リトミックを取り入れた体感型ピアノ指導法「ピアノdeムーブ」

  • ¥0

    無料

著者サイト

リトミックを取り入れた体感型ピアノ指導法「ピアノdeムーブ」のセミナー情報、先行予約情報、セミナーで使った小道具の情報などお役立ちの情報をお届けします。

 

メールマガジンを登録(無料)

※ご登録いただいたアドレスは大切にお預かりし、まぐまぐ!メールマガジン配信にのみ利用します。

他のサイトIDでメルマガを登録する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ メルマガはサービスでご登録したメールアドレス宛に届きます。

このメルマガを解除する

メールマガジンを解除

他のサイトIDでメルマガを解除する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

 

メールマガジン最新号

------------------------------------------------------------

リトミックを取り入れた体感型ピアノ指導法「ピアノdeムーブ」

2017.5.16

------------------------------------------------------------
こんにちは。
リトミックを取り入れたピアノ指導法【ピアノdeムーブ】のさかもとみゆきです。

GWも終わり、すっかり日常に戻りましたね。

突然ですが、なぜリトミックでは《動く》のか、考えたことはありますか?

子どもは動くのが大好きだし、椅子に座っているより楽しくできるから?

もちろんそれは、リトミックの【効果】一つです。
楽しく学習できるなんて最高ですよね。

でも【動く理由】ではありません。

目には見えない音楽を、身体を動かすことで【感じる】ことができます。

特に、脚、背中、腕などの大きな筋肉を使って、全身を使うことで、
音楽の違いをはっきりと感じることができます。

【動く】って、とても大切なんですよ。

私たち指導者も、指導法を知る前に【感じること】を大切にしたいですね。

こんなナイスな方法を、ぜひピアノのレッスンにも取り入れたいと思ったのが
《ピアノdeムーブ》の始まりなんです。


6/29(木)のセミナーは、これまでより【感覚】にアプローチする内容にしようと思っています。

視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触感覚・筋肉感覚の、これまでの違う感覚が楽しめるかもしれませんよ。

10〜12時 リズム・タイとシンコペーションの感じ方

12時半〜14時半 天ぷらランチ会

15〜17時 即興演奏・1度、4度、5度の和音を使って、バリエーションを増やす


残席は、それぞれ5名さまです。

今回も、静岡・愛知・千葉・群馬・栃木など各地から素敵な先生方が来てくださいます。
お会いできるのが、とても楽しみです。

お早めのお申し込みをお待ちしています。

セミナーの詳細、お申し込みはこちらから。
http://ameblo.jp/miyuki-sakamoto/entry-12263076598.html

------------------------------------------------
ブログ http://ameblo.jp/ritkids/
ホームページ http://ritkids.jimdo.com
オウンド https://ritkids.amebaownd.com/
ご質問・お問合せ ritkids.music@gmail.com
-----------------------------------------------
メルマガ全文を読む
 
 
メルマガ名
リトミックを取り入れた体感型ピアノ指導法「ピアノdeムーブ」
発行周期
セミナーに合わせてお伝えします
最終発行日
2017年05月16日
 
発行部数
52部
メルマガID
0001674465
形式
PC・携帯向け/テキスト・HTML形式
カテゴリ
教育・研究 > 教育実践 > 先生・専門家の声

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

 

▲ページトップへ

▲ページトップへ