証券市場新聞編集部
ID: 0001678061

証券市場新聞 公式有料メールマガジン

証券市場新聞編集部
¥3,780(税込)/月 初月無料!
毎週 月・火・水・木・金曜日(祝祭日・年末年始を除く)
PC・携帯向け/テキスト形式
月途中の登録でも、月内に
発行されたメルマガがすべて届きます!
→バックナンバーの購入はこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ID: 0001678061

証券市場新聞 公式有料メールマガジン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タブレッドやスマホで購読できる証券専門紙「証券市場新聞」を発行しています。
メールマガジンでは市況や個別銘柄の動向に加えて株式評論家など本紙執筆陣による
限定コラムも配信しています。

著者プロフィール

証券市場新聞編集部

企業と投資家を結ぶ証券専門紙

取材による上場企業の生の声を重視した速報性の高い記事に重点を置き

テクニカルアナリストや現役の運用専門家などによるコラムも掲載しています。

加えて個人投資家向けのIRセミナーや勉強会なども随時開催しています。

サンプル号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■証券市場新聞 公式有料メールマガジン    2017/1/1
      URL:http://marketpress.jp/

発行元ココ・パートナーズ(株)   通巻0号(見本版)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

証券市場新聞編集部です。

 タブレッドやスマホで購読できる証券専門紙「証券市場新聞」を
発行しております。平日の毎日、新聞では紹介できない特別な情報
をメールマガジンで配信していきます。


------------------------------------------------------------

1月5日の東京市場概況

5日大引けの東京市場は反落、日経平均は前日比73円47銭安の
1万9520円69銭で引けた。
 前日に479円高と大幅高となった反動と、外国為替市場で一時
1ドル=116円台前半まで円高・ドル安が進んだことで利益確定
売りが優勢になった。
 個別ではオルトプラス、フォスター電機、SUMCO、太陽誘電、
DNC、RSTECH、enish、新川が値下がり率上位に売ら
れ、野村や川重も安い、半面、ゼンリンがストップ高、ソラスト、
ウィルグループ、フリービット、セレス、オカダアイヨン、MDV、
ソフトブレーン、福井コン、池上通信も値上がり率上位に買われている。
 この日は朝寄り後からの急速な円高が利益確定売りを誘う結果に
なった。それでも日経平均は1万9500円台を維持しており、押し
目買い意欲は強い。米12月ADP雇用統計などの経済指標も控えて
おり、これらを見極めたい動きもあるようだ。


------------------------------------------------------------

明日の戦略

円高・ドル安が進んだことで、当面の利益を確定する売りが優勢にな
りました。一方で世界景気の回復期待などから日本株の先高感は根強
く、中長期スタンスの買いが入っており、下値は限られています。出
来高も10億株強をこなし、底堅さが際立つ展開となりました。ただ、
相場は短期的な高値警戒ゾーンに入ったことを忘れてはなりません。
小型株の回転商いで割り切って対処するか、大型株の売りを検討しまし
ょう。


------------------------------------------------------------

チャートから読む

近鉄グループホールディングス(9041)
12月20日に459円まで上昇後に調整しているが、25日線で
ある440円近辺で下げ止まれば、再上昇を期待。貸借倍
率は0.11倍と拮抗し需給は良好、伊勢神宮初詣でシーズンストック。

農業総研(3541)
直近IPO人気に乗り、急速に出直る。5日移動平均と日足一目均
衡表転換線を下値支持に水準を切り上げ、週足も陽転へ。株価噴き上げ
局面近く、上値抵抗体の6500円抜けから最高値7460円目指す。

図研エルミック(4770)
10月24日に520円まで急騰した後は下落基調が続いており、
12月27日の352円を下回れば2月15日の安値325円が視野に
入る。今期は赤字転落の見通しで業績不安も継続。

MonotaRO(3064)
戻り試すが上値は重い。日足陽転後は13週移動平均に頭を抑えられ
膠着商状。高値期日接近ながら、押し目買いに信用買い残の整理進まず
需給が足かせに。月足の陰転が近く、再び下値模索の展開も。



------------------------------------------------------------

気になる銘柄

目先割り切り対処ならフィル・カンパニー(3267)、
フォーライフ(3477)、DLE(3686)、シンプロメンテ(6086)
であたりの値動きが良さそう。

ノムラシステム(3940)、Nats(7612)は梅に先駆け開花に期待。



------------------------------------------------------------

証券市場新聞連載、株式評論家「「高野恭壽の株式情報これでどゃ!!」から


 5日の相場ですが、どの銘柄も一気の上げになりましたので戻り待ちの売りを
浴びる可能性があり、大発会のような上げは難しいと思われますが、緩んだとこ
ろを拾うのも一策です。本日の狙いは住友電工(5802)、日本電産(6594)と昨年
来勧めている商船三井(9104)などの海運株です。
住友電工は約1か月間もみあった局面を突破し戻り高値を更新しました。1800円台替
わりが有望です。日本電産は自社株買いを今後、積極化させることを決めていますので、
11000円台が有望です。野村HDは740円台抜けが当面のポイントになります。ゼネコ
ン大手がもみあいゾーンから抜け始めようとしています。清水建(1803)、安藤ハザマ
(1719)に再度挑戦するのも悪くありません。


------------------------------------------------------------


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■証券市場新聞 公式有料メールマガジン
------------------------------------------------------------
発行:株式会社ココ・パートナーズ株式会社 証券市場新聞
http://marketpress.jp/

〒542-0081
大阪市中央区南船場3-7-27 NLC心斎橋ビル6階


お問い合わせフォーム
http://marketpress.jp/%E3%81%8A%E5%95%8F%E3%81%84%E5%90%88%E3%82%8F%E3%81%9B/
──────────────────────────────
※本メールは投資の参考になる情報提供を目的としており、投資の勧誘をする
ものではありません。
記事の内容については業績や株価、出来事などについて今後の見通しを記述した
ものが含まれていますが、それらはあくまで予想であり、内容の正確性や信頼性、
予測の的確性を保障するものではありません。掲載している記事などに基づく投資
で被られたいかなる損害について、当社と情報提供者は一切の責任を負いません。
投資についての決定はすべてご自身の判断、責任でお願いいたします。 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright Cocopartners Co., Ltd. メール掲載の記事の無断転載を禁じます。


メールが届かない場合


メールソフトのセキュリティ対策の影響で「迷惑メール」に紛れ込む場合があります。
下記URLを参考にメールの振り分け設定」をお願いします。

http://46mail.net/



◎このメルマガに返信すると発行者さんにメッセージを届けられます
※発行者さんに届く内容は、メッセージ、メールアドレスです



◎証券市場新聞 公式有料メールマガジン
の配信停止はこちら
⇒ http://www.mag2.com/m/0001678061.html
ID: 0001678061

証券市場新聞 公式有料メールマガジン

証券市場新聞編集部
¥3,780(税込)/月 初月無料!
毎週 月・火・水・木・金曜日(祝祭日・年末年始を除く) 今月14/21回(最終 2018/07/20)
PC・携帯向け/テキスト形式
バックナンバーの購入はこちら
2018/06/29 2018/6/29通巻327号
2018/06/28 高野恭壽 明日の投資戦略18.06.29
2018/06/28 2018/6/28通巻326号
2018/06/28 高野恭壽 明日の投資戦略18.06.28
2018/06/27 2018/6/27通巻325号
バックナンバー購入ページはこちら
さらに以前のバックナンバー一覧