ひかりの国のおはなし

  • ¥0

    無料

著者サイト

映画「ひかりの国のおはなし」の自主上映会情報を中心としたメールマガジンです。隔週金曜日の発行を予定しています。

 

メールマガジンを登録(無料)

※ご登録いただいたアドレスは大切にお預かりし、まぐまぐ!メールマガジン配信にのみ利用します。

他のサイトIDでメルマガを登録する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ メルマガはサービスでご登録したメールアドレス宛に届きます。

このメルマガを解除する

メールマガジンを解除

他のサイトIDでメルマガを解除する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

 

メールマガジン最新号

━━ ★ひかりの国のおはなし★ ━━


 ~ 地球になにを体験しにくるのか ~

           Vol.0031

━━━━━━━━━━━━━━━━━

映画「ひかりの国のおはなし」の
自主上映会情報を中心とした
メールマガジンです。

隔週金曜日の発行を予定しています。


★-- 語り手・どいしゅうの
「上映会・おはなし会の活動レポート」 


いつも大変お世話になっております。

語り手として映画に出演しています
どいしゅうです。
 
  
6月4日(日)は東京都・渋谷区にある
オールフォーアースさんにて

『ひかりの国のおはなし』の上映会&
語り手のどいしゅうと宇宙の記憶を持ち、
宇宙のメッセージを伝えに生まれてきた、
宇宙メッセンジャーしほさんとの、
コラボのトークイベントでした。

上映開始前に、簡単なごあいさつと
映画の見方についてお伝えいたしました。

皆様が鑑賞されている70分間

突然、参拝に行きたいと思い立ち
Googleで地図検索をしたところ
徒歩17分の場所に上目黒氷川神社があり
急きょ御礼詣りに行くことにしました!


神社の目の前は車の通行量が多い国道246号線

しかし、一歩境内に入ると不思議と
それを感じさせないすばらしいご伸域が
見えてきます。

境内に富士浅間神社があります

江戸時代、富士山を対象とした民間信仰が広まり、
人々は富士講なる集まりを作り、富士山に
登頂しました。

身近な所に富士山を模し塚(富士塚)を築き、
祠を作ったのだそうです。

目黒区内では現在の上目黒11―8付近に
文化9年(1812年)に築かれたようで
高さは12m。

文政2年(1819年)に、現在の中目黒に
新しく富士塚が築かれたことから、
上目黒にある方を「元富士」、中目黒に
造られた方を「新富士」と呼びました。

いずれの富士も歌川広重の
「名所江戸百景」にも描かれた名所で、
元富士は1878年に取り壊され、
同時に元富士のところにあった浅間神社、石碑、
詞は1943年に上目黒氷川神社に移されました。

手水舎で手を清めて参拝しましたが、
その時は、境内に人がいない状態で、
社殿に手を合わせていると何故か心地良い
風が吹きました。

過去に手を合わせた方々の熱いご信仰の気持ちが
時を超えて伝わってきた気がしました。

ふと、もう帰らなきゃと思い
神社を後に皆様が待つ場所へと戻ります

信号待ちも1回しかなく順調に歩くことができ
映画が終わる1分くらい前に到着できました。


「かみさまとのやくそく」も
『ひかりの国のおはなし』も

リアリティー、目に見えるの世界と
スピリチュアリティー、目に見えない世界を
テーマにした内容

地球の中にあるけど、空の上にある場所

目に見えないけれど確実に存在する、
私たちの外側に世界があるということ

そして、私たちはどう在りたいのか
その本質は?

そして、自分とは何なのか?

そりを感じるためにご来場してくださった方が
多かったのではと感じました。


自分らしく輝くために決めてきた人生
今を一生懸命生きるだけ。

たとえ思い通りの人生にならなくても
やりたいことが出来なくても
やりたいことがわからなくても
それでもいいと思うくらい気負いしない
リラックスさ
 
幸せでも、幸せじゃなくても順調で
自分を責めなくてもいいのです。

自分にちょうどいいことしか起きなくて
それをどう捉えるか(価値観でも心理学でもない
善い悪い、正しい正しくないも出来事にはなく)
その見方、視野の広さがあればどんどん成長できます


宇宙メッセンジャーのしほさんは、
エンリケ・バリオスさん著作
「アミ小さな宇宙人(徳間文庫)」を読まれ、
自身がもつ宇宙の記憶とほぼ同じという事を知り
伝えていこうと決意されたそうです。

しほさんからも
宇宙では(個人の)成長の度合いが非常にゆっくりで
やりたいことが終わったら別の役割のために
別の星に移動して、また新しい役割をする

なんでもできるし、たのしいけど
宇宙での経験はバリエーションが少なく
そういう意味では地球はたくさんのことができる
(ただし、やることが非合理的で大変とも笑)

終始わたしのおはなしに共感するように
首を縦に120度くらい振って頷かれていました。


いっぱい経験して、体感して
成長したくて来たのなら
いま何をしましょうか?!ということを
投げかけました。

五感をたくさんフルにつかって、

だけど、それには
いろんなものに支えれ、
調整する存在に助けられている

そこに感謝をしながら
歓んで生きることが大切なことを
おはなしをしました。


ご来場者の中に、親子セラピストとして
2500組以上の親子と出会ってこられた
長南華香(ちょうなんはなこ)さんが
いらっしゃいました。

最近、
「こどもはママのちっちゃな神さま 」を
執筆・出版されました。

http://www.evergreenpub.jp/kodogami/

「かみさまとのやくそく」に出演で
"胎内記憶"という医学的な研究の
第一人者の池川明先生とも著書の中で
対談されています。

世界中のこどもたちが口をそろえて
「ぼくは空の上から、
ママを守るためにやってきたんだよ」
と発言していることからも、
証明されてきています。

出版記念パーティーの席で、
「かみさまとのやくそく」荻久保監督と
池川先生から著書に書いてある内容と

映画「ひかりの国のおはなし」の内容が
重なっている部分がたくさんあると
お聞きになられ参加されたと経緯を
おはなししてくださいました。

映画を鑑賞された長南さんから、

「スピリチャルメッセージ溢れる中に
人としての在り方、心の使い方
生き方などが込められていました

著書「こどもはママのちっちゃな神さま」と
通ずる所が盛りだくさん。

こどもはなぜままを選んだのか?
流産の意味は?
この地球になにを体験しにくるの?

あらゆる謎の答えが込められています」

と感想をいただきました。



主催者のオールフォーアース様、
ご来場の皆様、

本当にありがとうございました


上映会終了後に、
どいしゅうのミッション(2)
「たましいの使い方(運転教習所)」をご案内し、
皆さまに関心を持っていただきました。

http://ameblo.jp/ny358/entry-12279966916.html

上映会の後のおはなしは90分ですが、
本当はもっともっと伝えたいことがあります。

2日かけてひとつずつ丁寧にお伝えをし、
自身の現実に照らし、置き換えながら
ワークショップ形式にて落としこんでいきます。

8月に開催をいたします!

よろしければ読者の皆さまも
ぜひご参加くださいませ。


映画『ひかりの国のおはなし』
語り手 どいしゅう



★-- 映画をご覧になられた皆様のご感想 

2017年6月4日
東京都/渋谷区自主上映会


・40代(女性)

とても面白かったです。

どいしゅうさんの生の体験談として
大変興味深く、又、共感しながら
聞かせて(観させて)頂きました。

1ヶ月ほど前に「かみさまとのやくそく」を
観た後、私は(どいしゅうさんの全く存じなません
でしたが、同じように)「自分は妹を生まれる前に
押しのけて先に生まれてきた」と思った(思い出した)
ところでした。



★-- 今後の上映会・おはなし会情報
(6~8月分)


《映画館上映》

淀川文化創造館シアターセブン

●「かみさまとのやくそく」(98分)

6月24日(土)12:40(~14:23終)
http://www.theater-seven.com/2016/movie_kami-oya.html

●『ひかりの国のおはなし』(70分)

6月24日(土)14:50(~16:04終)
http://www.theater-seven.com/2017/movi_hikari.html


《定期上映会》

大須多幸屋/名古屋市中区

7月5日(水)・19日(水)
http://ameblo.jp/ny358/entry-12284111350.html

7月4日(火)・14日(金)・21(金)・24(月)

★「かみさまとのやくそく」連続上映

http://ameblo.jp/ny358/entry-12284088985.html


《自主上映会》

以下の日程で開催されます。
詳細はこちらからご覧下さいませ。

http://ameblo.jp/ny358/entry-12279594448.html


●6月17日(土)福岡県・春日市
春日クローバープラザ


●6月18日(日)北海道・石狩郡当別町
孝勝寺別院

★「かみさまとのやくそく」連続上映


●6月18日(日)東京都・世田谷区
千歳烏山駅・千歳船橋近辺

★「かみさまとのやくそく」「介護講談」連続上映


《キャンセル待ち》
●6月23日(金)横浜市保土ヶ谷区
おうち和~なごみカフェ

★ランチシェア会+どいしゅうのトーク


●7月8日(土)・9日(日)静岡県・三島市
いやしの森amin


●7月29日(土)栃木県・真岡市
真岡市情報センター

★どいしゅうのおはなし会あり



~北海道キャラバン・第3段~

●8月26日(土) 北海道・網走郡大空町
大空町役場内議事堂文化ホール

★どいしゅうのおはなし会あり
★「かみさまとのやくそく」連続上映
注:エデュケーショナル版(45分バージョン)


●8月27日(日) 北海道・上川郡東川町
東川町農村環境改善センター(東川町公民館)

★どいしゅうのおはなし会あり
★「かみさまとのやくそく」連続上映
注:エデュケーショナル版(45分バージョン)


●8月29日(火) 北海道・帯広市
salon齋藤亭

★どいしゅうのおはなし会あり



▼△ 今後の予定 ▲▽

9月9日(土) 石川県金沢市

9月23日(土・祝) 愛知県名古屋市
笑・愛・平和 人・もの・笑顔が集まる
楽しいフェスタ~Heart Festa~

9月24日(日) 滋賀県

9月30日(土) 東京都府中市

10月28日(土) 熊本県上益城郡山都町



上映会やおはなし会を企画したい方
~~~~~~~~~~~~~~~~

★★自主上映会受付中!!
(税込¥21,600〜開催可能)★★

~自主上映会ご開催までの手順~

※映画DVDの貸出の窓口は熊猫堂になります

「く」熊猫堂の自主上映会お申込み
   フォームよりお申込み
「ま」町の施設などに上映のための
   スクリーンやプロジェクターが
   あって、使用できるか確認
「ね」ネット上やチラシ、ポスターで
   お客様にご参加を呼びかけ
「こ」ご希望のディスク(DVDまたは
   ブルーレイ)を郵送で受け取る

http://hikarinokuni.link/%e8%87%aa%e4%b8%bb%e4%b8%8a%e6%98%a0%e4%bc%9a%e3%81%ae%e3%81%8a%e7%94%b3%e

ぜひあなたの町で
自主上映会を開いてみませんか?


《おはなし会・講演会・イベント》

受付中!!
(どいしゅうの経費はご相談ください)

~おはなし会ご開催までの手順~

※窓口はどいしゅうになります
※上映会とセットの場合もご相談ください

基本は、

・上映前のご挨拶&映画の見方(10分)
・上映後の映画の補足説明(20分)
・おはなし会や講演会(60~90分)
 テーマ例
 「じぶんを歓んで生きる」
 「お母さんが輝くと子どもや未来も輝く」など

皆様の地域で必要な方に
必要なおはなしをお届け致します。

ametsuchinomegumi@gmail.com



《 動画配信(有料) 》

動画配信の専門サイトvimeoにて
いつでも、どこでも視聴が可能です!
(48時間700円でレンタルできます)

https://vimeo.com/ondemand/hikarinokuninoohanasi


★━━━━━━━━━━━━━━━━

◇映画「ひかりの国のおはなし」

見方道アドバイザーどいしゅうblog
http://ameblo.jp/ny358/

公式ホームページ
http://hikarinokuni.link/

公式facebook
http://m.facebook.com/hikarinokuninoohanashi/

◇お問い合わせ先
ametsuchinomegumi@gmail.com

発行:どいしゅう
編集協力:熊猫堂
「ひかりの国のおはなし」事務局

★---------------------------------------------        
当メールマガジンの内容については、
発行者・執筆者に著作権がございます。

転載・複写に関しましては
「どいしゅう」にお問い合わせください。

ametsuchinomegumi@gmail.com

★--------------------------------------------

また、掲載情報及びリンク先のサイト
情報について如何なるトラブル・
損失が生じても、当方では一切責任を
負えませんので、あらかじめご了承
下さい。

★--------------------------------------------
メルマガ全文を読む
 
 
メルマガ名
ひかりの国のおはなし
発行周期
隔週金曜日の発行を予定しています。
最終発行日
2017年06月16日
 
発行部数
219部
メルマガID
0001673412
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
エンターテイメント > 映画 > 映画館・上映情報

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

 

▲ページトップへ

▲ページトップへ