ジェイ・エイブラハムの最新情報と、チーム島藤の翻訳裏話など

  • ¥0

    無料

Jay Abrahamはフォーブス誌選出全米トップ5のビジネスコーチ。その日本語伝道師でもある東アジアディレクター島藤真澄と、シマフジIEM本部チームからの翻訳の苦労話や、最新情報のお知らせ

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
ジェイ・エイブラハムの最新情報と、チーム島藤の翻訳裏話など
発行周期
ほぼ 週刊
最終発行日
2017年03月01日
 
発行部数
26部
メルマガID
0001676836
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > 経営 > 経営学・経営理論

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ジェイ・エイブラハムの最新情報と
翻訳裏話をお届けする
 
チームShimaFuji通信 
             
────────────────────
【今週の目次】

1. メールマガジンについてのお願い

2. 翻訳裏話:倫理的は論理的

3. ShimaFjiIEMからのお知らせ

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

1. メールマガジンについてのお願い

メールマガジンをご購読くださいまして、心から感謝いたします。

これまで2つあったShimaFujiIEMのサイトが、1つに統合され
生まれ変わろうとしています。

それに伴いまして、メルマガのサービスも現在の「まぐまぐ」から
Mail Chimpに移行することになりました。

お手数をおかけして申し訳ございません。
http://shimafuji.jp/
のトップページ「ニュースレター受信」の欄に
再度、メールアドレスのご記入をお願いいたします。

よりいっそう充実した、読み応えのある「チームShimaFuji通信」に
なるよう、チームShimaFuji一同、精一杯頑張っていきますので
どうぞご登録、よろしくお願いいたします。

----------------------------------------

2. 翻訳裏話:倫理的は論理的

ジェイさんの文章を初めて読んだとき、
目を引かれたのがethical(倫理的な)という単語が
何度も出てくることでした。

倫理的という言葉は、それほど日常的な言葉ではありません。
政治家の汚職事件の際に言われる「政治倫理が問われる」
といった表現や、犯罪報道の中で「倫理観が欠如している」
などといった表現などで目にする程度でしょうか。

倫理とは、人が生きていくうえで、ある行為をすることが
「よいか、悪いか」― 自分にとって、あるいは誰かにとって
「有利か、不利か」「得になるか、損になるか」ということではなく、
「人間としてこうすることが善であるのか悪であるのか」、
という判断の基準となるものです。
それが法律に関する文章などではなく、
マーケティングの文脈の中で登場することに驚いたのでした。

やがてジェイさんが、マーケティングは非常に大きな力を持つものであり、
その力をもってすれば、良いことも悪いこともできる、
と述べておられる箇所にも行き当たりました。また別の文脈でも、繰り返し、
「マーケティングは人をmanipulate(操る)ものではありません」
と言っておられることも目にしました。

そのころ偶然、私は宮部みゆきの『ペテロの葬列』という小説を読みました。
その中に興味深い人物が出てくるのです。
不幸な幼少期を過ごした頭脳明晰な人物が、世間を見返してやろうと
相手がどんな人間であるのかをたちどころに見抜く直観力と、
持ち前の巧みな弁舌とカリスマ性を生かして、
1970年代に怪しげな自己啓発セミナーのトレーナーとなり、
多くの人を詐欺商法に巻き込んでいくのです。

それを見て、私ははっきりと腑に落ちたのです。
だからこそ倫理的であることが必要なのだ、と。
ともに鋭い直観力と、適格な言葉の使用、カリスマ性を備えている
ジェイさんとその登場人物を、決定的に分かつのは、その点でした。

小説の中にも
「人を教え導くというのは、本来、非常に尊い技だ。難しい技でもある。
そうそう誰にでもできることではない。
だからこそ教育者には適性というものがあるはずだ。
だが、適性だけでは道を誤ることがある。
教育の目的の正邪を見極める良心を欠いてしまえば」
という言葉が出てくるのですが、
ジェイさんは個々人の心のはたらきというニュアンスの強い、
いくぶん曖昧なところのある「良心」という言葉ではなく、
もっと社会性の強い「倫理」という言葉を選ばれたのだと思いました。

では、自分の行為が「倫理的」に見て間違いがない、と担保するのは、
いったい何なのでしょうか。

ジェイさんはあるインタビューの中で、このように話しておられます。
----
人生には3つの要素があります。倫理、公平、法律の3点です。
法律というものは、法律家がちょっと変わった解釈をしたぐらいでは、
変えることはできません。

しかし倫理と公平は非常に主観的です。
私がいつも見極めたいと考えているのは、その企業や業界が、
私の目から見て、理にかなった運営をしているかどうかです。
----

つまりここでジェイさんは、「論理的であることが倫理的であることを保証する」と
述べておられるのです。

「倫理的な人」というと、私などはどうしても「雨ニモマケズ」に出てくるような、
宮沢賢治が「ワタシモナリタイ」といった人のことを、つい想像してしまうのですが、
この人の生き方は果たして論理的と言えるのでしょうか。
この人の周囲の人々を幸せにすると言えるのか。
また、持続可能性といった観点から見ると、どうでしょう。
(ちなみに宮沢賢治自身は、「オロオロアル」くだけでなく
土地改良に尽力したことが知られています)

以前、翻訳チームのメンバーが「翻訳裏話」の中で、
ジェイさんの言葉を紹介していました。

----
あなたの会社で働く人は、あなたに一生を捧げているのです。
彼ら、彼女らがあなたに必要とされていること、
大切に思われていることを感じさせてあげなくては。
シングルマザーの社員がいるのであれば、
彼女のためにもっと何かできることはありませんか?
彼女の息子さんのために何かしてあげていますか?
(翻訳裏話:commitment」)
----

先日のテレビ会議のセッションの中で、このジェイさんのアドバイスを
実行に移した方から、その結果、利益が3倍にもなった、という報告があったのです。

倫理を論理的に実践することが大きな結果を出した、というまぎれもない実例が
ここにありました。

論理的とは、ちょうど1+1の答えが、誰がどこでやっても2になるように、
三角形の内角の和が、いつでもかならず180度であるように、
いつ、誰が、どこで行っても、かならずそうなるような、普遍的なことです。

嘘をつこうと思えば、自分以外の人が正直でなければ、嘘は成立しません。
全員が嘘つきであれば、嘘はもはや嘘としての意味を失います。
「犯罪は割に合わない」と言いますが、みんなが犯罪を犯し合っているような社会は、
誰も長くは生きていられないことを考えると、この言葉は、倫理的にばかりでなく、
論理的に考えてもその通りなのです。

自分だけが得をするような行為は、論理的とは言えませんし、
逆に、自分だけが我慢する行為というのもまた、論理的とはいえません。
その意味で「私は論理的な人間です」とおっしゃるジェイさんは
、同時に倫理的な人だと言えるのです。

長い年月にわたって、一流のマーケターであり続けてきたジェイさんからは、
マーケティングだけでなく、実に様々なことが学べると思うのでした。

              (ハットリサトコ)
----------------------------------------
3. ShimaFjiIEMからのお知らせ

(1)新刊の出版が正式決定しました

ジェイ・エイブラハムの新刊がKADOKAWA書店から
5月13日に出版されることが正式に決定しました。

本当に、本当にここに来るまで大変な道のりでした。
文字通りShimaFujiIEM翻訳チームの汗と涙のにじんだ
手作業です。皆様のお手元に届くことができて、
本当にうれしく思っています。

ひとりでも多くの方にお手に取っていただくことを
心から願っています。

(2)出版を記念し、ジェイ師の来日イベントが
開催されます

6月3日、神戸でのサミットを皮切りに、
出版記念パーティや少人数セッションなども
予定されており、盛りだくさんな内容となっています。

詳しくは
http://shimafuji.jp/seminar/#title2
をご覧ください。

(3)サイトを構築しています

冒頭でもお知らせいたしましたように、
現在サイト統合に向けて、鋭意構築中です。

月額5800円でメンタークラブにご加入くだされば
ジェイ・エイブラハムの動画をはじめ、
ニュースレターやビジネスに役立つ講座など
すべてご覧いただけます。

また、各地で隔月に行われる定例会にも
ご参加いただけます。

まだメンタークラブにご参加いただいていない方も、
ぜひこの機会に、メンタークラブへのご参加を
ご検討ください。

http://shimafuji.jp/2017/02/25/jaylabraham_mentorclub/

【メンタークラブ定例会の3月日程】
3月10日:メンタークラブ関西勉強会
場所:中央公会堂大会議室 18:30~21:00

テーマは「言葉を磨く」(差別化と表現)
キャッチコピーを考えます。
フックのかかる言葉とは何か。
行動を喚起させる言葉とは何か。
その本質を体現して行きます。

3月13日:東京勉強会
場所:日比谷図書館会議室 18:30~21:00

3月14日:名古屋勉強会
場所 :県産業労働センター特別会議室 18:30~20:30

博多、 北海道などでも開催が予定されています。


────────────────────
チームShimaFuji通信

◯ 質問・感想・意見をお寄せください。
   mail@shima-fuji.co.jp

☆発行責任者:島藤 真澄
☆公式サイト:http://shimafuji.jp/
☆問い合わせ:mail@shima-fuji.co.jp

株式会社ShimaFuji IEM
Japan Office:
〒 658-0047 
兵庫県神戸市東灘区御影3-2-11-30
Tel: 078-843-5665
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ