キシュランガイド 覆面調査

  • ¥0

    無料

キシュランガイド~騎手から予想する競馬ブログのメールマガジンは、競馬予想に役立つ内容ではあるが、ブログでは書けない・書ききれない内容を主に配信致します。 レースの予想に関する見解の補足や、買い目の発表も併せて行います。 「騎手で買う」を実践するとしたらどうなるのかを、これからも研究して参ります。 その他のレースでも覆面調査隊は買い時や消し時を容赦なくジャッジ。 競馬サークルのちょっとした裏話も交えてお伝えします。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
キシュランガイド 覆面調査
発行周期
ほぼ 週末刊
最終発行日
2017年11月19日
 
発行部数
209部
メルマガID
0001671779
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
スポーツ・アウトドア > その他スポーツ > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

おはようございます。
キシュランガイド覆面調査です。
本日も競馬で良い思いが出来るように、頑張りましょう!

11月19日(日)、今日のラインナップは・・・

【1】福島民友カップ
 ◇福島11Rの狙い目・買い目

【2】霜月ステークス
 ◇東京11Rの狙い目・買い目

【3】マイルチャンピオンシップ
 ◇京都11Rの狙い目・買い目

・・・となっております。



☆キシュランガイドのつぶやき☆
今年も残すところあと1ヵ月半を切りました。
展開予想が一番難しいレースが来ましたので、イチかバチかで決め打ちしてみたいと思います。
この考え方が上手く行くようなら、2週間後のチャンピオンズカップがとても楽しみになってきそうです。

いやー、それにしても朝が寒くなってきました。
朝だけでもエアコン入れたりしたくなりますね。皆様、風邪などお召しにならないように・・・。



【1】福島民友カップ
ローカル開催のダート1700も今年はこれが最後。
どうしてもこの距離じゃないと困る馬がいれば、チャンスも見えてくるものなんですがそう言う存在も居らず。
だからこそ「地力」がモノを言うレースになってくるでしょうか。

◆騎手別集計
騎手:(複数)
集計期間:2014. 4.12 ~ 2017.11.12
ソート:着別度数順
------------------------------------------------------------
騎手 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
------------------------------------------------------------
吉田隼人 11- 7- 5-54/77 14.3% 23.4% 29.9% 155 70
勝浦正樹 7- 7- 5-41/60 11.7% 23.3% 31.7% 78 61
丸山元気 7- 7- 2-64/80 8.8% 17.5% 20.0% 59 65
丹内祐次 7- 5- 4-49/65 10.8% 18.5% 24.6% 94 100
中井裕二 5- 3- 2-38/48 10.4% 16.7% 20.8% 169 82
------------------------------------------------------------

もともとローカル開催で特別戦が少なめの福島ダート。
特別戦だけの成績を観るとかなりスッカスカな状況で、これでOPとなると更にデータが少ないので、まずは全体の成績をお話しすることに。

北村友一騎手がいないとなると、実績では吉田隼人騎手がリード。
連対率で言えば勝浦正樹騎手の成績は非常に健闘しており、平場のレースでは今後も注意が必要なレベルでしょう。回収率が伴っていないので、あくまでも人気上位をソツなく乗って、ソツなく馬券に絡ませる程度ではありますけれどもね。

◆騎手別集計
騎手:(複数)
集計期間:2014. 4.12 ~ 2017.11.12
限定条件:[簡易絞り込み:特別 のみ]
ソート:着別度数順
------------------------------------------------------------
騎手 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
------------------------------------------------------------
丹内祐次 2- 0- 1- 8/11 18.2% 18.2% 27.3% 223 81
丸山元気 1- 3- 0-14/18 5.6% 22.2% 22.2% 21 38
吉田隼人 1- 1- 1- 9/12 8.3% 16.7% 25.0% 77 47
田中勝春 1- 1- 0-15/17 5.9% 11.8% 11.8% 98 24
黛弘人 1- 1- 0- 8/10 10.0% 20.0% 20.0% 45 91
秋山真一 1- 0- 0- 2/ 3 33.3% 33.3% 33.3% 126 50
川島信二 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0% 430 180
------------------------------------------------------------

年間で2レースほどしか1000万より上のクラスでレースが行われないので、正直騎手データが参考になりません。
勝率だけで言うと丹内祐次騎手が一歩リードしていますが、どの騎手も決定打らしい決定打は無く、強いて言えば苦手にしている騎手がいる点だけは今回も法則性としてありそうだってところぐらいでしょうか。

◆騎手別集計
騎手:(複数)
集計期間:2014. 4.12 ~ 2017.11.12
限定条件:[簡易絞り込み:特別 のみ]
ソート:着別度数順
------------------------------------------------------------
騎手 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
------------------------------------------------------------
勝浦正樹 0- 0- 0- 4/ 4 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
中井裕二 0- 0- 0- 4/ 4 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
黛弘人 0- 0- 0- 4/ 4 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
------------------------------------------------------------

この3名にはかなり苦しい条件でしょうか。
リッカルドに乗る黛弘人騎手は、騎乗馬の地力で挽回の余地は若干でも残していますが、他の2名は1000万クラス以上では馬券になりにくい要素は十分でしょう。

◆騎手別集計
騎手:(複数)
集計期間:2014. 4.12 ~ 2017.11.12
限定条件:[簡易絞り込み:特別 のみ]
ソート:複勝率順
------------------------------------------------------------
騎手 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
------------------------------------------------------------
丸田恭介 0- 0- 2- 9/11 0.0% 0.0% 18.2% 0 33
木幡巧也 0- 1- 0- 5/ 6 0.0% 16.7% 16.7% 0 41
鮫島克駿 0- 0- 1- 5/ 6 0.0% 0.0% 16.7% 0 101
吉田隼人 1- 0- 0- 8/ 9 11.1% 11.1% 11.1% 103 33
田中勝春 1- 0- 0-11/12 8.3% 8.3% 8.3% 139 23
------------------------------------------------------------

それから多くの機会をフイにしてきている面々。
騎乗馬の取捨選択だけで言うと20代には用が無いでしょうし、年功序列で多少懐に入れたい方に優しいレースになっても不思議ではないかと考えます。
鮫島克駿騎手なら12月の中京でひと稼ぎ、吉田隼人騎手も中山開催の平場で・・・も不可能ではないですが、他の騎手はここで年末年始の資金を一部稼いでおかないで、一体どうするよ?と言う点も有ります。
平場で稼げない分、田中勝春騎手にとっては福島1700mで圧勝しているアルタイルに騎乗する絶好の機会。データだけなら正直狙いたくないレベルの信頼度ですが、ここはどうにか馬券圏内を確保しないと困るはず。

喫緊の勝てない状況を昨日のメインレースで解消した鮫島良太騎手は、過去3年間騎乗した経験の無い福島ダート1700mの参戦がカギを握ってきそう。
芝で頭打ちのダンツプリウスが先行力を活かしてどこまで粘れるかですが、鮫島良太騎手は先週までは今年9勝すべてがダート。
昨年の9勝は芝2勝・ダート7勝だった事を考えれば、今年はだいぶマシな成績でしょう。
小回りよりは京都、阪神でこその騎手なのですが、ダートで勝っているのが逃げ2勝・先行で4勝。騎手起用としてはモア・ザン・ベターな状況なので騎乗馬の適性次第ではありますが、大駆けしても驚けません。

 ◇福島11Rの狙い目・買い目
(予想)
◎13アルタイル
○11リッカルド
▲4ブラゾンドゥリス
△6ダンツプリウス
△1リーゼントロック
△10スズカリバー

馬連または馬単1頭軸ながし(5点)
13ながし→11・4・6・1・10

3連複1頭軸ながし(10点)
13ながし→11・4・6・1・10

3連単1・2着2頭軸流し(推奨4点)
13→11ながし→4・6・1・10


【2】霜月ステークス
上位人気がしっかり強く、ハンデを求めるよりも別定戦で福島民友カップをガッチリ勝ちに行ったほうがよかったんじゃないかと言う陣営もチラホラ。
コース実績では戸崎圭太騎手が大きくリードしています。

◆騎手別集計
騎手:(複数)
集計期間:2014. 2. 1 ~ 2017.11.12
ソート:着別度数順
-----------------------------------------------------------------
騎手 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
-----------------------------------------------------------------
戸崎圭太 36- 18- 27-149/230 15.7% 23.5% 35.2% 72 61
北村宏司 21- 13- 19-150/203 10.3% 16.7% 26.1% 55 73
蛯名正義 18- 16- 6-134/174 10.3% 19.5% 23.0% 115 77
三浦皇成 15- 16- 14-103/148 10.1% 20.9% 30.4% 55 65
大野拓弥 13- 17- 6-183/219 5.9% 13.7% 16.4% 36 62
-----------------------------------------------------------------

平場の成績を含めるとすると騎乗数の少ない騎手の複勝率もまずまず優秀なので、モタモタしている美浦のベテランよりもたまに来た栗東の若手・中堅やベテランにも、チャンスは出てきそうです。
例を分かりやすくするためには複勝率順で並べてみると、説明しやすくなりそう。

◆騎手別集計
騎手:(複数)
集計期間:2014. 2. 1 ~ 2017.11.12
ソート:複勝率順
-----------------------------------------------------------------
騎手 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
-----------------------------------------------------------------
中谷雄太 1- 1- 1- 4/ 7 14.3% 28.6% 42.9% 854 208
戸崎圭太 36- 18- 27-149/230 15.7% 23.5% 35.2% 72 61
川須栄彦 0- 0- 2- 4/ 6 0.0% 0.0% 33.3% 0 118
三浦皇成 15- 16- 14-103/148 10.1% 20.9% 30.4% 55 65
浜中俊 2- 1- 2- 13/ 18 11.1% 16.7% 27.8% 173 82
-----------------------------------------------------------------

さすがに中谷雄太騎手・川須栄彦騎手は変動幅が大きいですが、最近重賞も勝つようになって復調してきている三浦皇成騎手を基準に考えると、浜中俊騎手はここら辺で挽回する機会が欲しいところ。
ダートより芝の騎手ではありますし、昨年の今頃はものすごいバッシング(あれは浜中俊騎手が悪いんじゃなくて、R.ムーア騎手のやりたい放題に色々な騎手が絡まれてしまったと考えます)を受けていたものですが、今年は乗り馬が居ないとは言え東京にドサ回りしに来たんです。
せめて悪い流れで信用を失っているシーズンが続いている以上、良いところを魅せなきゃいけないことぐらいは、骨まで沁みてわかっていなきゃただのアホです。

奇しくも準OPで後塵を拝してきたサトノファンタシーとの対戦。若干分があるのが、東京コースなら走りが変わるダノンフェイス。
ここは浜中俊騎手にとっても起用に応えて男になるかどうかの瀬戸際。
ダノックスの野田オーナーの奥様は、浜中俊騎手ご贔屓の野田みずきオーナー。ミッキークイーン・ミッキーアイルなどの、あの野田オーナーがくれたチャンスですから、最低限格好は付けに行くでしょう。

ダート1400mの良馬場でスピード勝負となれば、ギリギリ考えたいのは北村宏司騎手。
正直ダートよりは芝の騎手なので、相手まで・・・の評価にはなりますが、複勝率は惜しくも6位。
しかし、さすがに横山典弘騎手が騎乗するキクノストームは内枠+馬場の含水率がそこまで高くないので苦しい。
そんでもって中谷雄太騎手の騎乗するドリームドルチェも、200mの距離延長が功を奏した事が無いのがネック。

◆騎手別集計
騎手:(複数)
集計期間:2014. 1. 5 ~ 2017.11.12
ソート:複勝率順
-----------------------------------------------------------------
騎手 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
-----------------------------------------------------------------
三浦皇成 11- 14- 10- 69/104 10.6% 24.0% 33.7% 44 81
戸崎圭太 25- 16- 15-123/179 14.0% 22.9% 31.3% 66 56
浜中俊 22- 20- 15-128/185 11.9% 22.7% 30.8% 58 63
横山典弘 9- 9- 11- 72/101 8.9% 17.8% 28.7% 41 77
中谷雄太 5- 7- 8- 56/ 76 6.6% 15.8% 26.3% 26 58
-----------------------------------------------------------------
北村宏司 16- 6- 11-101/134 11.9% 16.4% 24.6% 84 74
-----------------------------------------------------------------

トコロテン式に押し出される格好ですが、騎乗馬は1400mで安定して走るイーデンホール。
何かきっかけ1つあれば掲示板に乗るどころか、2・3着までは来ても不思議ではありません。
走破タイム較べに持ち込まれるようなら、今回は警戒しておきたい存在でしょう。

 ◇東京11Rの狙い目・買い目
(予想)
◎4ダノンフェイス
○16サウススターマン
▲2ゴーインググレート
△7サトノファンタシー
△12イーデンホール
△13シュテルングランツ

(買い目)
馬連または馬単1頭軸ながし(5点)
4ながし→16・2・7・12・13

3連複1頭軸ながし(10点)
4ながし→16・2・7・12・13

3連単1・2着2頭軸流し(推奨4点)
4→16ながし→2・7・12・13


【3】マイルチャンピオンシップ
色々と考えては練り直しを繰り返す難解なレースな様にも思えるんですが、一応データを忠実に掲載する事にします。

◆騎手別集計
騎手:(複数)
集計期間:2014. 1. 5 ~ 2017.11.12
限定条件:[簡易絞り込み:特別 のみ]
ソート:着別度数順
------------------------------------------------------------
騎手 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
------------------------------------------------------------
川田将雅 7- 1- 3-22/33 21.2% 24.2% 33.3% 72 50
武豊 4- 8- 4-21/37 10.8% 32.4% 43.2% 31 73
岩田康誠 4- 2- 3-26/35 11.4% 17.1% 25.7% 104 51
福永祐一 3- 8- 3-17/31 9.7% 35.5% 45.2% 41 81
C.ルメー 3- 4- 3-14/24 12.5% 29.2% 41.7% 63 84
------------------------------------------------------------

特別戦のデータだけなら川田将雅騎手の健闘は光ります。
そして複勝回収率が示すように、あまりバカみたいには荒れにくいコースでもあります。
かつては波乱の結果が連発する事もありましたが、マイルCSって比較的堅調なGIでもあるので、さすがに単勝万馬券で夢を見るとか、そう言うことに精力を傾けなくても良いかと考えます。

つまりそこそこの人気馬をマークして収支をトントンにする程度で、楽しんだほうが良いでしょうし、ドカンと一撃大勝負はパワータイプがガンガン突っ込んでくる京都の芝レースで十分出来るでしょう。

◆種牡馬別集計
集計期間:2017.11.11 ~ 2017.11.12
限定条件:[簡易絞り込み:平場 のみ]
ソート:着別度数順
----------------------------------------------------------------------
種牡馬 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
----------------------------------------------------------------------
クロフネ 2- 0- 0- 2/ 4 50.0% 50.0% 50.0% 425 127
ロードカナロア 1- 0- 0- 3/ 4 25.0% 25.0% 25.0% 92 35
マンハッタンカフェ 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0% 1290 330
キングズベスト 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0% 2720 230
キングカメハメハ 0- 2- 0- 2/ 4 0.0% 50.0% 50.0% 0 57
ローエングリン 0- 1- 1- 1/ 3 0.0% 33.3% 66.7% 0 136
モンテロッソ 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0% 0 680
ディープブリランテ 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0% 0 170
ダイワメジャー 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0% 0 560
----------------------------------------------------------------------

こう言う種牡馬を狙ってみたり、横文字のマル外を狙ってみたりと。
ディープインパクト産駒よりもステイゴールド産駒を狙ったり、結構単純な作戦でも行けるように思うんですよ。

と言うのも、今回注目したい騎手データとしては外国人騎手の短期免許組。
これがなかなか良い成績を残しているので、取れるものはしっかりとっておけば良いのでは?と考えたくなるような成績なのです。

◆騎手別集計
騎手:(複数)
集計期間:2014. 1. 5 ~ 2017.11.12
限定条件:[簡易絞り込み:特別 のみ]
ソート:複勝率順
------------------------------------------------------------
騎手 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
------------------------------------------------------------
R.ムーア 2- 1- 1- 1/ 5 40.0% 60.0% 80.0% 180 182
A.シュタ 1- 0- 1- 5/ 7 14.3% 14.3% 28.6% 91 91
C.デムー 0- 0- 2- 5/ 7 0.0% 0.0% 28.6% 0 54
A.アッゼ 1- 0- 0- 5/ 6 16.7% 16.7% 16.7% 121 31
------------------------------------------------------------
M.デムー 1- 5- 1- 7/14 7.1% 42.9% 50.0% 25 77
C.ルメー 3- 4- 3-14/24 12.5% 29.2% 41.7% 63 84
------------------------------------------------------------

京都のマイル戦では馬券にならないほうが珍しい、R.ムーア騎手。
そりゃ、武豊騎手が復帰直後ならコチラに頼むでしょうよ。
A.シュタルケ騎手と、C.デムーロ騎手はマイルではもうひと息な感じがしますが、全くチャンスが無い訳でもないでしょう。
どちらかと言えばC.デムーロ騎手の方が伸びしろ含めて実績面で大きいでしょう。
アッゼニ騎手は完全にGIに慣れさせると言う感じ。

2名の外国人短期組は相手に入れるとして、問題は昨年同様に前を引っ張るペースがどうなるかがによって、展開が大きく変わることです。
悩みに悩みましたが、今回は前半からハイペース気味のミドルペースで決着し、スローの上がり勝負で慣れた面々が昨年同様に泣きを見ると言う展開を考えました。

おそらくマルターズアポジーの逃げになるかと思いますが、前半4ハロン47秒0程度またはそれより遅くで行けると、後続の差し馬にもチャンスが生まれてしまいます。
これではせっかくGIに出られた意味も疑われてしまいますし、持ち味を発揮しきっても最後に大混戦の中先行勢が残るより、スローの差しを得意とする集団に飲み込まれてしまいます。
こうなると紛れて少し配当が上がる可能性もありますが、スローの瞬発力勝負なんて日には基本は人気上位同士で決着となります。

こうなると46秒を僅かに切るか、46秒台前半で飛ばして後続に脚を使わせて自ら粘りこむ形が理想。
正面から立ち向かったら刃が出ないのはお互い様なら、マルターズアポジーはバテても良いので昨年のミッキーアイルの再現をしに行く方が、このレースでいい結果は残せるはずです。
前半46.2-後半46.6程度で走れば、タイムは1分32秒8。関屋記念を46.6-45.6で上手くまとめられたマルターズアポジーにとっては決して不可能な数字ではありませんし、これが出来るのは武士沢友治騎手の経験値なら不可能ではないはず。

仮に上手く行かなかったとしても、先行・内目が有利の今の京都で前に行く以上、4角先頭で直線半ばまで見せ場ぐらい作るのは容易いこと。
京成杯AHの45.8-46.4で走破しても、相手には相当嫌がられる(ウインガニオンには少なくとも大ダメージだし、これがヘッチャラなのはレッドファルクスだけ)なので、昨年のミッキーアイル同様に逃げ切りを期待してみたいと思います。

もしも前半4ハロンを45秒を切るペースで入って先行勢崩壊だったとしたら、これまたその時はシャンシャンな結果にしかならないでしょう。そこまで暴走させる騎手なら重賞を勝つことも叶わなかったでしょうし、そもそもここに騎乗依頼されていないはずです。
んー、小林徹弥騎手か、イチかバチかで岩崎翼騎手が代打だったんじゃないでしょうか。小林徹弥騎手でも良いペースで逃げたら結果は同じだと思いますし、武士沢友治騎手にとっては前後10年間ずつで最も大きいチャンスでしょうから、モノにして欲しいですね。

 ◇京都11Rの狙い目・買い目
(予想)
◎8マルターズアポジー
○7レッドファルクス
▲12イスラボニータ
△11エアスピネル
△16ウインガニオン
△3ヤングマンパワー

(買い目)
馬連または馬単1頭軸ながし(5点)
8ながし→7・12・11・16・3

3連複1頭軸ながし(10点)
8ながし→7・12・11・16・3

3連単1・2着2頭軸流し(推奨4点)
8→7ながし→12・11・16・3



※馬券購入の際は、自己責任にてお願いします。※

競馬予想の記事は以上です。
本日も的中馬券が、みなさまの財布の中を潤してくれますように!
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ