夫の浮気・不倫・不仲・別居・離婚問題で悩んでいる方が読む 夫婦修復のための解決法

  • ¥0

    無料

夫の浮気から不倫。また別居や離婚問題とした、夫婦関係を中心とした男女関係の問題で抱えた方が、メルマガを読み解決の糸口にしてください。カウンセラーいとうゆうじのもとで学ぶカウンセラーが綴ります。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
夫の浮気・不倫・不仲・別居・離婚問題で悩んでいる方が読む 夫婦修復のための解決法
発行周期
ほぼ 日刊
最終発行日
2018年06月22日
 
発行部数
58部
メルマガID
0001674313
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
恋愛・結婚 > 結婚 > 結婚全般

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□

いとうゆうじカウンセリング・ルーム メールマガジン Vol 572

不倫女性への「憎しみ」は無くならないけど、問題への向き合い方が変われば「憎しみ」の感じ方は変わる

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□

こんにちは
カウンセラーHanまこです



個人ブログの方も暫くご無沙汰しておりますが、覚えてくださっていますか?(笑)


子供関係を含むプライベートの忙しさと、新しい仕事などなど・・・心の余裕がなくてなかなか記事を書くことができず、そんな自分にまた葛藤する・・・


そんな状態の時でも、先輩方の記事を時間を見つけては読み、今の自分の状況や過去を振り返る時間としてこの数週間を過ごしてきたように思います



なんで、私はこうなんだろう

なんで、記事が書けないんだろう

なんで、なんで・・・



理由がみつかれば、自ずと解決への答えが見つかる筈だと、無意識に信じているから理由を探すのです


自分が今対峙している困難の原因はどこにあるのか、いったい誰にせいなの?って・・・


こんな風に、原因追求をして、適当なところにその答え(責任)を置く・・・でも、その答えは本当の意味で助けになるのかといえばそうでないという経験を何度もしてきました



そういう経験から気づいたこと・・・それは、


『対峙する困難な状況は、誰か「個人の責任」や何か「一つが原因」ではなく、その人とその人を取り巻く環境の相互作用の中にある』・・・と言う事



不倫問題に巻き込まれた私は、私たち夫婦がどうしてそうなったのかを知りたかった


その答えが救いになると信じていた



だから、


私が悪かったの?と自分を責め

不倫をした夫を責め

不倫女性にもその責を負って欲しかった


でも、それは私にとって何の意味もない事だと後になって気づくのですね


勿論、法的な意味では「個人」が負うべき責任は必ずあります(だからこその慰謝料請求!)


けれど、傷ついた人の心はそれだけでは救われないのです




★☆*:.。…………….★



どんな人にもその人の背景があり、とった行動の理由があります


他人を殺めた人の背景

不貞を働いた人の背景

子供を虐待した人の背景

盗みを働いた人の背景



そこを想像できてしまったら、個人を攻める(責める)事が出来なくなってしまう時があります・・・実は、これってとても苦しい


不倫をした夫を責めることも、不倫女性を恨む事も、そうする事で自分が悪くないと感じられるでしょう?・・・(勿論そうなのですけどね)


誰かを責めて、憎むことで気持ちの採算を合わせて、夫婦の中にあった根底にある問題をなかったことにしてしまいたい(認めたくない)という想いも潜んでいたりします



けれど、


だからと言って傷ついた心が癒されるわけでもなく、問題が解決するわけでもない


シンドイけど、痛くて辛くて本当はそんな事考えたくないけど、対峙する人(夫や不倫女性)の行動の背景を想像したり知りたいと思えた時、そこで初めて問題の根底へ、また自分自身が問題の相互作用の一部だと気付ける時なのだと思えます


自分の中にあった「怒り」とか「憎しみ」っていうドロドロしたものが、少しだけ違う色に変化する感覚がそこにはあります (ドロドロしてることには変わりありませんけどねぇ)



★☆*:.。…………….★



私は、


何かの、誰かのせいに出来ている間は、実はそれが出来なくなってしまった時よりシンドくなかった


だって、対峙しているのが見え易い他人だから



でも、結局想像できてしまった・・・ただ「罪」だけで裁くことのできない人の感情、環境、状況、背景


そして、他の誰かの責任にして責める事が出来なくなった時、向き合わなければならなくなるのは、残された自分自身なのです



その苦しさ、葛藤、矛盾した想いへの壁を自らが取り払った時に、それまで見ていた視野とは別の見方が出来るようになるように思います


それが、冒頭で書いた、


『対峙する困難な状況は、誰か「個人の責任」や何か「一つが原因」ではなく、その人とその人を取り巻く環境の相互作用の中にある』なのかもしれません



不倫問題には、多かれ少なかれ「憎しみ」が付きまといます


それを感じている時は本当に苦しい



こんな苦しみなんて要らない!

憎まなくて済むなら、憎みたくない!

どうすれば、そんな気持ちを消化できるの?


そう思いますよね



「憎しみを感じなくなる」事は無いのかもしれません・・・でも、無くなるのではなく、向き合う相手が他人から自分自身へ向いた時、感じ方は変わるのでは?と思うのです


誰かに憎しみを、恨みを持ち続けるのは辛いですね・・・


ただ、それを乗り越えて、今の困難な状況を自分自身の問題としても向き合うことができた時、そこで感じる更なる苦しみや葛藤への経験が、不倫夫や不倫女性へ向けて感じる気持ちを変化させるのだと、今、私の中にある気持ちが教えてくれています



★☆*:.。…………….★



夫と夫婦関係の修復を果たし、穏やかに暮らせる日々の中にも、時々ですが苦しかった時の記憶が蘇ることがあります(一瞬ですけどね)



相手の女性の名を呼び、「会いたい」とつぶやいた夫

寝ぼけながら「愛しているよ、◯◯◯」と相手の女性の名を呼んだ夫



「私も奥さんの様にあなたと一緒に写真を撮りたい」

「もしも、大きな地震があった時、あなたは私に真っ先に連絡をしてくれる?」

そんな風に夫に尋ねていたという相手の女性



今は、お互いにお互いの道を歩んでいるからこそ、その時の二人の想いや取り巻く状況を容易に想像することができる



私も、「消化」したわけではありません


でも、


「憎しみ」の気持ちは「消化」したり無くなるのではなく、あなた自身の気持ちが変化させるもの・・・ではないでしょうか?





苦しみからは逃げたくなります

痛いことは誰だって嫌です

避けられるものなら、気づかないふりして通りすぎたいと望むのが普通です



だけど、その場所にあえて自らの身を置くことで見える景色があるのもまた事実なのです





Hanでした



★☆*:.。…………….★



そうやって自らが自身の夫婦問題と向き合い、クライアント様のカウンセリングを通して、人の持つ強さも弱さも見てきた3人の仲間たちのセミナー開催予定です



いとうゆうじカウンセリングルーム主催 東京夫婦問題サポートセミナー】

■日時: 6月29日(金)11:00~13:00(10:45~受付)
■場所: 東京都内
■参加費: 10,000円
■定員:20名
■参加カウンセラー いとうゆうじ 菊井ちえ子  はら みやび  橋本有叶

11:00~ 代表いとうゆうじご挨拶
11:05~ 菊井ちえ子  
     「なぜ夫は不倫をしたのか~不倫をする夫の心中とその背景~」
11:35~ はら みやび 「不倫をした夫との距離を縮める秘訣~離婚要求から夫婦再生に至るまでのヒント~」
12:05~ 橋本 有叶「不倫問題を乗り越えて得られるもの」
12:35~13:00   休憩・質疑応答

セミナーの最後に、質疑応答の時間を設けさせて頂く予定でおりますので、この機会に、どうぞ各カウンセラーに疑問点・お悩み等お気軽にお尋ね下さいませ。質疑応答には、代表のいとうも参加致します。

限られた時間ではございますが、ご参加頂いた皆様と各カウンセラーとの交流のひとときにしたいと考えております。

カウンセラー一同、一人でも多くの方とお会い出来るのを楽しみにしております。


東京夫婦問題サポートセミナーへ参加ご希望の方は、下記の受付フォームより、お申込み下さい。
↓↓↓
https://ssl.form-mailer.jp/fms/5cc041e5573385ga


※ お申し込み受付は、先着順となります。
※ 定員になり次第、受付終了となりますので、参加をご検討中の方は、お早めにお申し込み下さいませ。


★☆*:.。…………….★


★カウンセラーHanまこの個人ブログ
こちらも合わせてお読みいただけると嬉しいです
↓↓↓
https://ameblo.jp/m-indah/


★Hanまこ カウンセリングスケジュール
↓↓↓
https://ameblo.jp/couple-counseling/entry-12340284161.html


■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□

いとうゆうじカウンセリングルームHPへ
http://couplecounseling22.wixsite.com/mysite

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□

本日の執筆カウンセラー Hanまこ プロフィール

https://ameblo.jp/couple-counseling/entry-12326618269.html

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□

カウンセリングのご案内

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□


電話からは、070-2161-0022(9時~22時まで)
「カウンセリングを受けたいのですが・・・」と、お伝えください。スタッフが対応させていただきます。

メールからは、カウンセリング申込みフォームから、各項目を記入の上、送信ください。
https://ssl.form-mailer.jp/fms/a8a90db7476969

受付完了後、担当カウンセラーから、カウンセリングの日程、振込み先のご案内、会場のご案内・電話・スカイプの場合カウンセリングの流れを、48時間以内に、メールにてご説明をさせていただきます。


■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□

いとうゆうじカウンセリングルーム2期生ブログ

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□


いとうゆうじカウンセリングルーム2期生ブログも、重ねてお読みください。

いとうゆうじカウンセリングルーム2期生ブログ
http://ameblo.jp/couplecounseling/


■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□

■【発行責任者】いとうゆうじ
■〒107-0062 東京都港区南青山2丁目2番15号 ウィン青山942
■ホームページ:http://couplecounseling22.wixsite.com/mysite
■ブログ:http://ameblo.jp/couple-counseling/
■ブログ:http://ameblo.jp/couplecounseling/
■メールアドレス:info@itoyuji-counseling.com

□本メールマガジンは知り合いの方への転送大歓迎です
□各種コンテンツに転載する場合は事前にご連絡下さい
□本メールマガジンは受信者個人の責任においてご利用ください
□当メールにより生じる損害等について責任は負いません

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□

◎このメルマガに返信すると発行者さんにメッセージを届けられます
※発行者さんに届く内容は、メッセージ、メールアドレスです

◎夫の浮気・不倫・不仲・別居・離婚問題で悩んでいる方が読む 夫婦修復のための解決法
のバックナンバーはこちら
⇒ http://archives.mag2.com/0001674313/index.html?l=wvc04f880e

◎夫の浮気・不倫・不仲・別居・離婚問題で悩んでいる方が読む 夫婦修復のための解決法
の配信停止はこちら
⇒ http://www.mag2.com/m/0001674313.html?l=wvc04f880e
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ