折出けんいちのメールマガジン

  • ¥0

    無料

ラジオDJ・スポーツ実況・ナレーションなど、声を中心に活動している折出けんいちの活動報告書。出演情報や日記などを、ラジオ番組の気持ちでお届けします。また「そんな仕事にどうやったらなれるの?」といった質問も受けつけてます。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
折出けんいちのメールマガジン
発行周期
週刊
最終発行日
2017年08月14日
 
発行部数
10部
メルマガID
0001669903
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
エンターテイメント > 芸能界 > 芸能人・タレント

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

第92号 2017年(平成29年)8月14日(月)発行
━━━━━━━━━━━━━
折出けんいちのメールマガジン
━━━━━━━━━━━━━

個人が企業に属さずに生活できる時代が来ているな、と感じます。

まあ、個人事業主というものは昔からあるので、鼻息荒く言うことではないのかもしれませんが。それでも、会社っぽい感じがしますよね、個人事業主って。

ボクが思うのは、個人がそういう会社のような形態ではなく、ダイレクトにお金を稼ぐ環境が整ってきているということです。

少し前にこのメールマガジンに書いたこともある「VALU」もそうですし、「Polca」という、フレンドファンディングと呼んでいるシステムでお金を集めるアプリも登場しました。

「Polca」は、自分がやりたいことに対して友人から少額のお金を集められるサービスです。スポンサーになるのが企業ではなく、個人だというイメージです。

お金を集めるには、その人がどれだけ信用されているかということも大事です。日頃からの活動がポイントになってきます。結局、ちゃんとしている人はお金を集めることができるわけです。

ビジネスは信用。これは法人でも個人でも同じことですね。

━━━━━━━━━━━━━
目次
━━━━━━━━━━━━━

オリデさんの活動報告
ウェブサイト7days
2199週目のオリデさん
オリデさんに聞きたいこと

━━━━━━━━━━━━━
オリデさんの活動報告
━━━━━━━━━━━━━

■毎週金曜日はラジオを3時間30分■

毎週金曜日、愛知県東海市と愛知県知多市をエリアとしているコミュニティFM「メディアスエフエム」で正午から午後3時30分まで「ラジオdeマカロン ごきげんFriday」という番組を担当しています。市民パーソナリティーが週替わりでボクのお相手をしてくれます。

エリアでしたらもちろんFMラジオでお聞きいただけますが、スマホやタブレットで聞ける専用アプリもあります。

メディアスエフエムを聞くアプリのダウンロードは、こちらからどうぞ。
【iOS】http://bit.ly/1pYx2iI
【Android】http://bit.ly/1l1KomB

■隔週月曜日は朗読イベント■

隔週の月曜日、夜9時から、名古屋市中区の文化系飲食店「ボクモ」で、朗読イベント「BGM - Music + Reading Aloud」をやってます。店内に流れるBGM代わりの朗読、テーブルでのおしゃべりの中、ふとした瞬間にボクが読む物語がカットインしてくる不思議なイベントです。

2017年8月は、7日・21日です。

イベントに入場料はいりません(気に入ったらお金をいただく、投げ銭システムです)。おいしいお料理やワインなどをお楽しみください。なお、お店の混み具合によっては入れない場合もあります。

ボクモのサイトはこちらから
http://www.bokumo.jp/

今までの朗読イベント、アーカイブがYouTubeにありますので、そちらもご覧ください。
https://www.youtube.com/user/kenichioride

━━━━━━━━━━━━━
ウェブサイト7days
━━━━━━━━━━━━━

「折出けんいちのウェブサイト」にアップした記事をまとめて。

■生放送中に絶句 〜8月4日のラジオから
http://oride.net/the-radio-program-of-august-4th-2017/

■スプラトゥーン2のフェスをやり、次の目標ができた
http://oride.net/after-playing-the-splatoon2-fes/

■映画「銀魂」を観た。この世界観をつくるのは、小栗旬さんしかできない
http://oride.net/gintama-film/

━━━━━━━━━━━━━
2199週目のオリデさん
━━━━━━━━━━━━━

生まれてから2199週目の、短い記録。

8月3日(木) 
午後から休みになった友人とみそかつ定食を食べる。名古屋の濃いみその味ではなく、かつの味を引き立たせる柔らかい風味。もともとのみそかつはどんな味だったのかを考えた。赤みそとはどうしても考えられない。そのあと、サイゼリヤでワインを飲む。昼から飲むことに対しての抵抗感はまったくない。

8月4日(金)
メディアスエフエムで生放送。スプラトゥーン2のフェスが始まり、夕方から深夜までプレイを続ける。バトルに勝った時よりも負けた時の方が記憶に強烈に残る。負けが続くとストレスがたまり、自分以外の仲間が弱いからだと思ってしまう。こんな話、イソップ童話にあった。すっぱいぶどう、だったか。

8月5日(土)
スプラトゥーン2のフェスは午後3時まで。昼からタイムアップまでやり続ける。やってもやっても負けるが、それでも次の対戦がしたくなる。一戦ごとにメンバーが替わるので、次の対戦では強い仲間と一緒になるのでは、と思ってしまうからだ。自分の腕のなさは棚に上げている。夜は東海ラジオ詰め。

8月7日(日)
夜は東海ラジオ詰め。J2リーグ、名古屋グランパス対愛媛FCは7対4というスコア。グランパス、4対0から同点に追いつかれるなんて。そのあと3点取って勝ったからよかったが。サッカーは点差が大きいリードでも安心できないとは言われるが、それがまさにこの試合だった。スリリングなスポーツだ。

8月7日(月)
台風が名古屋に接近するのは前の日の予報から分かっていたので、食料を買い込み外に出ないようにする。夕方過ぎに風雨が強まってきた。朗読イベントの日だったが、お店が臨時休業で中止。籠城作戦が見事にはまった。台風接近中、時々外の様子をのぞく。テレビの台風中継でよく見る光景がそこに。

8月8日(火)
映画「銀魂」を観る。マンガの世界観を生かしつつ、実写映画として役者がやるということも生かしていた。つまり、役者自身のパロディー。あまりうるさくない程度に入っていたのも、バランスがよく考えられている。久屋大通公園のイベントで、在日ファンクのライブを観たあと、今池に移動して飲み。

8月9日(水)
これまで会話術に関する本をいろいろ読んできたが、改めてそれらを読み直す。自分にとって必要なところを抜き書きしているが、書かれている本は違うのに同じようなことを言っていることがある。コミュニケーションの本質は変わらないということが分かる。それをどのように伝えるのかが会話術なのだ。

━━━━━━━━━━━━━
オリデさんに聞きたいこと
━━━━━━━━━━━━━

Q&Aコーナーもあります。ボクへの質問があれば、どんどん送ってください。

質問がありますか? と言われてもこれといって思いつかないのは授業でも同じ。質問がすぐに集まるとは思っていませんが、それでも募集していきますよ。

ボクのフィールドの、声に関することでも大丈夫です。どうやったらラジオでしゃべることができますか、とか、どうやったら声優になれますか、とか。

質問は、このメルマガへの返信で受け付けます。掲載するときのお名前も、お忘れなく。

━━━━━━━━━━━━━
折出けんいちのメールマガジン 発行責任者 折出けんいち
━━━━━━━━━━━━━
このメールマガジンは「まぐまぐ!」のシステムを利用しております。
「まぐまぐ!」 http://www.mag2.com/

(c) 2015 Kenichi Oride
━━━━━━━━━━━━━
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ