コピーライターTOYの週間「ことのは」通信

  • ¥0

    無料

文章作成がうまくできないのには、理由がある。 コピーライター20余年の「ことば」持論から お披露目しても恥ずかしくない「作文のコツ」をご紹介します。 ブログ作成やビジネス文書のスキルアップ、 お子さまの作文にも役立つかも!?

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
コピーライターTOYの週間「ことのは」通信
発行周期
ほぼ 週刊
最終発行日
2018年05月05日
 
発行部数
17部
メルマガID
0001677865
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
アート・文芸 > 文芸 > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

━━━━━──────────────────────2018.05.05.
コピーライターTOYの週間「ことのは」通信

ルール43 目的は何か 
───────────────────────────━━━━━



コピーライター&文章アドバイザーのTOYです。



普段私たちが書く文章には、かならず「目的」があります。

SNS出発信しているものも、ツイッターのつぶやきですら、「目的」があります。



「そんなもの、考えて書いてないよww」


と笑う方もいるかもしれませんが・・・実は、当事者は無意識だったとしても、少なくても「知ってほしい」という欲求があるはず。



「発信する」のは、その「知ってほしい」という欲求が「目的」だからなのです。




「目的」をしっかり意識して書くことと、ぼやけたままで書くことでは、発信力が変わります。



例えば、「知ってほしい」という欲求には、少なくても2つの意味があります。


・事実を認知させること

・相手に共感させること


事実を認知させるのであれば、「いつ」「どこで」「なにが」「だれと」「いくら」「何人」など、具体的な事実が分かるように書かなければなりません。

相手に共感させるには、そこに「感情」が加わります。



もちろん、「事実を認知させながら共感もさせたい」という2つの意味を網羅することもできます。

でも、もしそれが「目的」であれば、どちらも表現しなければ思ったようには伝わりません。



「いつ何処で何があるから来てね」とつぶやくのと、「いつ何処で何があるけど、こんなに面白いことがあるから見ないと損」とつぶやくのでは、「目的が違う」ということになるんですね。



ツイッターは140文字という制限があるので、なかなか長い文章で伝えることは難しいものですが、だからこそ、「目的」を明快に持つことで「伝わりやすいつぶやき」にもなるんですね。



一度試して実感してみてください。



───────────────────────────

コピーライターTOYの週間「ことのは」通信
【発行:クリエイティブオフィスword-create】

■コピーライターTOYのブログ
https://wordcreate.wixsite.com/menu/blog
■説得力の高い文章を書きたい人のための7日間無料メールセミナー
https://48auto.biz/word-create/registp.php?pid=2

───────────────────────────
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ