「運命を変える姿勢」の法則

  • ¥0

    無料

「メンタル」に、より大きな影響を与えるのは「姿勢」と「思考」では、どちらだと思いますか?アメリカで行われた実験では「姿勢」でした。「メンタル」を変えるには、「思考」を変えるより「姿勢」を変えたほうが、より簡単でインパクトが強いのです。「姿勢」はメンタルだけでなく呼吸にも大きな影響を与えます。姿勢を変えるだけで口呼吸から鼻呼吸に変わった人もいます。更にその影響は「姿勢」を変えた自分だけでなく、第三者にも与えます。自分自身で変えられる「姿勢」で「運命」をよりよく変えることができる「運命を変える姿勢」の法則。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
「運命を変える姿勢」の法則
発行周期
ほぼ 週刊
最終発行日
2017年09月17日
 
発行部数
163部
メルマガID
0001671434
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
生活情報 > 健康・医療 > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

━━━━━━━━━━━━━━━
「運命を変える姿勢」の法則    
    
vol.69
2017.9.15

【新発見!『足元を見るワーク』の力

━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちは! 
お元気ですか?


姿勢の学校 代表の萩原信治です。


少しメルマガの間隔が開いてしまいま
した。
アウトプットは少なかったですが、そ
の間、ちゃくちゃくと研究は深まり、
姿勢についての新発見などがあります。

この新発見は、いつもメルマガの感想
をくださっている読者さんで、顔の歪
み、特に眉や目の高さが違うとご相談
いただいている方には朗報です。

また、「くいしばり」や「頭痛」でお
悩みのかたも同様です。


そうそう、期間が空いてしまった理由
などはあとがきで。。。


ここで、いつもは「恒例の3原則から
スタート」ですが、スタイルを崩して
みるのもおもしろいかなと思い、今回
はこのまま書き続けてみます。



このメルマガの読者の方や、ブログを
読んで出さっている方、また講座を受
講してくださっている方は、ご存じで
すが、
『足元を見るワーク』
というものを「本当にいい姿勢」とは
別にお伝えしています。


重心軸が真ん中にくるためのワークで
す。

身体の重心だけでなく、心の重心も真
ん中にきます。

心の重心といっても分からないと思い
ますので、説明を。


何かを考えたり、感じたりする場合に、
その基準が「自分」にあるか、「他
人」にあるのか。

また、いつも考えている「思考」が
「過去」にあるのか、
「現在」にあるのか、
「未来」にあるのか、

です。

要約すると、
意識が「今現在の自分自身」にあるの
か、ということです。

「姿勢」を変えることによって、その
「心の重心」=心の状態や考え方や物
事の感じ取り方も変えてしまえるので
す。


上記については、過去のメルマガやブ
ログに書いてあるので、ご参考になさ
ってください。


今回は、
「姿勢を変えるこ」とで、
「身体の歪み」を変えることが
1~2分でできる、
というお話です。


「眉唾」の話ですね(笑)


「身体の歪み」を変えることができる
のは実際に簡単に体感していただけま
す。


特によく分かるのが、
左右の「頬骨」の高さ です。
2か所分かりやすいところがあります。


両手が使えるよう正面に固定してある
鏡などがいいです。

1、顎の真上で耳の真横のある頬骨の
位置。
(耳の真横の頬骨)

2、その頬骨に指を置いて前方に滑ら
せていった頬骨の先端です。
窪み(くぼみ)のあるところです。
(頬骨の先端)

この2か所の左右を比較してみてくだ
さい。


どうでしょうか?

2か所の左右の高さは同じですか?



これを確認したら、
「足元を見るワーク」をしてみましょ
う。

「足元を見るワーク」は、
ブログ「運命を変える姿勢」の法則の

人に軽んじられ、トラブルを呼び込み
やすく、自己肯定感が低くなる「姿
勢」とは(後編)

で、下記をクリックしてください。

http://amba.to/2xCP2Kc


「足元を見るワーク」を2分ほどして
みてください。

ポイントを2つほど。簡潔に。

1、後ろに引っ張られるように倒れる
感覚がしたら、OKです。
その感覚がないと、正しくできていま
せん。

2、その後ろに引っ張られて倒れる感
覚を感じたら、リセットをします。
リセットとは、その場で、行進するよ
うに手を振って足踏みをしてください。
3~5回ほど。

そして、またワークをしてください。

3回くらいこのセットをしていると、
後ろに引っ張らる感覚がなくなってき
ます。


足元を見るワーク」が終わったら、
もう一度、鏡で2箇所の頬骨の左右の
高さを見てみてください。

必ず左右同じ高さになります。
なっていない方は、ワークのやり方が
よくないか、頬骨の高さの比較がうま
くできていなか、です。

これは100%、同じ高さになります。


近いうちにブログで詳しい仕方や説明
を書きますね。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

編集後記

「ワークライフバランス」って、聞い
たことありますか?

仕事と生活を人生の中でどのようにバ
ランスを取っていくかです。

仕事はとても大切です。
しかし、人生において他にも大切なも
のもあります。

そのバランスを自分にとって一番心地
よく、楽にいられて、人生を楽しめる
のって、どんなふうなんだろうって思
います。


お伝えしている「姿勢」は、
どこにも「緊張」がなく、その姿勢を
することで「楽」でいられること、そ
して、自分自身でいられること、です。


それを「人生」に当てはめてみたとき、
「緊張」がなく、自然体でいられて、
何より「楽しさ」を感じられること、
だと思ったとき、どのように仕事と生
活のバランスを取るか、と。


今年に入って更に、
「施術」と「姿勢」をどんどん研究して
いくなかで、
身体の具合(状態)は、メンタル(心)
の状態がかなり現れていると感じました。

更に心の状態は、「姿勢」に現れ、
「姿勢」を変化させると、
心が変化し、身体も変化します。

最初は、「食いしばり」を解消する為に
研究を始めた「姿勢」ですが、
「姿勢」の奥深さにどんどんハマってい
ます。

そんな「施術」と「姿勢」を研究してい
くなかで、
自分自身のライフワークバランスをも
考え直すようになってきています。

「愉=楽しい」をどれほど感じることができるか、
自分に「愉」を感じるようにするには、
今の仕事や生活をどのようにしていこうか、
を実践中です。

今年の初夏から始めたことは、
「制限」をしないことです。

誤解されやすく、説明が難しいのですが、
「制限しない」を言い換えてみると、
「しなければならない」や
「してはいけない」
をしないようにしています。

「したい」や「してみよう」に変えられるように
しています。

メルマガやブログは自分にとってどういう
「位置付け」なのか、
「仕事」は自分の日々の生活や人生では、
どんな位置付けなのか、

「愉」を基準にしてするようにし始めています。

「姿勢」を研究することは自分にとって、とても
「愉」を感じます。

その研究成果をみなさんにもっと手軽にお伝え
できる方法を模索中です。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


過去のメルマガは、こちらから

https://goo.gl/FH4ewJ


==============
萩原信治の同名ブログ

~姿勢はこころの代弁者~
「運命を変える姿勢」の法則  

http://ameblo.jp/kaiun-shisei/

===============


━━━━━━━━━━━━━━━

精密整体 萩 施術所
アンチエイジングhagi  院長

姿勢の学校       代表 
     

 萩原信治


〒509-0214 
岐阜県可児市広見5-6-1アークヒルズ

児1F

E-mail: info@hagi39.com  

━━━━━━━━━━━━━━━

メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ