フリーランス・小さな会社の「税理士レス経理」

  • ¥0

    無料

フリーランスのじぶんで経理、会社の銀行融資の支援を得意にするモロトメジョー税理士事務所のメルマガです。 「仕事・税金・お金」の悩みに役立つ情報を中心に、ときには、趣味やおすすめなモノの紹介まで、毎日ブログで更新中! ブログの更新情報と、ブログに書けない「執筆後記」を本メルマガにてお届けします。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
フリーランス・小さな会社の「税理士レス経理」
発行周期
日刊
最終発行日
2017年08月16日
 
発行部数
102部
メルマガID
0001676536
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > 経営 > 会計・経理・財務

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

━━━━━━━━━━━ vol.320 ━ 2017.08.16 ━━

フリーランス・小さな会社の「税理士レス経理」

━━━━━━━━━━━ https://www.useacc.com/ ━

こんにちは!
モロトメジョー@税理士レス経理エバンジェリスト・
税理士です。

《セミナー情報》https://useacc.com/seminar-information/
8月25日・金 フリーランスのための確定申告・経理セミナー
8月25日・金 経営者のための 銀行融資・資金繰り入門セミナー

________________________
 【 きょうの更新ブログ 】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

きょうお伝えするのは、「銀行に試算表を提出する前
にチェックすべき9つのこと」について。

銀行にこの試算表を提出して大丈夫かなぁ・・・

そうですね。一度、確認をしておいたほうがよいこと
もあるでしょう。

というわけで、銀行に試算表を提出する前にチェック
すべき9つのことについて、お話をしていきます。


↓↓↓ 詳しくはこちらのブログ記事からどうぞ ↓↓↓

銀行に試算表を提出する前にチェックすべき9つのこと
https://useacc.com/2017/08/16/check-point-of-trial-calculation-chart-for-bank-loans/

________________________
 【 執筆後記:きょうのオフレコ 】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
きょうのブログ記事は「銀行に試算表を提出する前に
チェックすべき9つのこと」についてでした。

試算表ができているからといって、不用意な銀行への
提出は気をつけましょう。

細かいチェックポイントは記事中で触れた通りですが、
大きな視点として、「毎月の利益がプラスになってい
るか」を確認することが大切です。

「利益」は借入金の返済原資として重要なものであり、
決算書での1年間の利益はもちろん、試算表での各月
の利益も銀行の関心事です。

1年を通じてみれば、売上や利益に波があることは当
然とも言えますが、「利益がマイナス」になることは
極力避けたいところです。

テクニックとして。

試算表の集計期間を複数月まとめて提出するという方
法もあります。つまり、あるひと月で見れば単月赤字
でも、その月を含む前後の数か月合計で黒字であれば、
その数か月の期間で集計した試算表を提出します。

たとえば、3月決算の会社で、6月までの試算表を提
出するとします。ところが6月単月では赤字。けれど
も、4月から6月の合計では黒字。

この場合、6月単月での試算表を出さないで、4月か
ら6月までの合計額での試算表を出します。

数か月の利益を合算することで、「波」を見せないと
いうことです。もちろん、毎月の利益を見せて、と言
われたらおしまいですが、できることはやってみると
いうことです。

また、そもそも、「なんとか利益がプラスにならない
か」を考えるべきです。粉飾をする、という意味では
なく、会計処理の工夫で、利益の「波」を小さくする
方法です。

このあたりのことをまったく考えず、マイナスはマイ
ナスでしかたないと済ませてしまう会社は少なくあり
ません。

年間の合計利益は変わりませんが、波を小さく見せる
ことで安定感につながります。また、自社で業績評価
をするときにも、そのほうが見やすいという利点もあ
るものです。

検討してみましょう。


【無料メルマガ】経営・お金のヒント Weekly Newsも配信中!

経営のヒント・銀行対応・補助金・減税など経営に役立つ情報がいっぱいです。
毎週月曜日と木曜日に配信しています。お申し込みはコチラから。
https://useacc.com/mailmaga/


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
【メールマガジン】
フリーランス・小さな会社の「税理士レス経理」

発行責任者:モロトメ ジョー
公式サイト:https://www.useacc.com/
twitter :https://twitter.com/useacc_com
facebook :https://www.facebook.com/joe.morotome
登録・解除:http://www.mag2.com/m/0001676536.html
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ