名古屋の美容師 竹之内

  • ¥0

    無料

現役美容師が美容情報をメインにダイエット、飲食、育児、パーソナルなことをお伝えしていきます。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
名古屋の美容師 竹之内
発行周期
ほぼ 週刊
最終発行日
2017年12月28日
 
発行部数
7部
メルマガID
0001672375
形式
PC・携帯向け/絵文字つき
カテゴリ
ニュース・情報源 > 雑学・豆知識 > 生活

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

こんにちは

名古屋の美容師ブログの竹之内です。

http://ttblog2016.com/



根本的に

自分のために何でもする。



今回は自分がスタッフに成長や幸せを感じてもらいたいから、
みんなでやろう!っていう気持ちが生まれる。



お客様のためだけど、結果的には自分のため。



自分のためにやってることがお客さんのためになる前提でやってる。



自分のためにやることは一人だけで出来ることで、

相手がいて二人以上でやるときは自分のためでやっても、相手のためにもなることが多いと思う。



相手を陥れようとかぼったくりは例外だけど。



とにかく自分にとって良いと思うことを相手の人にしてあげれたらお互いに良いと思う。



十人十色

接客業をしてると正しくその通りだと思う。



ちょっと話はそれますが、自分と妻は全く正反対に近いくらいだと思う。



同じように友達やスタッフも全く自分と同じとは思わないし、

家族、友達、スタッフは自分と違うところがあるからこそ尊敬できる。



でも一緒にいられるっていうことはどこか通ずるものがあるのだとは思うけど。



話を戻して、

色んな人がいる中で、生理的に合わない人とは関わってはいないだろうと思う。



そう思えば、自分が良いと思い、

やりたいことをやっていて、

相手に伝わり、相手の人も良いと思ってくれる事になりそう。








最近突き刺さってる言葉

仕事は疲れるものだ。

仕事は嫌なこと。



それと

一番好きな事は仕事にしない方が良い

仕事は2番目に好きな事くらいのほうが良い。



自分は一番好きなのは飲食

だからとりあえず今までは続けて来れたのかな。



確かに飲食では働けない。

酔っぱらいを相手にするのは無理だ。



為せば成る

為さねば成らぬ

何事も

成らぬは人の

為さぬなりけり


----------------------------------------------------------------------
名古屋の美容師ブログ
http://ttblog2016.com/

You Tube
https://www.youtube.com/channel/UCbelmklojHlSpEWytuFIJwg

発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0001672375.html
----------------------------------------------------------------------
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ