ビジネスのきづき

  • ¥0

    無料

地方銀行に17年間勤務し、約800社の中小企業の支援を担当、その経験から習得した支援ノウハウを活かして経営コンサルタントとして独立、がんばる日本の中小企業を応援するため、今回も、ビジネス書6冊(累計発行部数3万部)のビジネス書作家として、ビジネスを加速させるためのきづきを、3分間で読めるメールマガジンにしてお届けします。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
ビジネスのきづき
発行周期
日刊
最終発行日
2017年11月20日
 
発行部数
5部
メルマガID
0001677623
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > 経営 > コンサルティング

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

読者のみなさま、こんにちは。







最近、スーパーのプライベートブランドに

凝っている六角です。


地方銀行に17年間勤務し、約800社の

中小企業のご支援を担当、その経験から習

得した支援ノウハウを活かして、経営コン

サルタントとして独立、がんばる日本の中

小企業を応援するため、今回も、ビジネス

書7冊(累計発行部数3万部)のビジネス

書作家として、ビジネスを加速させるため

のきづきを、3分間で読めるメールマガジ

ンにしてお届けします。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●仕事の意味

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



これは、私がこれまで何度も述べているこ

となのですが、「経営」とは何なのかとい

うことを伝えることに苦心しています。


その原因はたくさんあると思うのですが、

大きな要因は、日本では、経営は「もの」

にかかわる活動をイメージする方が多いか

らだと思います。


経営資源は「ひと」「もの」「かね」とい

うことは広く知られており、したがって、

「もの」が経営の対象になっていることに

間違いはありません。


ただ、最も関わりのある対象は「ひと」で

あり、これを言い換えれば「組織」という

ことでもあります。


ちょっと話がそれますが、経営の対象とな

る「組織」は、単に会社の役員・従業員だ

けではなく、顧客、仕入先、株主、銀行な

どの、ステークホルダーも含みます。


話しを戻して、「ひと」は目に見えますが

「ひととの関わり」や「組織」は目に見え

ないことから、経営の対象としてはイメー

ジしにくいのではないかと思います。


ただ、「経営」を「マネジメント」と置き

換えるとイメージしやすいのではないで

しょうか?


「会社(部)をマネジメントする」という

と、マネジメントとはどういうことか思い

浮かびやすいでしょう。


一方で、「製造プロセスをマネジメントす

る」と、マネジメントの対象を「もの」に

すると、決して誤ってはいませんが、やや

違和感があると思います。


ここで、話がそれますが、マネジメント

(Manegement)に関連する言葉

に、Contolや、Administr

ationという言葉がありますので、さ

らにご関心のある方は、この3つの言葉の

意味の違いについて学んでみることをお薦

めします。


話しを戻して、マネジメントの指すものに

ついて、ぼんやりイメージが浮かんだとし

ても、それでも、マネジメントとはどうい

うものかということを説明することは難し

いと思います。


そこで、私は、ドラッカーの2つの寓話を

よく使っています。


これも有名ですが、ひとつは、3人の石工

のお話しです。


「ある建築現場で、何をしているのかを聞

かれた3人の石工のうち、1人目の男は

『これで食べている』と答えた。


2人目は手を休めずに『腕のいい石工の仕

事をしている』と答えた。


3人目は目を輝かせて『国で一番の教会を

建てている』と答えた」


(ダイヤモンド社「マネジメント」より)


これは、仕事の意味を考える寓話です。


1人目の男は仕事を生活の糧と見ていま

す。


2人目の男は仕事に誇りを持っているよう

です。


3人目の男は仕事に大きな意味を見つけて

いるようです。
 

この3人のうち、どのような人を雇いたい

かと考えると、多くの方は3人目の男だと

考えるでしょう。


したがって、経営者は、従業員に対して、

仕事の意味を見つけられるように育成する

ということが、その重要な役割だというこ

とです。


もうひとつのお話しは、クラリネット奏者

のお話しです。


「指揮者に勧められて、客席から演奏を聴

いたクラリネット奏者がいる。


その時彼は、初めて音楽を聴いた。


その後は上手に吹くことを超えて、音楽を

創造するようになった。


これが成長である。


仕事のやり方を変えたのではない。


意味を加えたのだ」


(ダイヤモンド社「仕事の哲学」より)


これも、石工の話と同じく、仕事の意味の

大切さを伝えるお話しです。


文字数の制約で、詳しくは説明できません

が、クラリネット奏者は自分ひとりの成果

を考えるのではなく、オーケストラ全体の

成果を考えなければならないということを

指揮者によって気づかされています。


会社で言えば、この指揮者の役割を担うの

は、経営者です。


会社の事業でよりよい成果を出すには、仕

事の意味を従業員に伝えることが大切であ

り、このような経営者としての役割の巧緻

が、事業の成果となって現れてきます。


とはいえ、今回の記事について、理解して

おられる経営者の方はたくさんいると思い

ます。


問題なのは、経営者の本来の仕事に軸足を

移すことがなかなかできないでいるという

ことが実情ではないでしょうか?


そういったことで悩んでおられる経営者の

方をお手伝いすることが、「経営」コンサ

ルタントである、私の役割だと自任してい

ます。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●ポッドキャストを配信しました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



私が制作しているポッドキャスト番組(イ

ンターネットラジオ番組)「数字に強い社

長になるポッドキャスト」の第448回を

配信しました。


今回は、中小企業診断士の山岡雄己先生を

にお越しいただき、山岡先生のご著書

「飲食店『のれん分け・FC化』ハンド

ブック」の中から、飲食店の経営ノウハウ

についてお伺いしています。



ご関心のある方は、ぜひ、こちらからお聴

きください。

→ https://goo.gl/ErFQzt





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●当事務所の11月~12月の予定

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



「スカイプ相談実施日」

11月22日(水)

詳細とお申込み→ https://goo.gl/fShaEi



「新刊発売記念!中小企業経営者のための

経営入門セミナー」

11月27日(月)19:00~21:00

詳細とお申込み→ https://goo.gl/3LLFMR



「融資に強くなる勉強会」

12月7日(木)13:00~15:00

詳細とお申込み→ https://goo.gl/VQXGkD



「信用保証協会徹底活用セミナー」

12月13日(水)13:00~15:00

詳細とお申込み→ http://bit.ly/L3TmzF




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



プライベートブランド(PB)は説明する

までもありませんが、製造会社がつくった

ブランドであるナショナルブランド(NB)

の対義語で、卸売会社・小売会社がつくっ

たブランドのことです。


こちらも言及するまでもありませんが、P

B製品の魅力は価格の安さです。


NB製品と比較して、PB製品の品質は劣

りますが、その品質の差は価格差より少な

い場合が多いと私は考えています。


とはいえ、PBは昔からあったので、いま

さら珍しくないのですが、最近は、PB製

品の幅が増えたので、食品を除き、PB製

品だけで生活ができるのではないかと思い

ます。


最近、「このNB製品に相当するPB製品

はあるかな?」とさがすと、だいたい、P

B製品が見つかるので、お得に買い物をし

ています。






◆このメールマガジンで取り上げて欲しい

トピックやご質問、ご感想等がありました

ら、こちらからおよせください。

→ http://yuushi-zaimu.net/contact/




◆メールマガジンの配信を停止するときは、

こちらをクリックしてください。

→ https://www.directform.info/unsubscribe.do?id=16052870&token=c7dfc4a58a808fce65f50ee6496d576e



ただし、まぐまぐ読者の方は、こちらから

配信停止の手続きをお願いします。→

http://www.mag2.com/m/0001677623.html







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


♪発行責任者

中小企業診断士 六角明雄(ろっかくあきお)

♪関連サイト 売れる組織作りネット

http://www.yuushi-zaimu.net/


●連絡先

104-0061
東京都中央区銀座7-13-5
NREG銀座ビル1階
中小企業診断士六角明雄事務所

電話 050-5539-8814

ファクシミリ 020-4666-8216

電子メール rokkaku@yuushi-zaimu.net


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ