パレスチナ最新情報-JSRメルマガ

  • ¥0

    無料

記事の内容は パレスチナの政治情勢を中心に、パレスチナ人の生活、闘い、イスラエル軍や入植者の攻撃などの弾圧・衝突事件、あるいは国連・中東・欧米・日本などでのパレスチナ関連記事などを取り上げています。日本とイスラエルの武器輸出の問題なども取り上げます。 当会やパレスチナ・中東関連団体の講演会など催しものの案内もあります。 記事はどこから パレスチナやイスラエル、あるいは中東諸国、欧米諸国、日本などのネットメディアを参照。 また医療・人権NGOや国連機関、その他様々のメディアから発信される情報を使用。

 

メールマガジンを登録(無料)

※ご登録いただいたアドレスは大切にお預かりし、まぐまぐ!メールマガジン配信にのみ利用します。

他のサイトIDでメルマガを登録する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ メルマガはサービスでご登録したメールアドレス宛に届きます。

このメルマガを解除する

メールマガジンを解除

他のサイトIDでメルマガを解除する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

 

メールマガジン最新号

パ┃レ┃ス┃チ┃ナ┃最┃新┃情┃報┃170622
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛JSRメルマガ

本日のメルマガ


(1)ニュース速報

(2)編集部から

(3)催し

(4)記念CDディスカウント


 ┏━━━━━━━━┓
■□ ニュース速報 □■
 ┗━━━━━━━━┛

パレスチナ自治政府(西岸)もイスラエルも、ともに「禁じ手」を使っています。
イスラエルからガザ地区への送電削減で、同地区で電気が使えるのは、24時間中
3時間以下となった模様です。想像してみてください。1日に3時間停電しても社
会生活は大きなダメージを受けます。ところが、電気を使えるのが、1日にわず
か3時間というのです。ガザ地区のパレスチナ人の夜はロウソク生活です。

おそらく一番ダメージが大きいのは病院や診療所です。停電や医療費払底のため、
子どもやがん患者などの治療ができなくなっていると伝えられます(19日)。

自治政府(ファタハ主導)による電力料金支払い停止は、ガザ地区を実効支配す
るハマースへのダメージを狙ったものだと言われます。しかし、政治的・党派的
な争いの手段として、ガザ住民のライフラインを切り、病人などの弱者を人質に
取るような戦術は、どんな理由があれ許されるものではありません。最悪の集団
的懲罰です。

イスラエルも、占領国として、被占領地ガザ地区住民の最低限の生活を保障する、
国際法上の責任があります。西岸の自治政府が電力料金を払わないからといって、
電気を止めることは許されません。このことは、イスラエルの人権団体のみなら
ずメディアの一部も指摘しているとおりです。

こんな時、アメリカのトランプ大統領の高級顧問で娘婿のジャレッド・クシュ
ナーが、イスラエルとラーマッラーを訪問します。ここで、ネタニヤーフ首相と
アッバース大統領、クシュナー顧問が「中東和平」について何を発言してもシラ
けるばかりですね。

電力危機打開のために、部隊裏では、仇敵同士のハマースとダハラーン元パレス
チナ治安警察長官が接近し、エジプトとの協議が実現したという情報もあります。
ヨーロッパ諸国や湾岸諸国もさまざまな動きを見せていると報じられています。

ともあれ、先ずは送電カットを止め、ガザ地区の人々の生活を少しでも改善する
ことではないでしょうか。

以下、18日からのニュースです。


【6月18日(日)】

■エジプトとハマース代表団、発電用燃料、シナイ半島の警備強化などで協議■

ガザ地区電力危機が深まる中、ハマースとエジプトの高官が、同地区への電力供
給とシナイ半島でのIS系武装グループ掃討作戦などについて協議を始めた。

ガザ地区唯一の火力発電所は、燃料油切れで稼働を停止している。

匿名のパレスチナ当局者は、エジプトとハマース代表団の間で、ガザ地区の火力
発電所への燃料油売却について合意ができたと語った。代表団に加わったハマー
スの治安責任者が、シナイ半島とガザ地区境界域の警備強化の新たな命令を下し
たという。(6/18 Reuters)

■治安部隊、ベツェレムの2人を拘束■

イスラエルの人権団体「ベツェレム」によると、同組織のメンバー2人が、ヘブ
ロンのイブラーヒーム・モスクの近くの軍検問所でイスラエル治安部隊に拘束さ
れた。このうち一人は間もなく解放された。ヘブロンでは、極右のイスラエル人
入植者や治安部隊によるパレスチナ住民などへの嫌がらせや暴力が頻発しており、
ベツェレムが監視活動を続けている。(6/19 Palestine Chronicle)


【6月19日(月)】

■イスラエル電力、ガザ地区への送電を8メガワット-45分相当削減■

ガザ電力会社によると、イスラエル電力会社は、同朝からガザ地区への送電量を
120メガワットから8メガワット削減した。この結果、ガザの住民が電力を使え
る時間は、1日4時間から3時間15分になる。

ガザ電力危機解決のための協議が、料金支払いの用意を表明しているヨーロッパ
や湾岸の数カ国の間で行われているという。

西岸政府は、ガザ地区医療への資金の移転も停止。このため、「人権のための医
師団」によると、約240人の子どもと、数百人のガンや嚢胞性線維症患者の治療
が止まっている。

ハマースのファウジ・バルフーム広報官は、今回の危機の原因が、パレスチナ自
治政府(西岸)とくにアッバース大統領とイスラエルにあると述べ、「こうした
やり方は、次の爆発を招くだけだ」と警告した。(6/20 Haaretz)


【6月20日(火)】

■ガザ地区への電力供給、さらに600万キロワット削減■

ガザ電力会社によると、イスラエル電力会社は、同朝からガザ地区への電力供給
をさらに600万Kwカット、この結果、ガザ市と北部ガザの通電時間は、わずか2時
間半となる。

この電力危機に関して、イスラエルの政治・軍事・経済界指導者が集まるヘルツ
リーヤ会議で、ガディ・エイセンコット中将(イスラエル軍参謀総長)は、「ガ
ザ地区に24時間送電され、清潔な水と雇用が保障されることが、イスラエルの利
益にもなるのだが、一方、われわれが電気料金を払っている間に、彼ら(ハマー
ス)がイスラエルに通じる地下トンネルを掘る資源も与えることになる」といっ
たジレンマがあると語った。

ガザ地区へは同電力が送電しているが、料金はパレスチナ自治政府(西岸)が支
払ってきた。西岸政府は4月に料金支払いの停止を通告、同電力は今月、同地区
への送電を大幅カットした。(6/20 Haaretz)

■イスラエル占領当局、C地区でパレスチナ人の果樹を破壊■

イスラエルの人権団体「ベツェレム」が同日発表したレポートによると、イスラ
エル占領当局は、4月と5月に、C地区のヨルダン渓谷にあるパレスチナ人私有
地で、オリーヴやナツメヤシの果樹数百本を破壊した。

同報告によると、5月16日、イスラエル民生局などの係官が軍を伴い、イブジク
(Ibziq)の果樹園へ来て、令状を示すことなくいきなり70本のオリーヴを抜き
取った。
また、4月5日にはイスラエル当局者が、ウム・アル・ウボルのサーレハ・ダラグ
マ所有のナツメヤシ370本を抜き取り、0.4ヘクタールの土地に栽培していた農作
物を破壊した。(6/20 B’Tselem)

詳しくはレポート全文:
http://www.btselem.org/jordan_valley/20170620_uprooting_of_trees_and_crops


【6月21日(水)】

■エジプトからガザ発電所用に燃料油110万トン■

ガザ地区の電力危機が高まる中、エジプトは、火力発電用にトラック11台で110
万トンのディーゼル油を同地区に搬送した。だが、パレスチナ筋によると、パレ
スチナ自治政府(西岸)のアッバース大統領は、ガザの発電会社がこのディーゼ
ル油を使用しないよう圧力をかけているという。発電所は私有で、西岸政府と契
約関係にある。ガザの当局者によれば、発電所の燃料使用量は一日70万トンなの
で、110万トンの燃料は2日分の消費量にすぎない。(6/21 Haaretz)


(出典:B’Tselem、Haaretz、Palestine Chronicle、Reuters)


<注1> 2007年以来、事実上分裂状態にあったパレスチナ自治政府は、2014年
6月、統一内閣を発足させました。統一合意では、暫定政府のもと、6ヶ月以内
にPLC(パレスチナ立法評議会)と大統領選挙が行うことになっていました。
期限を大幅に過ぎましたが、選挙準備も、西岸・ガザ地区の行政機構の整理統合
も進んでいません。関係者のタイトルなど、一貫性に欠けることもあると思いま
すが、ご了承ください。

<注2> 2012年9月の国連総会決議で、パレスチナは、国連の「オブザーヴ
ァー国家」として承認されました。「パレスチナ国家」「PLO」「パレスチナ
自治政府」の関係がどうなるのか、国際法的にも微妙な問題があります。パレス
チナの組織やパレスチナ人の役職などをどう表現するか。この点についても、そ
の都度判断することにします。

<注3> 各ニュース記事末尾の(カッコ)内は、その主なニュース源です。必
ずしも、元の記事の翻訳や抄訳ではありません。とくに断らない限り、Webサイ
ト上の情報です。日本語ニュースの場合、固有名詞の表記などは、編集者の判断
で変えることがあります。


 ┏━━━━━━━┓
■□ 編集部から □■
 ┗━━━━━━━┛

● 購読手続き:

多くの方から購読のお申込みが続いています。ありがとうございます。無料購読
の手続きですが、以下◎印のサイトからお進みくださるようお願いします。

◎パレスチナ最新情報-JSRメルマガの送信申し込みはこちら(非常に簡単で
す)
⇒ http://www.mag2.com/m/0001671983.html?l=ttc1614d6f

知り合いの方で、このメルマガを読みたいとおっしゃる方が居られましたら、上
記のサイトをご紹介下さい。

(購読停止も、同じサイトから可能です)


 ┏━━━━━━┓
■□  催し  □■
 ┗━━━━━━┛

少し先の行事ですが、9月にHaaretz紙のAmira Hass記者を日本に招いて、講演会
が催されます。

■◇■パレスチナ占領50年をアミラ・ハスと考える■◇■

■と き:9月17日(日)18日(月)
■ところ:東大経済学部研究棟 第一教室
     東京都文京区本郷7-3-1
■資料代 ¥1000/1日券

Amira Hass記者は、Haaretzの占領地特派員として、イスラエルやパレスチナ自
治政府に対する厳しい批判的な報道を続けています。JSRのメルマガでも、彼女
の記事はたびたび引用しています。詳しくは、講演会が近づいてからご紹介しま
す。問合せは、以下へ:
「アミラ・ハス氏来日実行委員会」doitoshikuni@mail.goo.ne.jp


.................................................................


 ┏━━━━━━━━━━━━━┓
■□ 記念CDディスカウント □■
 ┗━━━━━━━━━━━━━┛

――¥1200 ⇒ ¥500!――

「JPMA20周年記念CD」の大幅ディスカウントを継続中です。CD─Windows版定
価\1200が、たったの¥500。郵送の場合は、¥600とさせていただきます。

● ご注文はメールにてお問い合わせください。
● 時々、講演会場などでの直接販売もしております。

【内容】

◆メルマガ「パレスチナ最新情報」9年分(2002年3月-2011年3月)を全収録!!
 (2000ページ以上)全期間一括検索可能。資料として役立つ
◆当会顧問の板垣雄三先生の序文は、パレスチナと日本の市民運動の関わりに
 ついてのレヴュー
◆PRCS(パレスチナ赤新月社)総裁とリハビリ部門責任者からのメッセージ
◆JPMA25年の略史、詳細な活動年表
◆現地ヴォランティアとして活動していただいた方々や当会メンバーによる
「私とパレスチナ」
◆JPMA発行のニュースレター0号~61号の全ページを収録

記念CDはすべてPDFファイルで構成されていますので、Adobe Readerの標準検索
機能を使えます。

≪すでにお申込みいただいた方へ≫

●代金を郵便振替で振り込んでいただいた方へは、事務局に振り込み通知が届き
次第、品物をお送りしております。万一、振込後10日以上になっても、届かなか
った場合は、お知らせください。

●その他の方法で代金を振り込んでいただいた方は、お手数ですが、送金方法を
お知らせください。事務局に人手が足りないため、預金通帳をひんぱんにチェッ
クすることができませんので、早めにお知らせいただくと助かります。

.................................................................

★当会へのカンパは下記口座にいただけたら幸いです。

●ゆうちょ銀行
 郵便振替口座 00140-9-155450  口座名 JSR

 他の銀行からは
     銀行名 ゆうちょ銀行
     金融機関コード 9900
     店番 019
     預金種目 当座
     店名 〇一九 店(ゼロイチキユウ店)
     口座番号 0155450
     口座名 JSR

●三菱東京UFJ銀行 新宿中央支店 
       (普) 口座番号 5673266 JSRアル・ジスル 

★このメルマガは無料です。メルマガ配信を希望される方、
 送信先を紹介してくださる方、不要な方、突然メルマガが途切れた方は、
 いずれもご遠慮なくjsr@krb.biglobe.ne.jp までお知らせください。

●このメルマガは自由にご転送ください。

******************************************************
アル・ジスル-日本とパレスチナを結ぶ(略称JSR)
編集人:奈良本英佑
E-mail : jsr@krb.biglobe.ne.jp
Home Page : 工事中
TEL: 090-2167-4802
住所:〒 252-0331 神奈川県相模原市南区大野台6-7-3
******************************************************
メルマガ全文を読む
 
 
メルマガ名
パレスチナ最新情報-JSRメルマガ
発行周期
ほぼ 週刊
最終発行日
2017年06月22日
 
発行部数
1,085部
メルマガID
0001671983
形式
PC向け/テキスト形式
カテゴリ
ニュース・情報源 > 一般ニュース > 国際情勢

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

 

▲ページトップへ

▲ページトップへ