さよなら夏の日

  • ¥0

    無料

作家、菊月孔命(きくづきこうめい)の色々なお知らせ情報メールマガジンです。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
さよなら夏の日
発行周期
情報がそろい次第不定期で発行いたします。
最終発行日
2017年12月30日
 
発行部数
11部
メルマガID
0001669363
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ニュース・情報源 > 一般ニュース > インターネット・パソコン

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

        ● お知らせ情報メールマガジン(^○^)/ ●

           ~ 『 さよなら夏の日 』 ~

        第13号  配信日 2017年 12月30日 土曜日

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
● 管理人&発行者 菊月孔命からのご挨拶
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

メールマガジン『さよなら夏の日』第13号配信をご購読の皆さん、こんばんは!

このメルマガを発行しています、管理人の占い師・救済X主宰の菊月孔命です。

また、今回、新規でこのメルマガを購読してくださっている皆様も僕のメルマガを読
んでくれて本当にありがとうございます。

これからも、どうぞよろしくお願いいたします。m(__)m

2017年も本日を含めて、残りあと二日と迫るところとなりました。

今年たる2017年は、振り返ると世界的にも、日本国的にも、また政治の分野において
も色々な激動の変化が起こりました。

そして、脅威と言えば、北朝鮮が弾道ミサイルを何発も打ち上げて、世界に衝撃的な
ニュースを何度も何度も我々民衆に振り撒きました。

このメルマガを読んでいる皆さんの2017年度は、振り返るといかがな出来事がありま
したでしょうか?

世界的、そして、世間的にも色々な事があった2017年度でしたが、僕自身も今年は下
半期から激動の日々を生き抜きました。

やはり、今年の僕の中での大きなイベントであり転換期を迎えた出来事は、新・事務
所移転で正式に引越し作業を行った、という事でしょうか。

この内容は、今月の12月23日投稿公開したオフィシャルブログでも書きましたが、新
居&新・事務所に引っ越す前は、約9年間ほど東京都の国立市のある男子寮で一生懸
命に生活していました。

男子寮と言うと、普通に【寮生活】か・・・。

と、思われるかもしれませんが、僕が住んでいた男子寮というのは、福祉施設の男子
寮で、所謂、【人生につまづいた人たち】が集まる施設だったのですが、僕はその寮
に、精神疾患を患って、色々な事情から仕方なくその男子寮に入らざるおえない状況
下で約9年前に入居しました。

精神病を患っていたので、入居当初は、酷い精神状態の低下した境涯の中で【ああ、
寮生活だな・・・】なんて思ってはいたものの、当時の一緒に住んでいた他の寮生は、
本当に酷いメンバーと言わざるおえないメンバーばかりで、最悪な生活環境と言うよ
り、最悪な人間関係の中で暮らしていました。

この事を悟ったのは、男子寮に入居して、約1年くらい経って、僕の居た部屋も数名
の出入りがあり、寮の他の部屋の噂も少しずつ聞こえて来た頃でしたが、【この男子
寮は、所謂、普通の人が入居しない】寮なんだ、と悟った時にはすでに時遅く、後悔
先に立たずの現状でありました。

僕が男子寮に入居する前もそうだとは思いますが、先にも書いた通り、【普通の人】
の入居は絶対にないので、新たに入居するメンバーは、【人生につまづいた】、所謂、
一癖も二癖も、酷い時には三癖も・・・と言わざるおえない、最低と呼ぶに相応しい
人生状況の人ばかりがその寮にやって来るのでした。

【普通の人】以外、と言うのは、路上生活の人や、刑務所から出所した人が多く、所
謂、行く家がない人ばかりの集まる施設男子寮だったのです。

約9年間の寮生活の中で、【まともだった】、時期と呼ばれる期間は、引っ越す間際
頃の半年間くらいで、それ以外の期間は最悪な人間関係下の中での生活でした。

9年前の入居した当初から1年間くらいは、財布からお金を盗まれるという事に毎月、
日々悩み続けました。

次の2年目3年目は、俗に言うやっちゃんあがりの入居者が多く、毎日のように喧嘩、
怒声、罵声、威嚇等に悩まされ続けました。

入居して4年目5年目くらいは、所謂、【薬物】を好むメンバーの入居が多く、麻薬に
犯された【法から隠れたメンバー】の入居者が多く、僕自身も、相手の【覚せい剤】
をうつ場面を目撃して警察へ自ら通報した事も2回ほどありました。

次に僕の居た男子寮は、飲酒は絶対に厳禁の寮で、6年目7年目頃は、酒に依存するメ
ンバーの入居者が多く、消灯時間を過ぎて電気の照明が消された真っ暗い中を見計ら
って寮長に隠れて飲酒をして、酒乱の者が夜中に暴れて夜中にパトカーが来る、何て
言うのは日常茶飯事の事でした。

そして、やっと【落ち着いた精神状態の人の入居】が目立ってきたのは、やっとこさ
っとこ8年目くらいからで、そこからは穏やかな施設にと変わってきましたが、それ
でも酒を浴びるほど煽るメンバーは後を絶たず酷い人間関係の中での暮らしでした。

僕がネットで【鑑定】をし始めたのは入居8年目からで、入居歴の最後の2年間は、寮
の部屋の中で鑑定仕事をしていました。

寮に入居して8年目くらいから【占い師としての独立】を意識し始めた頃で、とにか
く寮を出たい、と思う一心の日々の日常生活でした。

そして、今年の2月の中旬に【インターネット無料サービス連盟・救済X】をネット
上で立ち上げて、これを機に4月に【占い師】としても独立を果たしました。

更にトドメとなったのは、6月の下旬に、僕の通院する精神科の担当医の許可の一言
でようやく一人暮らしが出来るようになり、晴れて、今年の8月19日に男子寮と同じ
【国立市内】ではありますが、新居&新事務所という事で引越しをする事が出来ました。

8月19日に引越しをして、このメルマガを書いている新居での生活は、早、4か月が経
ちましたが、最近やっと生活も軌道に乗り、お蔭様で、鑑定仕事の方も順調であります。

また、僕の【本命】とする無料鑑定の依頼者の依頼もやっと流れに乗ってきて、依頼
が途絶えないようになりました。

これは、23日投稿したオフィシャルブログにも書きましたが、今振り返れば、9年間
の辛酸を舐め尽した苦痛・苦労の男子寮の生活は、救済Xを立ち上げる上では、絶対
に経験しなくてはいけない運命だったのだ、と、つくづく実感します。

本当の【幸福】という姿を知るには、とことん【苦労】をしないとダメだ、という事
がつくづく9年間の寮生活の中で知る事ができました。

生活苦で苦労のどん底で暮らす人は、【淡い形】であったとしても【幸福の実感】を
感覚的に想像はできると思います。

しかし、日夜お金があり、経済的物質も日々豊富で尚且つ、名誉や富にどっぷり浸か
る人は、中々世間で苦労している人の心まではよく理解知り得ないのが現実の姿だと
僕は普通の一般論としてそう思います。

まず、幸福になる、という事は、【自由】を獲得する、という事です。

自由とは、自由奔放の【放縦】の意味ではありません。

本当の自由というモノを獲得するには、まず自分を律する事から始め、苦労と努力を
して【辛い】という世界を舐め尽さないといけなく、その辛さの中で努力をし抜くこ
とによって、自身の精神も鍛えられ、悠々と人生の困難も乗り越えられる自分になれ
る、という事を、とことん僕は今回の寮生活の中で学びました。

確かに、僕はまだ、【完璧】な自身や人生ではありません。

しかし、【幸福の真実の姿】は、はっきりと辛い寮生活の人生の中で見つけました。

世間の人々の中には、お金や物質的な豊かさを基準にして【幸福の尺度】を図る人が
いますが、本当の幸福の尺度というのは、お金や物では測れません。

本当の幸福と言うのは、【いかに心の中が充実しているか?】、ですべては決まるの
です。

これは、【満たされている】、と言う意味とは少し違いますが、いかに充実した心の
境涯の中で、自身を鍛え、未来に限りなく向上していけるかが、【幸せを見つけた人】
と言えるでしょう。

人は、自分より【大きなモノ】に遭遇すると、臆したり怯えたりします。

しかし、本当の幸福たる【自由】を獲得し確立するには、人生の困難にも臆さず、そ
して怯えず、微動だもすることなく、その課題に真正面から立ち向かえる自分になっ
てこそ、初めて【自由を獲得できる資格を得た人】だと言えるでしょう。

僕は、今まで半世紀を生きて来てきましたが、52歳でやっと【本当の真実の幸福の姿】
を知る事が出来ました。

それまでは、【淡い幸福の幻】を見て来た訳ですが、僕にとって今回の男子寮生活と
言うのは、幸福という実態の姿を知るための修行の場所だったと言えるでしょう。

本当の幸せの実像を知ったからには、本当の僕の人生は、これからが本命の軌道だと
自覚しています。

もう52歳になり、これからあと何年生きられるか想像もつきませんが、死ぬ最後の一
瞬まで、本当の真実の幸福論を、僕は縁する人々に語りに語って残りの人生を充実に
価値あるものとして生きていくつもりです。

今年は、本当に【激動の年】でありました。

来年からは、いよいよ目指すは【躍進】です。

未来のそして、将来の【栄光】に向かって、悠々と前進していきたいと思います。

そして、救済Xの最初の【お店】の1号店を必ず東京都に立ち上げたいと思います。

いよいよこれからが、僕が民衆にお役に立てる時が来るのだと確信しています。

来年は、今年よりも【より一層】充実した年にして行きたいものですね。

皆さん、あと二日間で今年も終わりますが、どうか絶対無事故で良い年をお迎えください。

次は、来年の2月にまたこのメルマガでお会いしましょう!

今回も僕のメルマガを最後まで読んでくれてありがとうございました。

このメルマガを読むすべての人々の幸せを祈りつつ・・・。

占い師・救済X主宰 菊月孔命

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
● 管理人・菊月孔命に関する情報 ●
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

● インターネット無料サービス連盟・救済Xエックス
http://tetuzinx20152.tokyo/

● 菊月OFFICE・【さよなら夏の日】(菊月孔命オフィシャルサイト)
http://tetuzinx20152.info/

● 世界無料鑑定X-エックス-
http://tetuzinx20152.net/

●ケータイ版無料鑑定サイト【さよなら夏の日・天使の翼】
http://k1.fc2.com/cgi-bin/hp.cgi/tetuzinx20152/

※ お気軽にご相談ください。ご利用お待ちしております。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

● 菊月孔命のフェイスブックのページ
https://www.facebook.com/tetuzinx20152

● フェイスブック、インターネット無料サービス連盟【救済x-エックス-】
https://www.facebook.com/qsaix/

● 菊月孔命の Twitterアカウント
★ @tetuzinx20152

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
◎ 次号の配信予定日のお知らせ ◎
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

次号の第14号配信は、2018年の2月に配信します。(配信日は未定)

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

           ● メールマガジン配信サイト ●
            ◎ サイト名 まぐまぐ ◎
              http://www.mag2.com/

            ● 購読の登録・解除 ●
       ◎ 菊月孔命のオフィシャルサイトでできます  ◎
             http://tetuzinx20152.info/

    ● メールマガジン『 さよなら夏の日 』のマガジンID ●
               ID = 0001669363

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ