辻直美のまぁるい抱っこメルマガ

  • ¥0

    無料

「辻直美のまぁるい抱っこメルマガ」は 育母道師範、 Slinglifgeアドバイザー協会代表であり、 話題沸騰の「まぁるい抱っこ」を伝承する 辻直美の公式メルマガです。 このメルマガでは、 ブログやフェイスブックでは お伝えし切れなかった想いや 育児に関するQ&A、 講座など辻直美の最新情報を 月に1回発信していきたいと思います。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
辻直美のまぁるい抱っこメルマガ
発行周期
ほぼ 月刊
最終発行日
2017年12月10日
 
発行部数
1,320部
メルマガID
0001671848
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
生活情報 > 出産・子育て > 育児
  • 各用語がわからない方へ

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

サンプル誌

「辻直美のまぁるい抱っこメルマガ」
にご登録いただき、ありがとうございます。

育母道師範、
Slinglifgeアドバイザー協会代表であり、
話題沸騰の「まぁるい抱っこ」を広く伝えている
辻直美の公式メルマガです。

このメルマガでは、
ブログやフェイスブックでは
お伝えし切れなかった想いや
育児に関するQ&A、
講座など辻直美の最新情報を
月に1回発信していきたいと思います。
このメルマガでは、
ブログやフェイスブックでは
お伝えし切れなかった想いや
育児に関するQ&A、
講座など辻直美の最新情報を
月に1回発信していきたいと思います。


 * * *

赤ちゃんは、「おむつが汚れてる」「眠い」「お腹がすいた」
という生理的欲求が満たされていない時意外にも
「怖い」「不安」「寂しい」「甘えたい」という時でも泣きます。
そんな時に抱いてあげるのは赤ちゃんにとってとても重要なことで、
抱く事で赤ちゃんの気持ちを満たす事ができます。

昔はよく「抱き癖がつく」などと言って、
あまり抱っこするのはよくないと言われてきました。
赤ちゃんは不快になると泣いて一生懸命周りの人に訴えます。
しかし、抱き癖がつくからといってママやパパに泣いて
メッセージを送っている赤ちゃんを無視するのはどうでしょうか。

泣いている赤ちゃんを抱っこしないでいる事を続けると
ある時から泣かなくなり、無表情になります。
これはママやパパにとっては手がかからなくなり、
良い子になったかのように思うかもしれませんが、それは違います!!
赤ちゃんが無表情になるというのはとても危険な状態で、
赤ちゃんが自分の心の中から喜怒哀楽が少なくなり
「サイレント・ベビー」と呼ばれる状況になってしまいます。

無視されて育った子供は、乱暴で攻撃的な性格が強くなる
ということがデータに出ているそうです。
今では抱き癖がつくから抱かないようにするという考え方は
間違っているとされています。
「抱き癖」などというものはありませんから、どんどん抱っこしましょう!

 * * *

子育ては自分が育つチャンスです。
今まで仕事などで、
頑張ったら思った結果がすぐに出てきた人が、
頑張ってもなかなか思うようにいかないし、手応えも感じない。
先の見えない状況でもやり続けることは、育児以外ではない経験です。

今まで知らなかったことに対して、
相手に教えて下さい、助けて下さい、学ばせて下さい
と思い、行動するチャンスをもらえるのです。

今まで見えていなかった、
親への感謝、無償の愛、人との繋がり
を感じることがでるようになるのです。
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ