。
田の字地区の東の端である河原町通は洛中の東の端にほぼ重なります。
河原町通の程近くに三条通から四条通までを平行に走る京都一の歓楽街・新京極通などはまさにその名に昔の面影を残しています。
新京極通は明治時代初期に当時の府知事・槇村正直によって整備されました。
しかし、元々は平安時代に築かれた碁盤の目の通りの一つであった東京極大路です。
読んで字の如く、平安時代からこの辺りは「東の極み」とされていたのです。
この洛中、または田の字地区の東の縁からは京都らしい山紫水明の景色を見ることができます。
目の前に鴨川、その向こうに比叡山、大文字の如意ヶ嶽が見えるというのが洛中からの景色です。
素晴らしい自然の眺めと商業や流行の中心である百貨店やブランドショップ、全国レベルの小中高がコンパクトに詰まった田の字地区。
日本中を探してもなかなかないとても貴重な場所ではないでしょうか。


いかがでしたか?

京都は日本人の知識と教養の宝庫です。
これからもそのほんの一部でも皆さまにお伝え出来ればと思っています。
__________________________________

■■編集後記■■

お楽しみ頂けましたでしょうか?
私は当然、京都の魅力をお伝えしていてとても楽しいのですが、より多くの方達に共感して頂けたら嬉しく思います。

知識や教養は何の変哲も無い日常生活に彩りを与え、人生をより豊かで実りあるものにしてくれます。
京都の魅力に興味を持ち、日本そのものを深く知ることで自分を見つめ直すことが出来ます。
そして、親や祖先を敬い、母国に感謝する気持ちが深まるきっかけになれば幸いです。
また日本人とし国際社会で誇りを持って活躍するために欠くことの出来ない教養だと考えています。
___________________________________

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

毎回京都の興味深い、楽しいネタをお伝えします。
京都観光が数倍楽しくなるような、皆さんに役立つ情報を提供できればと思っています。

ご感想・ご意見は、お気軽にご連絡くださいね♪
では、また来週お会いしましょう!!       
___________________________________

メールマガジン「おもしろい京都案内」

☆発行責任者:英学 (はなぶさ がく)
☆問い合わせ:gakuhanabusa@yahoo.co.jp
☆登録・解除:http://www.mag2.com/m/0001668803.html
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ