ビジネスのきづき

  • ¥0

    無料

地方銀行に17年間勤務し、約800社の中小企業の支援を担当、その経験から習得した支援ノウハウを活かして経営コンサルタントとして独立、がんばる日本の中小企業を応援するため、今回も、ビジネス書6冊(累計発行部数3万部)のビジネス書作家として、ビジネスを加速させるためのきづきを、3分間で読めるメールマガジンにしてお届けします。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
ビジネスのきづき
発行周期
日刊
最終発行日
2018年05月24日
 
発行部数
9部
メルマガID
0001677623
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > 経営 > コンサルティング

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

読者のみなさま、こんにちは。






気温が高くなってくると、自宅でのわさび

と麺つゆの消費量が多くなり、常に切らさ

ないか毎日気を付けている六角です。


地方銀行に17年間勤務し、約800社の

中小企業のご支援を担当、その経験から習

得した支援ノウハウを活かして、経営コン

サルタントとして独立、がんばる日本の中

小企業を応援するため、今回も、ビジネス

書7冊(累計発行部数3.2万部)のビジ

ネス書作家として、ビジネスを加速させる

ためのきづきを、3分間で読めるメールマ

ガジンにしてお届けします。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●短期的な財務目標と長期的な財務目標

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



あらためて述べるまでもなく、会社にとっ

て資金は血液のようなもので、資金が不足

すると事業を運営できなくなることから、

経営者の方は資金調達に常に注意を払って

いると思います。


この資金繰は、短期的なものと長期的なも

のがあります。


短期的なものは、いわゆるキャッシュフ

ロー(CF、現金・預金残高)の確保で、

このことは一般的に言われている資金繰の

ことです。


長期的なものは、利益の確保です。


利益は会社のストック(いわゆる内部留

保)になるので、その分、銀行など外部か

らの資金調達を減らすことができます。


また、詳細な説明は割愛しますが、利益が

少ない、または、赤字の会社は信用力が小

さくなるので、前述の短期的な資金繰を維

持することがより困難になります。


資金繰というと、1か月後、1週間後、明

日などの支払い資金をどうするかというこ

とにばかり目が行きがちですが、そもそも

利益を得ていなければ、この短期的な資金

繰も維持できません。


ただ、財務分析ではCFは流動性分析とし

て、利益は収益性分析として行われている

ので、両社は別のものと考えている人が多

いのかもしれません。


そこで、私は、CFは短期的な財務目標、

利益は長期的な財務目標と説明することも

あります。


この両者は、どちらかだけが達成されれば

よいということではなく、どちらも達成で

きなければ、会社の事業は維持できないも

のと認識することが必要です。


ところで、ここまでは多くの方が理解され

るのですが、実際には、短期的な資金繰に

ばかり気をとられている経営者の方が少な

くないと感じています。


というのは、例えば、月末に仕入れ代金の

支払日が来るが、資金が足りないというこ

とで銀行に融資を申し込み、承認が得られ

れば安心してしてしまう、すなわち、毎月

の支払日を乗り切れさえすればよいと考え

ている方が多いのではないでしょうか?


もちろん、CF、すなわち短期的な財務目

標を達成することができれは、短期間は事

業が継続できますが、前述の通り、利益の

確保、すなわち長期的な財務目標を達成で

きなければ、会社の信用は低下し、早晩、

事業は行き詰ってしまいます。


話がそれますが、長期的な財務目標の達成

を目指していない経営者の方は、自社の信

用力が下がってきたときに、銀行は冷たい

と感じたり、そのために融資対策もしなけ

ればならないと考えてしまうのではないで

しょうか?


話をもどして、なぜ短期的な財務目標だけ

に目が向いてしまう経営者が多いのかとい

う理由については、次のようなことが考え

られると思います。


ひとつは、前述のように、CFと利益は密

接な関係があるのですが、そのことを理解

せず、CFだけに目を向けてしまうからだ

と思います。


ふたつめは、利益が得られなくても必ずし

も直ちに倒産するとは限りませんが、CF

はそれが底を尽きると直ちに倒産してしま

うため、利益についてはCFと比べて後回

しにされがちなのでしょう。


そしてみっつめは、利益確保、すなわち対

顧客(市場)への働きかけこそ、会社の課

題として最も難しいからではないでしょう

か?


銀行から融資を受けるための折衝も決して

容易ではありませんが、それでも、銀行は

融資先を支援するという使命を担う立場で

もあることから、融資を申し込む側に寄り

添うこともあります。


一方、顧客の獲得は、競争が激しい経営環

境の中にあっては、会社にとって最も難し

い課題です。


そこで、事業の継続という側面から見れ

ば、資金繰が苦しい会社は、顧客への働き

かけよりも、銀行を頼ってしまうという傾

向が強くなるのではないでしょうか?


今回の結論は、資金繰は銀行だけへの働き

かけ、すなわち融資を得るだけでは解決し

ないため、あわせて、利益の確保という根

源的な課題にも目を向けなければならない

ということです。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●ポッドキャストを配信しました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



私が制作しているポッドキャスト番組(イ

ンターネットラジオ番組)「数字に強い社

長になるポッドキャスト」の第476回を

配信しました。


今回は、弁理士の新井信彦さんにお越しい

ただき、新井さんが昨年10月にご出版さ

れた、「パクリ商標」

( https://amzn.to/2qit4H5 )から、商標

の上手な活用法についてお伺いしました。


ご関心のある方は、ぜひ、こちらからお聴

きください。

→ https://goo.gl/DwRJQU


この番組は、Youtubeでも聴くこと

ができます。

→ https://youtu.be/uiGSvTpyft8

(Youtubeへは、音声のみアップ

ロードしています)




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●当事務所の6月の予定

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




「融資に強くなる勉強会」

6月4日(月)13:00~15:00

詳細とお申込み→ https://goo.gl/dRxKrX




「スカイプ相談実施日」

6月5日(火)

詳細とお申込み→ https://goo.gl/fShaEi




「信用保証協会徹底活用セミナー」

6月13日(水)13:00~15:00

詳細とお申込み→ http://bit.ly/L3TmzF




「スカイプ相談実施日」

6月22日(火)

詳細とお申込み→ https://goo.gl/fShaEi




「経営入門セミナー」

6月25日(金)19:00~21:00

詳細とお申込み→ https://goo.gl/p5U4VB





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



気温が高くなってくると、さっぱりした食

べもの、具体的には、冷ややっこや蕎麦を

食べる機会が増えます。


特に、冷たい麺類を食べる頻度が多くなる

ので、麺つゆとわさびはすぐになくなって

しまいます。


切れないようには気をつけてはいるのです

が、それでも、なくなってしまうことがと

きどきあるので、買い物に行く前には、麺

つゆとわさびがどれくらい残っているのか

確認しています。


冷蔵庫の中の「在庫管理」も結構たいへん

です。






◆このメールマガジンで取り上げて欲しい

トピックやご質問、ご感想等がありました

ら、こちらからおよせください。

→ http://yuushi-zaimu.net/contact/




◆メールマガジンの配信を停止するときは、

こちらをクリックしてください。

→ https://www.directform.info/unsubscribe.do?id=16052870&token=c7dfc4a58a808fce65f50ee6496d576e



ただし、まぐまぐ読者の方は、こちらから

配信停止の手続きをお願いします。→

http://www.mag2.com/m/0001677623.html







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


♪発行責任者

中小企業診断士 六角明雄(ろっかくあきお)

♪関連サイト 売れる組織作りネット

http://www.yuushi-zaimu.net/


●連絡先

104-0061
東京都中央区銀座7-13-5
NREG銀座ビル1階
中小企業診断士六角明雄事務所

電話 050-5539-8814

ファクシミリ 020-4666-8216

電子メール rokkaku@yuushi-zaimu.net


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ