ひかりの国のおはなし

  • ¥0

    無料

映画「ひかりの国のおはなし」の自主上映会情報を中心としたメールマガジンです。隔週金曜日の発行を予定しています。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
ひかりの国のおはなし
発行周期
隔週金曜日の発行を予定しています。
最終発行日
2017年10月13日
 
発行部数
227部
メルマガID
0001673412
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
エンターテイメント > 映画 > 映画館・上映情報

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

━━ ★ひかりの国のおはなし★ ━━

~ ファンタジックでお客様の心に
  スッと入っていくエネルギーを感じる~

           Vol.0039

━━━━━━━━━━━━━━━━━

映画「ひかりの国のおはなし」の
自主上映会情報を中心とした
メールマガジンです。

隔週金曜日の発行を予定しています。


★-- 語り手・どいしゅうの
「上映会・おはなし会の活動レポート」 

いつも大変お世話になっております。
語り手として映画に出演しています
どいしゅうです。

9月30日(土)東京都・府中市
ルミエール府中にて

映画『ひかりの国のおはなし』の上映と
神原康弥(かんばらこうや)×どいしゅう
神原ひで子さん×荻久保則男監督の
トークショーが開催されました。

今回、上映会とトークショーの依頼は
筆談の詩人 神原康弥さんから
 
重度障害者でありながら
お上からのメッセージを詩にしたためる
筆談の詩人です。

2才半の時、突然、脳症になり
生死の境をさまよい命は助かったものの
体は自由に動かず言葉も出せなくなりました。

6才の時、手や腕のわずかな動きに
気づいた母 (神原ひで子さん)と共に
試行錯誤し、筆談による会話方法を身につけました。

独自の宇宙観、世界観を綴り、
Facebookで毎日発表されています。

また、その研ぎ澄まされた感性による
奥深く的確なアドバイスが好評となり、
多くの方から相談をうけるようになられました。

現在は自宅などで個人セッション、
グループワークショップを行いつつ、
お話会や講演会を依頼されることも増え、
意欲的に社会貢献活動をされています。

開催の3か月前の7月2日
荻久保監督と康弥さんとひで子さんと
顔合わせ、打合せのためご自宅にお伺いしました。

初対面ながら、康弥さんは未来のこと
宇宙や地球の動きなど、様々なことを
おはなしして下さりました。

わたしは初めてお会いすることもあり
あまり話さずずっとおはなしを聴いていました。

実に哲学的で、奥が深いおはなしの数々..
そんなところまで考えているんだと
かなり感心しました。

話の流れの大枠を決め打合せは終了!


そして、当日を迎えたのです。

上映会を開始。

当日に駆けつけてくださった方も大勢
上映後に照明をつけたら満席でした!

上映が終わり、トークショーへ

康弥さんが2歳半のときに
生死をさまよった時に観た記憶を
おはなししてくださいました。

「三途の川

くるぶしまで浸かった
川の流れは冷たく
ゴロゴロと転がる
石ころは鋭く
愛は永遠だと教える
永遠であっても
命の長さは自分で決めよ
向こう岸に渡れば
母のいる世界
座り込めば
川に流されながら
あの世へ行く
どちらでも良い
どちらも美しき決断


僕は、ひかりの国のおはなしを聞いて
たいへん感慨深いものを感じました。

どいしゅうさんが見ているひかりの国は、
希望に満ちていたものでした。

ファンタジックで、
お客様の心にスッと入っていく
エネルギーを感じ取りました。

もしかしたら、今まで僕が生きてきた中で、
一番足りないものであったり、
今後の僕に必要なものかもしれないと思いました。

僕は、大きな障害を負い、
生きること死ぬことを間近に感じ取り、
今まで生きてきました。

僕は冷静な考え方をしていると思います。
宇宙観についても、生きるため、
幸せのために、直接的な手段や方法を
伝えていると思います。

そのため、現実的でもありますし、
殺伐としたイメージを与えるかと思います。
喜びや幸福感は、

あとからついてくるものと思い、
学びを深めてきましたが、

そろそろ、僕にとっての幸福感、幸せ、
喜びを感じ取りながら、
生きて行かなければならない段階に
なったのだと思いました。

この上映会、そしてどいしゅうさんの存在に触れ、
新しい僕を見つけていきたいと思いました。」


とても、とても力強いことばで
発信してくださいました。

そして、その場にいながら風を感じる、
鳥の声を感じる、いのちの息吹を感じる
イメージワークもして下さりました。

わたしたちは、
ただ生きているのではなく
生かされていること

宇宙は神さまは特別な場所にだけ
いるのではなく常にそばにいている存在

勇気をもって前に進んでいけば
かならず報われ、いろんなことを
体験させてもらえること
自身の体験なども重ねながら
お伝えくださいました。


康弥さんの母 ひで子さんと
荻久保監督のトーク

ひで子さんは、子育てをする中で 、
康弥さんの身体と精神のため、
自分自身のために氣光を習い始めました。

現在は、康弥さんのカウンセリングや
セミナーの通訳、光エネルギー師として、
宇宙の氣エネルギーヒーリング施術ヒーラー、
セラピストへの指導者として活動をされています。


荻久保監督とのトークの中で

東洋医学は今後、成長発展していくこと
西洋医学と東洋医学が互いの
良いところを認め、協力し合う時代が
来ることを感じれています。

患者は西洋医療を受けながら
数多くの東洋医療を自分の意志で
選ぶことが可能となり、そのために、
東洋医学を日常に取り入れ学ぶことが
大事であること

クライアント様にどんな時も寄り添い、
しなやかに生きていく"人間力"を持つ
気功師が必要だと感じ、育成に努めていることを
お話されていました。


荻久保監督も、

ただ生まれここに居るのではなく、
そこにエネルギー(氣)が入ってこそ
その力は倍増すると、

いる→いきる 、と話されていました!


主催者の康弥さん・ひで子さん、
チームKOUのスタッフの皆様、

そして有志の皆様、

ご来場の皆様、荻久保監督

心より感謝申し上げます。
本当にありがとうございました。


追伸

次号は発刊日は、熊本県の幣立神宮
平和道場の上映会に出張のため
お休みさせていただきます。
 
 
『ひかりの国のおはなし』
語り手 どいしゅう



《講演会・セミナー&ワークショップ》

生まれてきた目的や深い自分と繋がる
たましいの運転教習所@北海道

●11月24日・25日(金・土)
北海道夕張郡・長沼町/のんちゃんカフェ

★懇親会・温泉・希望者はカフェで宿泊OK
★朝食・ランチ付
http://ameblo.jp/ny358/entry-12311581242.html


******************
 
 映画をご覧になられた方のご感想
 
******************

・40代(女性)

『ひかりの国のおはなし』2回目です。
歓喜を心から感じることができる人生を
送りたいです。人は頭で考えすぎてしまう。
感動すること、感じることから離れていって
しまっています。

当たり前ではないことに気づくワクワクすることを
いっぱいする。常識にとらわれてしまうことで
人生を損してしまいますね。

命がある限りカンキいっぱいの人生にしていき
たいと思いました。その時に必要なことが届く
映画だと思います。

3回目も観たいです。ありがとうございました。


・40代(女性)

やっと観ることができました。
想像以上に良かったです。
感動しました。

今、生きる意味を
今まで以上によく考えられるようになりました。

歓喜します。


・50代(女性)

自分にはすべきこと、
使命があるのだと強く感じました。

不安、後悔、抱えていた重い荷物が軽くなり
感謝の気持ちでいっぱいです。

いっぱいの笑顔、愛を持ち続け
まわりの人に届けたいです。

ありがとうございました。



★-- オーダーメイドのリクエスト上映会受付中!!

<皆様のご都合のよい日時にて上映会を行います。>

場所は

◆世田谷区 千歳烏山
 (千歳船橋からも行けます)
◆奈良県・大阪府の一部
 (ご相談ください)
◆福島県内
(認定NPO法人元気の素カンパニー以和貴)
 プロジェクター・スクリーン等を貸出ししての上映会可能)

対象作品:

世田谷区/奈良県・大阪府の一部
「かみさまとのやくそく」
「ひかりの国のおはなし」
「田辺鶴瑛の介護講談」の3作品全部です。

福島県内は「かみさまとのやくそく」
(残り2作品は応相談)

ご質問やお申込みは以下URLへお願いします。

世田谷区 … 
http://norio-ogikubo.info/?p=10032

奈良県・大阪府 … 
http://norio-ogikubo.info/?p=10220

福島県内 …
http://norio-ogikubo.info/?p=10791 


★-- 今後の上映会・おはなし会情報


(10~12月分)

《映画館上映》

淀川文化創造館シアターセブン

●「かみさまとのやくそく」(98分)

10月29日(日) 14:00(~15:43終)
http://www.theater-seven.com/2016/movie_kami-oya.html

●『ひかりの国のおはなし』(70分)

10月29日(日) 12:30(~13:44終)
http://www.theater-seven.com/2017/movi_hikari.html

● 『田辺鶴瑛の「介護講談」』(60分)

10月29日(日)16:10(~17:15終)
http://www.theater-seven.com/2017/movie_yaseino.html


《定期上映会》

大須多幸屋/名古屋市中区

10月19日(木)
11月17日(金)・30日(木)

★「かみさまとのやくそく」連続上映
http://ameblo.jp/ny358/entry-12306790477.html


《自主上映会》

詳細はこちらからご覧下さい
http://ameblo.jp/ny358/entry-12318565795.html

●10月15日(日) 東京都・杉並区
保護猫カフェ ふしぎねこんち

★「かみさまとのやくそく」とW上映会


●10月28日(土) 熊本県・上益城郡山都町
幣立神宮平和道場

★幣立神宮正式参拝
★春木宮司の講演
★池末みゆき先生ライアー演奏
★荻久保則男監督・どいしゅうのトーク


●11月17日(金)鹿児島県・鹿児島市
JEWNEListサロンPONTE

★「かみさまとのやくそく」「介護講談」も上映


●11月23日(祝)神奈川県・横浜市金沢区
心花茶(ここはなちゃ)

★ランチシェア会
★どいしゅうのおはなし会あり


●11月24日(金)神奈川県・横浜市金沢区
心花茶(ここはなちゃ)

★ランチシェア会


●11月26日(日)北海道・札幌市手稲区
ココロとカラダのはぐ るーむEarth Hug

★どいしゅうのおはなし会


▼△ 今後の予定▽▲

平成29年
・12月10日(日)東京都府中市

平成30年
・1月28日(日) 愛知県岩倉市
・4月7日(土) 兵庫県神戸市
・4月8日(日) 滋賀県


《自主上映会を企画したい方》

自主上映会受付中!!
(税込¥21,600〜開催可能)

~自主上映会ご開催までの手順~

※窓口は配給元の熊猫堂になります

「く」熊猫堂の自主上映会お申込み
   フォームよりお申込み
「ま」町の施設などに上映のための
   スクリーンやプロジェクターが
   あって、使用できるか確認
「ね」ネット上やチラシ、ポスターで
   お客様にご参加を呼びかけ
「こ」ご希望のディスク(DVDまたは
   ブルーレイ)を郵送で受け取る

http://hikarinokuni.link/%e8%87%aa%e4%b8%bb%e4%b8%8a%e6%98%…

ぜひあなたの町で
自主上映会を開いてみませんか?

自主上映会+どいしゅうのおはなし会を
セットで企画したい方
(全国どちらでもご訪問させていただきます。

どいしゅうの経費はご相談ください)

~おはなし会ご開催までの手順~

※窓口はどいしゅうになります
※上映会とセットの場合もご相談ください

基本は、
・上映前のご挨拶&映画の見方(10分)
・上映後の映画の補足説明(20分)
・おはなし会や講演会(60~90分)

《テーマ例》

「じぶんを歓んで生きる」
「お母さんが輝くと子どもや未来も輝く」など

どいしゅうの予定はこちらからご確認下さい
http://chouseisan.com/s?h=daea63f32c8744558bd123db675faa77

皆様の地域で必要な方に
必要なおはなしをお届け致します。
ametsuchinomegumi@gmail.com


《 動画配信(有料) 》

映画『ひかりの国のおはなし』は
制作・配給を担当してくださっています
熊猫堂のHPにてご覧になれます。

http://kumanekodo.co.jp/ひかりの国のお話/
 
★━━━━━━━━━━━━━━━━
◇映画「ひかりの国のおはなし」
見方道アドバイザーどいしゅうblog
http://ameblo.jp/ny358/

公式ホームページ
http://hikarinokuni.link/

公式facebook
http://m.facebook.com/hikarinokuninoohanashi/

◇お問い合わせ先
ametsuchinomegumi@gmail.com

発行:どいしゅう
編集協力:熊猫堂
「ひかりの国のおはなし」事務局

★---------------------------------------------        

当メールマガジンの内容については、
発行者・執筆者に著作権がございます。
転載・複写に関しましては
「どいしゅう」にお問い合わせください。
ametsuchinomegumi@gmail.com

★--------------------------------------------

また、掲載情報及びリンク先のサイト
情報について如何なるトラブル・
損失が生じても、当方では一切責任を
負えませんので、あらかじめご了承
下さい。

★--------------------------------------------
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ