毎日新聞出版【μNOVEL通信】

  • ¥0

    無料

毎日新聞出版の大人向けライトノベル・レーベル『μNOVEL(ミューノベル)』のオフィシャル・メールマガジンです。新刊情報や著者エッセイ、編集裏話などを月1で配信していきます!

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
毎日新聞出版【μNOVEL通信】
発行周期
ほぼ 月刊
最終発行日
2017年01月01日
 
発行部数
158部
メルマガID
0001668973
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
アート・文芸 > 文芸 > 小説

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
毎日新聞出版【μNOVEL通信】vol.16  2017年1月1日

★毎日新聞出版『ミューノベル』の情報を、月1で配信いたします★

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

★毎日新聞出版のサイト=書籍の検索・オンラインショッピングは、こちらで★
http://mainichibooks.com/

★ミューノベルの情報は、ツイッターでもつぶやいております。皆様のフォローを
お待ちしております★
https://twitter.com/mnovel6

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

明けまして、おめでとうございます。
旧年中はミューノベルをお引き立ていただきまして、誠にありがとうございます。
おかげさまで無事、1歳の誕生日を迎えることが出来ましたヽ(^0^)ノ
本年も引き続き応援のほど、よろしくお願いいたします!!

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

『ミューノベルという名前』
「ミュー」とは、Mainichiの「M」のギリシャ語読み。小文字表記は「μ」。ギリ
シャ神話に登場する女神たち「ミューズ」にもちなみます。「ミュージック」の語
源となった古(いにしえ)の学芸の女神たちにあやかり、時代を超えて読み継がれ
るエンターテイメント作品を送り出したい――そう願って、「ミューノベル」と名
づけました。(編集部)

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

★第8回配本ラインナップ(発売中)★

●『呪・アニメ -アニメ・スタジオの怪談-』
・著者/武上純希(イラスト/伊藤潤二)
・定価:本体926円(税別)
・ノベルス判 208頁
▼198X年――下請け専門のアニメ・スタジオが乱立していた時代に映画の専門学校
を卒業した省三は、人手不足に喘ぐアニメ業界に就職する。過酷な労働環境の中、
会社に泊まり込みで作業をする省三が、仮眠中に心霊現象に遭遇してしまう。その
後、省三の会社が制作したテレビ・アニメを観た視聴者から、不気味なクレームが
放送局に届くのだが、それは……? 戦慄の業界ホラー小説!

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

★作家エッセイ★

今月の作家エッセイは、『呪・アニメ -アニメ・スタジオの怪談-』のイラスト
を担当していただいた、伊藤潤二先生です!

…………………………………………………………………………………………………
 このたび、武上純希先生の新刊『呪・アニメ -アニメ・スタジオの怪談-』の
挿絵を描かせていただきました。アニメといえば私も中学生時代にパラパラ漫画を
本の隅に描いて楽しんだものです。しかし本当は本格的なアニメーションを作るこ
とに憧れていました。コマ撮り機能のある8ミリカメラが欲しくても手に入らない
ので、中3の時、針金のクランクを回してエンドレスで動画を見ることができる箱
型の動画再生器を数個、受験勉強そっちのけで自作して文化祭に出品したりしまし
た。ブラック・ジャックがメスを出そうとしたらキャンディだったというものや、
「グワシ」をして笑うまことちゃんとまこと虫、水道で顔を洗う青年、机上で札束
を奪い合う二人の男などなど、鉛筆だけのアニメでしたが、そこそこ好評を得まし
た。今では箱はボロボロになりましたが、動画自体は傷みもなく、大切に保存して
あります。
 さて、アニメのほかに中学生時代に夢中になったのが、ジュブナイルSF小説。
当時、日本のSF作家が続々と少年少女向けのSF小説を刊行していました。福島
正実、眉村卓、筒井康隆、光瀬龍など日本SFを代表する作家が描く、少年少女が
主人公のSFは、未来への夢にあふれ、未知への興味を刺激してくれました。そし
てジュブナイルSFに欠かせなかったのが、挿絵。依光隆、谷俊彦、金森達などの
挿絵が特に好きでした。当時の挿絵は、画家が描くリアルな絵が主流で、マンガに
はないリアリティがあり、それが小説のリアリティとマッチしていたと思います。
私が漫画家になった時、当時の挿絵のような漫画が描けないものかと、試行錯誤し
たこともあります。しかし私には漫画で挿絵の雰囲気を出すのは無理でした。やは
り小説あっての挿絵ということになりそうです(しかし、星野之宣先生の漫画には、
70年代の挿絵の精神を感じますが)。
 マンガでは挿絵の雰囲気を出すことはできませんでしたが、そうなれば、ずばり
小説の挿絵を描けば、私の夢は叶う、というわけです。過去に2度ほど挿絵を描く
機会をいただきました。今回が3回目となります。やはり挿絵は楽しいですが、し
かし……。私が憧れたSFジュブナイルの挿絵の先生方には足元にも及びません……。
あの頃のジュブナイルSFの挿絵はこれからも私の憧れであり続けるでしょう。
 というわけで、とりとめのない駄文にて失礼いたします。

■伊藤潤二(いとう・じゅんじ)
1963年、岐阜県生まれ。
1986年、朝日ソノラマ『月刊ハロウィン』にて、『富江』が第1回楳図賞の佳作に
入選しデビュー。代表作『富江』シリーズ、『うずまき』『ギョ』『首吊り気球』
など。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

★編集部より★

 ついに2017年が始まりました。なんか今年はリカちゃん人形の生誕50周年みたい
ですね。生誕50周年でも、リカちゃん自身は11歳の小学5年生なんだとか……。
 ついでにいろいろ調べているうちに、リカちゃんの公式ツイッターを発見しまし
た。リカちゃん、ガチであっちこっちに出かけてるんですね。普通に海外とか……。
とても旅慣れていて、尊敬します。多分、世界で一番しっかりしている小学5年生
ではないでしょうか。
 さて、今年は酉年。酉は「取り込む」に通じ、お客さんを取り込める商売繁盛の
一年になるとか。ミューノベルも頑張りますよp(^o^)q (O)

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

毎日新聞出版【μNOVEL通信】
発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0001668973.html

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ