特殊清掃(孤独死・自殺)「遺品整理人」

  • ¥0

    無料

自殺・孤独死・事故死・殺人・焼死・溺死・ 飛び込み・・・特殊清掃・撤去・遺品処理・整理まで施工する「遺品整理人」

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
特殊清掃(孤独死・自殺)「遺品整理人」
発行周期
ほぼ 月刊
最終発行日
2016年09月18日
 
発行部数
17部
メルマガID
0001675042
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
生活情報 > 冠婚葬祭 > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

------------------------------------------------------------------
孤独死の現場から「命となぜそうなったのか?」を伝えるマガジン発行
特殊清掃(孤独死・自殺)「遺品整理人」
------------------------------------------------------------------
はじめまして、発行者の山田です。
文章中に閲覧注意がございますので気分が悪くしないようにご注意ください。
文章等でお見苦しい点などありますがよろしくお願いいたします。
-------------------------------------------------------------

今回のピックアップは、

・孤独死の遺体の向きはどこに向いている?
・年代はどの年代が多いのか
・見守りって意味あるの?
------------------------------------------------

・孤独死の遺体の向きはどこに向いている?
----------------------------------------------
孤独死という最後を迎えてしまった時、その遺体はどこ向きになっているのかをお伝えしたいと思います。

病気を患っていて具合が悪く、最後を迎えてしまった時によくあるのが「布団」のほうへ頭が向かってたどり着けないケースで亡くなっています。

そして、急な心筋梗塞などの場合は寝たままの状態で布団の上か、助けを呼ぼうとして玄関の方向へ頭が向かって倒れているケースがあります。

死期を覚悟している人は布団へ、急な場合は玄関方向へ向かって亡くなっていることが2つのケースの場合は少なくありません。



・年代はどの年代が多いのか
-------------------------------
孤独死という最後を迎えてしまう年代というのは、この年代がということはありませんが病気を患っている60代は比較的多いと思います。

しかし、若い世代20代も孤独死は少なくありません。日本で餓死はあまり聞かないとは思いますが若い世代の孤独死は「餓死」で長期に発見されないこともあるのです。

・見守りって意味あるの?
----------------------------
「見守り運動」「見守りサービス」などこれからという視点で結束している団体などがありますが、結局効果はありません。

普段ストレス社会で頑張って働いているのに「家の中まで監視」されたら息を付けるところがなくなってしまいますよね?
自分の家だけは誰にも踏み入れてもらいたくない時は、人によってあると思います。

家を訪ねたとしてもチェーンの掛かったドアを少し開けて話すのが精いっぱいの時もあります。
そこで具合が悪いかどうかなんて判断できるとおもいますか?

テレビの受信料を支払うときも居留守を使うときもあると思います。
結局、見守りサービスというものは、孤独死をしているかしていないかの確認でしかありません。

個人個人プライバシーがあり個人情報保護法という法がある現在、コミュニケーションが崩壊した人間関係では「見守り」は「確認」になると思っています。

人知れずどこかで亡くなっている孤独死に今日も立ち向かっている特殊清掃・遺品整理人がいる。
有名人だけが亡くなったときに取り上げられている中でスルーされている命もある。

亡くなっていく命に有名も無名も関係ない、「命は一人ひとりに与えられているということを・・・」


最後までお読みいただきありがとうございました。
ご意見・ご感想はお気軽にご連絡ください。

メールマガジン 特殊清掃(孤独死・自殺)「遺品整理人」

☆発行責任者:山田
☆公式サイト:http://www.shobunya.com/
☆問い合わせ:info@shobunya.com
発行:遺品整理東京クリーンサービス
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ