競馬で勝つために本当に必要なこと

  • ¥0

    無料

著者サイト

世の中には、色んな競馬の必勝法やら予想理論が溢れていますが、 それで勝てたという人はあまり見ません。 それらが間違ってるとか、ウソとか言うつもりはありませんが、 競馬で勝つのって、やっぱりものすごく難しいことなんです。 そもそも、競馬で勝つために何をしたらいいかなんてことも、 実はハッキリしていなくて、 だからこそ、いわゆる必勝法の類がたくさんあるんだと思います。 そういった必勝法とは、全く違った観点でありながら、 真正面から勝ちに行くための方法を語るのが、このメルマガです。 メルマガでは予想はしませんので、ブログの方もおいでください。

 

メールマガジンを登録(無料)

※ご登録いただいたアドレスは大切にお預かりし、まぐまぐ!メールマガジン配信にのみ利用します。

他のサイトIDでメルマガを登録する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ メルマガはサービスでご登録したメールアドレス宛に届きます。

このメルマガを解除する

メールマガジンを解除

他のサイトIDでメルマガを解除する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

 

メールマガジン最新号

メルマガの第3号で書いたとおり、予想というのは「お得な馬選び」。
つまり、期待値の高い馬を選ぶことが大事です。

実際に期待値が高いかどうかなんて分からないんですが、
全ての馬の期待値が高いわけはないので、
沢山の馬の中から、期待値の高い馬だけを選ぶ必要があります。

期待値が100%を超える馬が、そんなにいるとは思えないし、
できれば、選ぶ馬は絞りに絞りたいし、
もっと言えば、馬券もワイドや複勝ではなく、単勝や馬単なんかにしたいところ。

(不確定部分を織り込んだ複勝やワイドは、実質的に全頭選んでいるのと同じですから)

つまり、回収率を高めるためには、予想も買い目も、
とんがりまくった方がいいのです。

…理論上は。


理論上は、そうなんですけど、実際、そういう尖りまくった予想は、
あまりオススメできません。

経験上、尖りまくった予想は、好調時には爆発的な効果がありますが、
考え方の間口を狭めてしまって、あまり良くない気がしました。

それに、安い複勝だろうが何だろうが、
「的中すること」で、気持ちの上での好循環を生み出すこともできます。

もちろんこれは、自分の経験にもとづくものなので、
とんがった予想が合ってるという人もいるでしょう。

ただ、ここで言いたいのは、どっちがいいという話よりも、
競馬予想は、理屈が全てじゃないということ。

競馬予想において、理屈を理解しておくことはすごく重要ですが、
勝つか負けるかという瀬戸際で必要なのは、
意外と理屈じゃなく、自分の力が出し切れる方法だったりします。

そういう意味では、やっぱり「自分を知る」ってのが大事ってことなんですよね。

-----------------------------------------------------------
(おまけ)
3月になって、そろそろG1ステップのレースの時期になりました。

G1と言えば、今年から大阪杯がG1なんですよね。
つい最近まで、全くアタマにありませんでしたよ。

長く競馬をやっていると、昔ながらの番組編成が染み付いていて、
大阪杯がG1という前提で、競馬を見れないんです。

中山記念が終わった後になって、
ようやく大阪杯がG1だということに気付いたんですが、
それを知った上で見た中山記念は、また違った中山記念に見えました。

レースのグレード一つで、レースの見え方が変わるもんなんですよね。
競馬って面白いなあ。
メルマガ全文を読む
 
 
メルマガ名
競馬で勝つために本当に必要なこと
発行周期
ほぼ 週刊
最終発行日
2017年03月01日
 
発行部数
140部
メルマガID
0001673597
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
エンターテイメント > 競馬 > 競馬全般

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

 

▲ページトップへ

▲ページトップへ