【着ぐるみ通信】@全国こども福祉センター

  • ¥0

    無料

名古屋のNPO法人、全国こども福祉センターの活動紹介をするメルマガです! 隔週で大学生や10代のスタッフの声を届けられるようがんばります(*^^*)

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
【着ぐるみ通信】@全国こども福祉センター
発行周期
ほぼ 週刊
最終発行日
2017年09月05日
 
発行部数
118部
メルマガID
0001669343
形式
PC・携帯向け/テキスト・HTML形式
カテゴリ
行政・政治・地域情報 > 団体 > ボランティア

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

------------------------------------------------------
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
〜〜〜〜〜
〜〜〜〜〜 【着 ぐ る み 通 信】@全国こども福祉センター
<><><>
<><><>   2017 / 9 / 5 配信
<><><>
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【着ぐるみ通信】を購読いただきありがとうございます。
 このメルマガでは名古屋のNPO法人 全国こども福祉センターの活動
を配信すると同時に、若いボランティアスタッフの声も届けていきます。
全国こども福祉センターを知るきっかけや活動への参加ではない関わり
方ができるツールだと思ってもらえたら嬉しいです!

 <<<<<<<<<<<<<<<<<<---------------->>>>>>>>>>>>>>>>>>


<<目次>>

・ ごあいさつ
・ 着ぐるみの最近
・ お知らせ
・ 事務局のひとりごと(編集後記)


_______________________________
_______________________________
◎ごあいさつ
 お知らせのコーナーで常にと言って良いぐらいご紹介してきたアウト
リーチ普及プログラムが8月26日をもって講演会は終了となりました!
まだアフターフォロー等ありますが、ひと段落してホッとしています。
 講演会のため学生ボランティアのメンバーに現場を任せることも増え
ましたが、変わりなくより遂げてくれたメンバーには感謝です。あ、最
後のひとりごとのコーナーでも重大発表ありますので、お見逃しなく!
_______________________________
_______________________________
◎着ぐるみの最近

 着ぐるみ隊として活動してくれる若い子たちの声をいつも活動ベース
でもらうことが多いのですが、前回ひかりんに書いてもらったような広
い目で見た全国こども福祉センターのこと、とても大切な視点だと思い
ました。なので、メルマガ担当のさしだも書いてみようかなと。
 若いメンバーの感想も後半に載せますので、これを楽しみにされてい
る皆さん、ご心配なさらず。笑


 全国こども福祉センターの取り組み、大事にしているのは直接触型の
アウトリーチをすること、指導、補導ではない関わりというところでし
ょうか。きっと、参加しているメンバーそれぞれの背景や活動に参加し
ている動機などでそれ以外に大事にしていることもあるとは思いますが、
どの子に聞いても上の二つは出てくると思います。核となるってやつで
すね。(もしどちらか一つでも出てこなかったら僕の伝達不足です・・・。)


 メルマガの名前にしている着ぐるみはあくまで手段ですが、目立つこ
とや愛着をも持ってもらえることなどから看板のようになっていて、今
では切っては切れないようなツールになっています。

 しかし、街頭パトロール(アウトリーチ)をしていく中で着ぐるみに
はなびかない(もっと派手さやかっこよさを大事にしているであろう)
子達に無視される現状、バージョンアップがいずれ求められると思って
います。
 そして、スマホやアプリの発展で街を徘徊しなくても良くなり、僕ら
が出向く場所も路上や祭礼行事にこだわる必要がなくなる日があるのか
もしれません。

 方法や手法、出向く場所のバージョンアップに当たっては出会う人た
ちの声や様子、新しくボランティアや遊び感覚で来てくれた人々の意見
をしっかりと受け止めることが大事だと思っています。
 そんな偉そうなことを言っていても意味がないので、具体的な行動に
するとして、はじめましてや見慣れない人には挨拶から始める、巻き込
んだ会話をしながら意見を言っていい人、ところだと感じてもらう。そ
んな行動を僕はもちろん、多くのメンバーで出来るようにならなければ
ならないですね。
 人見知りなどという言い訳はせずに。笑


 お待たせしました!
今回は大学2年生のYさんから活動に参加しての感想をもらいました!

「街頭パトロールは4度目の参加でした。
今回のメンバーはあまり話したことのない人が多かったのですが、レア
キャラだと聞いていた子とも会うことができ、わずかですが会話もでき
たのでちょっと嬉しかったです。

名駅は、ただ立っているだけでも、色々な服装や表情の人がいるなとい
つも思います。
それを眺めているのは結構面白いのですが、
だからこそ、ちょっと変わった格好をしただけではそんなに目立たない
のかな、
という気もします。
この日は着ぐるみをほとんど見ることなく素通りしていく人が多い印象
でしたが、
呼び掛けをするときの声の調子や合わせかたなどでもう少し変えられる
かもしれないと思いました。

誰かの居場所になるためには私自身がこの場所を自分の居場所にしてい
かなければならないと思っています。少しずつでもそうなっていけたら
いいなと思います。」

==============================
 Yさん、直接1対1で話したのはこの感想をもらうお願いをした時だけ
かもしれませんが、「読んでます〜」と快く引き受けてくれてありがた
い限りです。
 書いてくれていますが、本当にこの日は着ぐるみ隊への注目度が低い
だけでなく、声かけ隊もティッシュすら受け取ってもらえないといった
具合で心が折れかけているメンバーもいました。そんな中でも終始変わ
らずいい表情で活動に参加してくれていたのが印象的なYさんです。そし
て、もしよければこれから注目してもらうためのアイディア下さい〜!
おじさんに片足突っ込んでいるさしだを助けると思って・・・。笑
 これからもよろしくです、もう居場所になっていると思いますよ!
==============================

_______________________________
_______________________________
◎お知らせ

○アウトリーチ(直接接触型)研修 第6回講座
講師:田中和快氏、酒谷佳紀氏
「アウトリーチの検証と実習準備」
「アウトリーチ研修報告会(一般公開)
 〜私が必要だと思う支援の入り口とコミュニティ〜」
日時:10月1日 13:25〜
場所:ウインクあいち 1106号室


※前回お知らせしたwebマガジン「ひみつ基地」ですが、著名な方にも
関心を持ってもらえましたので、調子に乗って再掲します!

○webマガジン掲載
NPO法人夢職人さんの子どもと若者の成長を支えるウェブマガジン「ひみ
つ基地」にボランティアさんがレポートとして書いてくれました!
https://children.publishers.fm/article/15736/


全国こども福祉センターHP :https://www.kodomoo.net
また、当法人はボランティア団体で、多くの学生や10代が交通費をかけ
て参加してくれている状況です。大人の皆さんなどには寄附のお願いを
しております。もし、関心のある方がいらっしゃいましたら、寄附とい
う形でも応援していただけると幸いです。
https://www.kodomoo.net/donate/
===============================

当法人、facebookやtwitterなどの流行ものもやっておりまして、
facebook : https://www.facebook.com/k0domo
twitter : @kodomo_fukushi

こちらは大学生スタッフの投稿がほとんどとなっています!

_______________________________
_______________________________
◎事務局のひとりごと(編集後記)

 さて、あいさつでもお伝えした重大発表ですが、


な、


なななんと、


ひっぱりすぎましたね、言います!
なんと今号で『着ぐるみ通信』終了します!


廃刊にはしないので実質休刊状態で置いておくことになります、

 担い手が出てこない限り復活はありませんので、これを見ている全国
こども福祉センターのボランティアの皆さん!(メルマガ担当のさしだ
の調査では意外と高3以上は見ているらしいです)メルマガ書きたい、
書いてみたいといままで言えなかったあなた!今がチャンスですよ〜!


 完全に引き継ぎをできていない僕の責任ではあるのですが、やりたく
ない仕事をボランティアさんに押し付けるのは支援のミスマッチと何も
変わりないように思え、ここまで来てしまいました。動機付けがうまく
できず、引き継ぎ出来ずにすみません。


 着ぐるみ通信を楽しみにしてくれていた方がどれくらいいるのかは定
かではありませんが、一旦ここにてとじさせてもらって、また参加して
くれる子たちの声は、現場に来て、関係性ができてからしか聞けないと
いうプレミアボーナスに戻させてもらいます。

 もちろん、全国こども福祉センターの活動はこれからも続きますので、
HP等々からアクセスしてもらえると助かります!


節目となる第50号までお付き合いいただきありがとうございました!


_______________________________
_______________________________
このメールマガジンは『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/ を
利用して発行しています。
メルマガの購読解除はこちらから
http://www.mag2.com/m/0001669343.html
_______________________________
_______________________________
作成:NPO法人 全国こども福祉センター
ご意見・ご感想 kodomo.magazine@gmail.com
※ボランティア団体ですので返信が遅くなることが多々あります、
ご了承くださいませ。
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ