琉球大学教職大学院 藏滿office メールマガジン

  • ¥0

    無料

琉球大学教職大学院 藏滿研究室のメールマガジンです。 このメールマガジンでは,・私の教育に関すること・沖縄の教育に関係すること に加えて,・沖縄での生活で出会った人やもの・沖縄に関係のある本や音楽・広く沖縄に関係のあること・教育に関すること を紹介していきます。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
琉球大学教職大学院 藏滿office メールマガジン
発行周期
ほぼ 週刊
最終発行日
2017年10月25日
 
発行部数
69部
メルマガID
0001676703
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
教育・研究 > 教育実践 > 授業案・教材研究

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

□ □□ □□□ □□□□ □□□□□ □□□□□□ □□□□□□□

 琉球大学教職大学院 藏滿office メールマガジン 08号

                 2016-10-25 

□□□□□□□ □□□□□□ □□□□□ □□□□ □□□ □□ □ 

□新刊が発売されました。
書名  『ワークシート付き
     賢い子に育てる新聞を使った授業プラン30+学習ゲーム7』
出版社 黎明書房

雑誌『授業づくりネットワーク』27号 沖縄にこだわる授業づくり6P執筆■□

   https://goo.gl/Fdz8te ヤフーの検索は「蔵満逸司」
□□□□□□□ □□□□□□ □□□□□ □□□□ □□□ □□ □ 

四ヶ月ぶりの発行です。

石川晋さんが編集するおすすめメールマガジンの紹介です。
私の掲載号です。
読み甲斐のある内容の原稿が毎号掲載されています。
私の原稿は箸休めと言うことで・・・・。
サンプルとしてご覧ください。
無料で、来年3月までの期間限定メルマガです。

□□□□□□□ □□□□□□ □□□□□ □□□□ □□□ □□ □ 

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
メールマガジン「教師教育を考える会」36号
           2017年10月24日発行
http://www.mag2.com/m/0000158144.html
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
「大好きな先生のことを思い出して、その人に恥じない先生になっている
かどうかを自らに問うと、道は見えてくるのではないか」と、次の授業で
院生に話そうと今思いついた。

    琉球大学教職大学院准教授/作家
                            蔵満 逸司
http://www.mag2.com/m/0000158144.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 36号は、蔵満逸司さん(琉球大学教職大学院・作家)。鹿児島で早く
からその名を知られた実践家です。教育系メールマガジンを初めて発行さ
れた方ともいわれ、現在は琉球大学です。作家としての旺盛な活動も小学
校教諭時代から続けている「越境」という言葉が似あう人です。
                            (石川 晋)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


1 「かわいいみく先生」のこと

─────────────────────────────────
 童話  バジルハンド
藏滿逸司
「どれにする?」
 かわいいみく先生に聞かれて、みんな考えこんだ。ぼくたち二年生をど
きどきさせるのが、かわいいみく先生の趣味なのだ。
 これまでも、たんぽぽのねっこを コーヒーにして飲むぞと宣言して、
コーヒーを飲んだことのないぼくたちに、たんぽぽコーヒーづくりという
すごい体験をさせたり、北海道の小学生に手紙を書くよと宣言して、知り
合いがいるわけでもない礼文島の二年生に手紙を書いて送りつけたりして
きた。
 タンポポコーヒーは、さとうを入れるとけっこうおいしかったし、指宿
市から遠い北海道に住む小学生との手紙のやりとりはゲームより面白かっ
た。
かわいいみく先生というのは、もちろんあだ名だ。となりのクラスの先
生がよぶから自然にぼくたちもそうよぶようになった。
 で、かわいいみく先生の今回の「どれにする?」は、生活科の時間での
発言で、目の前に、たくさんのなえがならべられていた。
「ここに四種類のなえがあります。ワイルド ストロベリー、バジル、ミ
ント、おじきそうです。一人一つ選んで育てようね。」
 僕が知っているのは、おじぎそうだけだ。積極的なさっちゃんが質問し
た。
「さわっていいですか?」
 さっちゃんは、質問と同時に手をのばしたけど、かわいいみく先生にお
しもどされた。
「だめです。ここから見て決めてください。 においもかいではいけませ
ん。」
と、近づくことを禁止したので、においがする植物があるらしいことがわ
かった。
「どれが食べられるんですか?」
とらんちゃんがいい質問をすると、
「食べられるものがあるとはいってませんよ。ないしょです。でもするど
い!」
と、にこにこして答えたので、食べられるものもあるらしいとわかった。
(以下略)
      出典『文芸 いぶすき』第8号 発行元 指宿市立図書館
─────────────────────────────────
かわいいみく先生のモデルは複数。私が好きな先生の一つのタイプをみ
く先生というキャラクターに集約させて書いたのが童話『かわいいみく先
生』。
 モデルになっている先生のことを時々思い出す。少しは近づいたかなあ
と思ったり、いやまだまだと反省したりと真剣に自分を省みる時間だ。
 
2 理論や実践を、講演や書籍で学ぶのも大切だけれど、出会った恩師や
 同僚に学ぶことも同じぐらい大切だと思うのです。
 
池端弥平先生は、加治木高校2年で担任だった社会科教師。ロシアとフ
ランスだったか。長期休みに外国から届いた絵はがきから、高校生の私が
受けた刺激は強烈だった。
 小3でロビンソークルーソーを読んで抱いた世界一周の夢を、実現まで
導いてくれたのは、五木寛之の『青年は荒野をめざす』と池端弥平先生。
確かに、個性的過ぎる教師だったけれど、私にはありがたい道しるべと
なってくれた。独身の池端先生の生き方に影響を受けた私は、高校時代は
独身主義者でもあった。
 高校卒業後も何度も話をしに自宅に伺った。洋書も多い蔵書の山に埋も
れるような生活ぶりに圧倒された。
 私が小学校の教員になったとき、報告の言葉に返ってきたのは、「蔵満
に勤まるはずがない。一年持たないだろうなあ」だった。「池端先生、2
9年持ちましたよ」と胸を張って言いたいところだが、もうかなわない。
池端先生のことを思い出すと、及ばなかったなあと反省しつつも、これ
ぐらいが丁度良かったのかもと安堵する私がいる。

 研修担当になったとき、同僚から学びたいという趣旨で提案した。年に
一人一回、授業またはレポートで、それぞれのこだわりの実践を紹介する
校内研修。いろいろあった。外部の専門家から学ぶべきだという意見が最
後まであったが、同僚がこだわって取り組んでいる教育実践を学ぶ機会が
ほとんどない。たまにはいいのでは提案を続けて実現した。もちろん管理
職も計画に入ってもらった。いい研修だったと自画自賛している。それぞ
れの取り組んできたこと、こだわっていることかがわかり、同じ職場で働
く面々の思いに触れることができただけでなく、現場レベルの実例とセッ
トになった話は心に伝わってきた。結局研修の中心に持ってくることがで
きたのはこの一回だけだったが、同僚から学ぶことの魅力を再確認するこ
とができた。

3 素敵な管理職と一緒に仕事をしたことがある人が、その経験を忘れず
 に管理職になるといいなあと心から思うのです。

 奄美大島の名瀬小学校に赴任したとき、迎えてくれたのが丸山克介校長
先生。読み聞かせが大好きで、いつもにこにこして、人のいいところを引
き出すことが上手な先生だった。私が給食時間に校内放送で奄美に関する
クイズを出して解説をすると、何度も放送室に走ってきて、今の説明は少
し違うよ、発音が違うよと、にこにこ嬉しそうな顔でアドバイスをしてく
ださった。あと一年で奄美の日本復帰50周年だった。丸山先生と記念の
年を復帰運動の拠点だった名瀬小学校で迎えたいと思ったが退職の年だっ
た。翌年、鹿児島市で二人で飲んだとき、言葉のはしばしから、私のこと
をちゃんと見ていてくださったことがわかった。私は校長になることはな
いだろうが、なるなら丸山先生のような校長になりたいと思っていた。
 退職されてから15年近くになる。先月、久しぶりにお目にかかり、二
人で3時間近く話した。変わらない人柄が嬉しかった。
 くどくなるので、紹介するのはお一人だけにするが、何人も素敵な管理
職と出会っている。素敵だと思った自分の感情は正直だ。簡単には裏切る
ことができない。
 これから管理職になるであろう院生も多い。これまでに出会った素敵な
管理職のどこが素敵だったのかを分析し、学ぶべき点を振り返って欲し
い。(ここは小文字のつもりで。→もちろん、あまり素敵と思わなかった
管理職のことも・・・。)

 蔵満逸司 くらみついつし

□メルマガ 小学校教師用ニュースマガジン 創刊1999年
 発行部数 2550(まぐまぐ)+1000(メルマ)
  http://www.mag2.com/m/0000016207.html
■著書      http://u0u1.net/Gzz1  
□ホームページ  http://www.itsushi.net/
■最近の趣味   アジア旅(台湾・ベトナム・韓国・タイ)
□書きたい本  「教師のアジア旅入門」
「勤務時間でやってのける小学校教師の仕事入門」

==================================================================
 蔵満さんのこのメルマガの原稿への切り口、想像していたものと見事に
違っていました。しかし、懐の深さ、人を見つめる目の温かさ…しみじみ
と読ませていただきました。蔵満さんの下から育っていく院生たちの未来
にたくさん期待できそうだ、と感じました。
 次号は、10月27日金曜日。小坂善朋さん(北海道安平町公私連携幼
保連携型認定こども園副園長)。現場を丁寧に歩んできた小坂さんが考え
る「幼児教育」の担い手の姿を語っていただけるものと思います。
==================================================================
メールマガジン「教師教育を考える会」
36号(読者数2554)2017年10月24日発行
編集長:石川晋(zvn06113@nifty.com)
登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000158144.html
(まぐまぐ:教師教育を考える会)
==================================================================

◎このメルマガに返信すると発行者さんにメッセージを届けられます
※発行者さんに届く内容は、メッセージ、メールアドレスです

◎教師教育を考える会
のバックナンバーはこちら
⇒ http://archives.mag2.com/0000158144/index.html?l=xhb166171f

◎教師教育を考える会
の配信停止はこちら
⇒ http://www.mag2.com/m/0000158144.html?l=xhb166171f

今後の予定


■メールマガジン「教師教育を考える会」http://www.mag2.com/m/0000158144.html
に近日原稿掲載。

〇10月25日 中城村 助言  幼小中公開授業 小一算数
〇11月    台湾・台北 
〇11月12日 大阪  エデュコレ2017 -多様な教育の博覧会参加 
〇12月 1日 大牟田 吉野小ESD研究公開参加       
〇12月 2日 大牟田 第9回ユネスコスクール全国大会
〇12月10日 東京 教職大学院協会大会 
○12月    韓国・釜山
○12月    新作童話掲載誌発行予定
〇 1月    台湾・淡水
〇 2月 3日 琉球大学  講座  「琉球切手で学ぶ沖縄」 ※募集前
                  https://ercll.u-ryukyu.narayun.jp/
〇 2月17日 やんばる  講座  「やんばるで学ぶ世界自然遺産教育」 ※募集前 
        琉球大学・大島順子先生と担当

◆高校向け出前授業 琉球切手で学ぶ沖縄 随時募集中


〇『特別支援教育を意識した小学校の授業づくり・板書・ノート指導』(黎明書房)4刷
になりました。ありがとうございます。

〇大学主催の市民公開講座,高校生向けの出前講座
自然遺産教育と琉球切手の講座を担当します。申し込みはまだ始まっていません。
https://ercll.u-ryukyu.narayun.jp/ 

〇南日本新聞 ミナミさんちのクイズ 7年目に入りました。 

〇南日本新聞 ミナミさんちのクイズ スペシャル3 校正中です。10月発行予定です。

○『教師のためのiPhone & iPad超かんたん活用術』(黎明書房)3刷になりました。

□□□ □□□ □□□ □□□ □□□ □□□ □□□ □□□ □□□
 
  発行人・藏滿逸司(くらみつ いつし) 
   
     ・国立大学法人 琉球大学 教職大学院 准教授

研究室HP・http://www.itsushi.net/ 

メールアドレスは,研究室HPにあります。

□□□ □□□ □□□ □□□ □□□ □□□ □□□ □□□ □□□


メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ