北堀江考房 笑び茶び庵 かわら版

  • ¥0

    無料

株式会社 笑では「笑・夢・感動」をモットーに熱意のある喋りを繰り広げる講師陣が、「今日は来てホンマによかった!メチャメチャおもろかったし、内容もしっかり学べた!」と感激してお帰りになる満足度の非常に高い講演・セミナー・研修を行っています。オリジナリティが高く特長ある講師陣が毎日交代でアップしている「読めばなるほど」と納っトクするコラムをお届けします!

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
北堀江考房 笑び茶び庵 かわら版
発行周期
ほぼ 週刊
最終発行日
2017年09月23日
 
発行部数
11部
メルマガID
0001677631
形式
PC・携帯向け/絵文字つき
カテゴリ
その他・ノンジャンル > 情報販売・無料レポート > 生活のノウハウ

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

北堀江考房 笑び茶び庵 かわら版 創刊第39号



秋分の日となり、1日の昼と夜の長さが同じになりましたが、
厳密に考えると日本列島では日の出と日の入りは場所によって
異なるので、「本当は??」と調べてみました。

と、すると・・・単純に太陽の動きだけで考えると確かに同じように
なるそうなのですが、日の出・日の入りは大気の影響により、地平線が
浮き上がって見える効果によって日の出は早く、日の入りは遅く
なるそうです。


よって実際に等しくなる日は4日程ズレているそうです。


厳密に考えるのがいいのか?それとも・・・ちょっと難しい問題ですね。




それでは、北堀江考房 笑び茶び庵のオリジナリティ溢れる
Specialな講師陣による今週のコラムでどうぞお楽しみを・・・。



-------------------------------------------------------------------------------------



1.  これからコーディネーター  渡辺  紀子




  『 伝えるということ  』


今後の生活ガイド役、これからコーディネーター渡辺です。

人間は五感で周囲の状況を把握し、音声と耳とで人と会話しますが、

植物は自分の意志を 他の植物や動物に伝えることができるのでしょうか?
今週末のけいはんな市民雑学大学講座で、この答を聞くことが出来ます。



さて、私が住む木津川市の紹介です。
「木津川市は京都府の南端で、奈良市に隣接しており、市内の中央を木津川が流れています。

この川は、昔は「いづみ川」とも「和唐川」とも呼ばれていました。

大陸や朝鮮半島から渡来人達が、船で瀬戸内海から大阪湾の淀川に入り、川を遡り、

今の木津川市山城町上狛に上陸し、新しい文化を運んできました。







続きは・・・http://show.ne.jp/column/%e4%bc%9d%e3%81%88%e3%82%8b%e3%81%a8%e3%81%84%e3%81%86%e3%81%93%e3%81%a8/

-------------------------------------------------------------------------------------


2.  生活経済ジャーナリスト  いちのせ かつみ



 
  『 http://show.ne.jp/column/%e4%bc%9d%e3%81%88%e3%82%8b%e3%81%a8%e3%81%84%e3%81%86%e3%81%93%e3%81%a8/ 』


大分市の高崎山(標高628m)には、江戸時代からサルが生息していたといわれ、昭和27年からサル寄せを始めた。
「人の振り見て我が振り直せ」といいますが、高崎山の猿を見ていると「サルの振り見て我が振り直せ」と思うほど、人間社会と同様の営みが見えてきます。
是非一度、高崎山へお越しください。





続きは・・・http://show.ne.jp/column/%e4%bb%8a%e6%97%a5%e3%81%af%e9%ab%98%e5%b4%8e%e5%b1%b1%e3%81%8b%e3%82%89%e6%94%be%e9%80%81%e3%81%a7%e3%81%99%ef%bc%81/

-------------------------------------------------------------------------------------


3. 金融・投資教育コンサルタント  須原 光生


  『 読めば落ち着く「良い加減の投資法」32 -「三種の神器」編 - 』



こんにちは、金融・投資 教育コンサルタントの須原光生です。

天皇陛下の生前退位は江戸時代の光格天皇以来、約200年ぶりになりますが、退位の際、「三種の神器の贈与税は非課税」という法律(退位特例法第7条)が作られたとの興味深い記事が掲載されていました。

そもそも「三種の神器」は皇位の印として、日本の歴代天皇が継承してきた三種の宝物で、八咫の鏡(やたのかがみ)・草薙の剣(くさなぎのつるぎ)・八尺瓊の勾玉(やさかにのまがたま)の三つです。従来は、皇室経済法7条に、「皇位とともに伝わるべき由緒ある物」と定義され、相続税法12条に課税されないと明記されています。しかし、天皇の終身在位が前提のため、生前退位の場合は「三種の神器」は相続ではなく贈与に当たり、贈与税が非課税になる法律がなかったので作られたそうです。





続きは・・・http://show.ne.jp/column/%e8%aa%ad%e3%82%81%e3%81%b0%e8%90%bd%e3%81%a1%e7%9d%80%e3%81%8f%e3%80%8c%e8%89%af%e3%81%84%e5%8a%a0%e6%b8%9b%e3%81%ae%e6%8a%95%e8%b3%87%e6%b3%95%e3%80%8d%e3%89%9c-%e3%80%8c%e4%b8%89%e7%a8%ae/

-------------------------------------------------------------------------------------

4. セミナー・イベントコンサルタント  土井 紀彦




  『 夏のイベントと言えば・・・やっぱり? 』



エンターティナー講師プロデューサー

金銭教育ゲームプロデューサー

セミナー・イベント コンサルタントの土井 紀彦です。



聴くコラムも第3回目。第1、2回を聴いていらっしゃならなくても

大丈夫です!今からでもすぐ聴けますので・・・どうぞ!



尚、テキストとして使っている「人生はムダづかい方程式」の購入先は

ときわ総合サービス 書籍販売ページ

で絶賛発売中です。





続きは・・・http://show.ne.jp/column/doi0027/


-------------------------------------------------------------------------------------



5. がんライフアドバイザー 川崎 由華



  『 がんになっても働き続けたい 』


がんになっても、治療を受けながら仕事も続けていきたい。
東京都福祉保健局が行った調査『がん患者の就労等に関する実態調査』によると、がん患者の約80%が「仕事を続けたい」と回答している。

実際のところ、仕事を続けていきたいという希望は叶うのだろうか。

勤務中に倒れ、がんが見つかった患者がいた。
2週に1度の抗がん剤治療を始めるにあたり、倒れた上に今後も職場に迷惑をかけることが心苦しく、退職を促されてもやむを得ないと思っていた。
しかし職場が就労継続を望み、続けていきやすい方法を探すことになった



続きは・・・http://show.ne.jp/column/kawasaki033/

-------------------------------------------------------------------------------------


6. 和ごころコンシェルジュ 裏野 由美子


  『 NIKKEIプラス1から読み解く由美子流うんちく VOL.28「訪問客が汗だくだったら」 』




和ごころコンシェルジュの裏野由美子です。


和ごころコンシェルジュの裏野由美子です。

暑さもようやく落ち着いてきましたね。

先日京都の料亭にランチに行ってきました。

席に着くと、小ぶりのお茶碗に温かい緑茶が出てきました。

お酒は飲まなかったので、

お料理が始ると口の狭いお茶碗に、少しぬるめのほうじ茶が出てきました。

そして、お料理が終ると少し大ぶりのお茶碗に

少し熱めのほうじ茶が出てきました。


続きは・・・http://show.ne.jp/column/nikkei%e3%83%97%e3%83%a9%e3%82%b9%ef%bc%91%e3%81%8b%e3%82%89%e8%aa%ad%e3%81%bf%e8%a7%a3%e3%81%8f%e7%94%b1%e7%be%8e%e5%ad%90%e6%b5%81%e3%81%86%e3%82%93%e3%81%a1%e3%81%8f%e3%80%80vol-28%e3%80%8c/

-------------------------------------------------------------------------------------



【案内中の講演会・セミナー・研修会】


-------------------------------------------------------------------------------------



1 . 投資の日 記念イベント 『 生き方が変わる大人のレシピ』

    
   生活経済ジャーナリスト いちのせ かつみ



10月4日は「投資の日」。

毎年、全国で大好評のいちのせ かつみによるオモロイ講演が今年は大阪で開催!

今回はいちのせ かつみの爆笑な講演「ココロわくわく愉しむお金のキ・ホ・ン」と、
更にヴァイオリニストであの『探偵!ナイトスクープ』(朝日放送)の3代目秘書としても大活躍中の
松尾 依里佳氏とのお洒落なトークショウも行われます!


どんなトークが展開されるのか? 愉しみたい方・興味のある方は会場へGo!



◆日時
10月4日(水) 18:45 ~ 20:30

<テーマ>
第一部 ココロわくわく愉しむお金のキ・ホ・ン
第二部 「投資の日」スペシャルトークショー

◆会場
阪急うめだホール(阪急うめだ本店9階)

◆定員
400人(1組4人まで応募可)
※応募者多数の場合は抽選。当選者にのみ招待状を9月28日(木)頃発送


------------------------------------------------------------------------------------


2. CancamやOggiでの雑誌撮影をおこなっていたフォトグラファーが撮る
  
    劇的に変化する写真を必ず撮ってくれるプロフィール写真撮影会
  
      ~ヘア&ポイントメイクもバッチリついてます!~



日 時 : 2017年 10月7日(土) 11時  ~

場 所 : 北堀江考房 笑び茶び庵 (株式会社 笑)
大阪市西区北堀江1-17-18
堀江パールマンション701号

撮影目安時間:撮影&メイク&ヘアセット 1 名あたり1時間

(時間内で衣装チェンジ 2~3パターンも可能)
費 用 : 男性 17,000円(消費税含む)
ヘアセット & プチメイク

女性 20,000円(消費税含む)
ポイントメイク & ヘアセット

写真データ : 5パターン(CD-Rにてお渡し)

定 員 : 8名 (最少開催人数 4名)※4名以上による特別価格



【 お問い合わせ 】  株式会社 笑  Tel : 06 ? 7182 ? 8828
                    E-Mail : info@show.ne.jp




-------------------------------------------------------------------------------------





かわら版 創刊第39号 は如何だったでしょうか?


最後までお読みくださりありがとうございました。



それでは、来週もコラム、講演会・セミナー・研修会の情報をメインに情報発信致しますので、
ご期待ください!




          株式会社 笑

            かわら版  担当  土井 紀彦


            お問合せ先 E-mail :info@show.ne.jp
 

            http://show.ne.jp/



メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ