三連複100円一本勝負

  • ¥0

    無料

【2017年2月20日 東京2R三連単本線的中!】競馬歴2年目にして、年間40,000円以上のプラス収支。買い方は単純明快、三連複100円一点買い! 人とはちょっと違った独自の競馬観を語ります。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
三連複100円一本勝負
発行周期
週末刊
最終発行日
2017年09月18日
 
発行部数
23部
メルマガID
0001677725
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
エンターテイメント > 競馬 > 競馬全般

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 
プラス収支継続中!


   三連複100円一本勝負


     2017年9月18日 第49号
         発行:複式呼吸

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

目次

1.先週の結果
2.セントライト記念 三連複一本勝負
3.お知らせ

…………………………………………

1.先週の結果

 
 セントウルステークスは、軸馬ファインニードルが1着だったものの、対抗・穴馬が凡走。
 穴を狙っている以上、こんなものだと思いつつ、今日は守りに入らず大いに遊んだ馬券を考えました。
 狙うは初の10万馬券!
 

【当連載の収支】

+3,510円


…………………………………………

2.セントライト記念 三連複一本勝負


【予想】

◎ 2 サトノクロニクル
○ 9 プラチナヴォイス
☆ 13 ストロングレヴィル


【買い目】

ワイド 9-13     100円
三連複 2-9-13   100円
   


 本命は、個人的に皐月賞でも▲を打ったアルアイン――ではなく、あえて◎サトノクロニクル。

 もちろん、アルアインもこのメンバーなら複勝率が50%以上は見込めそうな強い馬です。
 何といっても皐月賞馬。
 続くダービーでもレイデオロの0.3秒差5着と好走しています。

 しかし、今回は4ヶ月の休み明け、かつルメール騎手への乗り替わり。
 本来なら松山騎手の穴馬として狙いたかった馬です(皐月賞は9番人気で1着)。
 今回は、やや過剰人気ぎみでもあると思っています。

 過剰人気の理由の一つに、昨年の勝ち馬ディーマジェスティの記憶もあるのではないかと思っています。
 皐月賞を勝ち、ダービーでも3着と馬券に絡んで、アルアインとかなり似たローテーションを歩んでいます。
 しかしながら、セントライト記念の後、これまでディーマジェスティが馬券に絡めていないのも周知の事実。
 実力拮抗して軸を決めてしまうには尚早な3歳戦ですから、ここは思いきってアルアインを外してみたいと思います。

 ということで2~3番人気からは、◎サトノクロニクルを挙げました。
 前走ラジオNIKKEI賞を使って、中10週。
 中間はノーザンファームしがらきで調整したとのこと。
 過去10年、ラジオNIKKEI賞組は(2-1-2-17)、複勝率22%とダービー組には劣るものの、昨年はゼーヴィントが2着に入っています。

 サトノクロニクル自身は、G2・京都新聞杯で0.0秒差2着の実績があります。
 前走はトップハンデ57kgに泣かされた形で、1kg減となるここは更なる好走が望めるでしょう。

 今日の馬場は、おそらく重――水はけが良くなっているので回復するしても稍重。
 サトノクロニクルの道悪適性は未知数ですが、未勝利戦は時計のかかる稍重ながらハイペースを4番手先行して勝つ強い走りを見せています。
 続く水仙賞でもスローペースを追い込んで上がり最速33.7秒で1着。先行しても追い込んでも勝てる自在な脚質を示しています。

 そして、昨日のローズSで角居厩舎3頭出しの内の1頭が勝ちましたが、今日のメインレースでは池江厩舎が2頭出し。
 奇しくもアルアインとサトノクロニクル、人気の2頭となりました。
 この2頭を比べてみて、賞金が足りているアルアインに対し、ここでしっかり菊花賞への権利を確保しておきたいサトノクロニクルのほうが、陣営の本気度は高いと見ます。
 鞍上も、重賞ならばルメール騎手よりもデムーロ騎手のほうが信頼できます。


 対抗は不人気サイドの○プラチナヴォイスにしました。
 皐月賞ではアルアインの10着と大敗しているように見えますが、その差はまだ0.5秒。
 前走のNHKマイルCは牝馬アエロリットが非常に強い走りをしたために惨敗しましたが、プラチナヴォイス本来の距離でなかったと考えて、それほど悲観はしていません。

 重賞実績は、G2・スプリングSで0.2秒差3着、きさらぎ賞で0.5秒差4着などがあります。
 特に、きさらぎ賞は重馬場でミドルペースを先行し、粘り込んでの4着ですから価値があります。
 道悪で狙いたい穴種牡馬エンパイアメーカー産駒として、不人気を覆す激走を期待しています。


 そして穴馬は、さらに不人気な☆ストロングレヴィル。
 朝イチオッズの時点で単勝は70倍以上ついていますが、それほど人気サイドとも差がないと私は考えています。

 まず新馬戦は中山芝2,000mで1着。
 このとき、人気サイドのミッキースワローを5着に負かしています。

 スプリングSでは○プラチナヴォイスにきっかり2秒離されているものの、これは逆にプラチナヴォイスが強いことの証左と考えます。

 というのも、ダービーと同じ過酷な東京芝2,400mでの500万条件の一戦では、サーレンブラントに0.1秒差の2着。
 1,000m1:01.9のスローペースながら、上がり最速33.7秒の末脚で差して2着には価値があります。
 さらに稲城特別では、サンデームーティエにタイム差なしの2着。
 今回5~6番人気の馬とは、実はそれほど差がついていないことが見て取れます。

 また、稲城特別は稍重だったことも評価できます。
 ストロングレヴィルの血統を紐解いていくと、母父エルコンドルパサー、母母キャサリーンパー、そして父父サンデーサイレンスというのは、あの道悪巧者で2016年の最優秀牝馬マリアライトと同じ血統。
 道悪を利した激走を夢見てしまいます。

 そもそも、この馬とて社台コーポレーション白老ファーム生産の良血馬ですから、ノーザン系の人気馬に勝るとも劣らないはずです。
 
 

…………………………………………


3.お知らせ

 ここまで読んでいただき、ありがとうございました。
 Twitterでは、北九州記念の三連複1点の印もアップしています。

 次回は9月24日(日)、神戸新聞杯を予想する予定です。

 また、今年5月から継続して回収率109%を達成している「少頭数複式馬券法」の理論をダウンロードファイルにまとめて配信中です。

https://regimag.jp/file/fukushiki

 そして、三連複の本命サイドの新予想法も運用を開始しました。

https://regimag.jp/forecast/sanrenfukushiki

 こちらも併せてよろしくお願いします。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

   三連複100円一本勝負


発行・文責:複式呼吸

ご意見・ご感想・お問い合わせ
sanrenpuku100yen@gmail.com

ブログ
https://note.mu/fukushiki

Twitter
@sanrenpuku100

レジまぐ配信『完全版 少頭数複式馬券法』
https://regimag.jp/file/fukushiki

 当メルマガは、あくまで皆様の予想のご参考までに、私の買い目を公開するものです。
 当然、100%の的中をお約束するものではありません。
 私の予想を参考にした場合のいかなる損失も保証は致しかねます。

 また、馬番・オッズ・払戻金などは、JRA発表のものをご参照ください。
 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 



 
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ