にしぴりかの美術館

  • ¥0

    無料

宮城県大和町のアトリエnisipiricaの附属展示室である「にりぴりかの美術館」の展示情報をお送りします。 いわゆるアウトサイダーアート・アールブリュットと呼ばれるジャンルの専門・常設美術館です。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
にしぴりかの美術館
発行周期
ほぼ 季刊
最終発行日
2018年02月05日
 
発行部数
7部
メルマガID
0001673945
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
アート・文芸 > 美術・デザイン > 美術館・ギャラリー

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号




(^ー^)(^ー^)(^ー^)(^ー^)

にしぴりかの美術館 情報

(^_-)-☆(^_-)-☆(^_-)-☆

2018.02.05号・・・・・・・



ただ今の展示

※◆※◇※◆※◇※◆※◇※◆※

「工房集がスゴイわけ」
会期:2017.12月11日(月)~2018.3月26日(月)
会場:にしぴりかの美術館(宮城県黒川郡大和町吉岡字館下47)

※◆※◇※◆※◇※◆※◇※◆※

いよいよ展示期間も後半!!に入ってからのご紹介となり
遅くなってしまいましたが、ぜひ
お出で下さい。

・・・・・

重度障害者施設であり日本を代表するアートの現場「工房集」
特別な勉強をした人でもなく、
どうやら特別な才能を持った人でもない人たちが
なぜ、こんなにも人を感動させる創作ができるのか?

それは、にしぴりかの美術館が主として伝えている
平川病院<造形教室>ともつながるものが有るのではないか?

今回は全国各地で引っ張りだこの「工房集」作品の
一部をお借りして展示させていただき、
それに加えて、「工房集」に関連する印刷物などから
文章を引用させていただいた。
関連企画としては
「工房集には教育の原点がある」と語り
工房集を最後に紹介する映画「かすかな光へ」の上映も
16回行わせていただく。
それらを通して、工房集の挑戦とは何なのか。
   問いかけてくるアートを通して考えていきたい。
           ・・・・工房集がスゴイわけ。
                 にしぴりかの美術館

C= C= C= C= C= ┌( ̄ー ̄)┘

関連イベント

(/^o^)/ワァァァァィ♪d(^0^)b グッ!

映画「かすかな光へ」
毎週土曜日+二日 上映会!!

教育界の重鎮「大田堯」が、戦後求め続けた希望
「かすかな光」の物語

題名の「かすかな光へ」は
谷川俊太郎の同名の詩から名づけられ、
詩の朗読は詩人自ら行っている。
音楽監督は多くの映画音楽をてがけている林光。
監督は、高知の高校生の平和学習を記録した
「ビキニの海は忘れない」(1990)、「渡り川」(1994)、
夜間中学を記録した映画「こんばんは」(2003)など、
青春と学びを描いてきた森康行。

◇上映日程:
2017年12月16日23日(各土曜日)  
2018年 1月 6日13日20日27日(各土曜日)
2月3日10日17日24日(各土曜日)
3月3日10日17日24日(各土曜日)
1月28日 3月25日(各日曜日)
合計16回上映  ◇上映開始時間=13:15 終了14:40頃
上映協力金お一人500円
(ご協力いただいた方にはマスコット「レチクル星人」プレゼント)

映画の中で大田堯が語る事…
「教え育てるのではなく、自ら育つ」
「違っていい、のではなく、違っている」
「だから、教育はマニュアルではなくアートだ」
「一人ひとりが自ら生きる力を持っている、それを助けるのが教育」

そうだ!そうなんだ!!と
ストレートに伝わってくる実践の記録。
映画の最後には「ここに教育の本当の姿がある」
と、工房集が紹介されます。

映画と、展示されている工房集の作品と合わせ技で
感動の渦!!

<大田堯(たかし)プロフィール>
教育研究者。東京大学名誉教授、都留文科大学名誉教授。
日本子どもを守る会会長、日本教育学会会長などを歴任。
99歳の現在も、講演や執筆にエネルギッシュに取り組んでいる。
1918年生まれ。広島県出身。


o(*^▽^*)oo(*^▽^*)oo(*^▽^*)oo(*^▽^*)o

映画も作品も合わせて是非、ご堪能ください。

w(゜o゜)w  (ノ゜ο゜;)ノ  {{(><)}}

第2展示室を上映会場としていますが
そこには<平川病院造形教室>関連の大きな作品を
ギュウギュウに並べています。
「名倉要蔵」「堀井正明」「本木健」「石原峯明」「島崎敏司」
過去紹介させていただいた作者のパワーも
ご堪能ください。

(x_x) ☆\(^^;)

お見逃しなく!!

(^o^)/~~~ 
では、お待ちしております。


facebook
https://www.facebook.com/nisipirica/
イベントページ
https://www.facebook.com/events/177774172994301/
https://www.facebook.com/events/188743408526112/

もご覧ください。

そして
Googleインドアビューに「にしぴりかの美術館」も掲載されました。
冒頭に出るのは「街の喫茶店」
その奥に向かうと「にしぴりかの美術館」に入れます。
撮影時の展示は前回の島崎さんの展示です。
・Googleインドアビュー
https://goo.gl/maps/rQqBkG5L1SJ2




☆★△▼☆★△▼☆★△▼☆★△▼
nisipirica附属展示室「にしぴりかの美術館」
特定非営利活動法人黒川こころの応援団
〒981-3621
宮城県黒川郡大和町吉岡字館下47
070-5011-0028(小野田)
info@nisipirica.com
☆★△▼☆★△▼☆★△▼☆★△▼



メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ