ホーチミンの美味いもん ~ちぇりのココだけの話

  • ¥0

    無料

ホーチミンのグルメ情報ブログ「ホーチミンの美味いもん」のスピンオフ。食べ物ネタ以外でちぇりが想う由無し事や、ブログでは紹介しない・できない・しづらいあれこれをチラホラと。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
ホーチミンの美味いもん ~ちぇりのココだけの話
発行周期
ほぼ 平日刊
最終発行日
2017年10月15日
 
発行部数
121部
メルマガID
0001678179
形式
PC・携帯向け/テキスト・HTML形式
カテゴリ
日記 > テーマ別 > ひとりごと

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

*-*-*-*-*-*-*-*-*--**-**-   15 Oct. 2017  *-*-*-*

ホーチミンの美味いもん ~ちぇりのココだけの話
Vol.051 【残念至極】
    
*-*-*-*-*-*-*-*-*-**-*-*-*-*-*-*-*-*-**-*-*-*-*-*-*-*-*

※今回は怒ってます
    愉快な記事ではないかもなので、
    ご不快になられる記述がある可能性があります



◆ ご縁
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━
初めて行くお店の場合、ご招待など受けないようにするのは
明言している通りですが、「こんなお店ができました」とか、
「知り合いがこんな料理を出し始めました」というお話を頂けば
それもご縁と、素性は明かさず、自分がその店を見つけた
訳でなかったにしても、一客としてなるべく伺うようにしています。
それもご縁の一つだもの。

それは単なる自己満足のためでもあるけど、先日は、この
ポリシーを貫いてて心底良かったと思えることがありました。
ご縁というのは、いろんなものを運んできてくれるものですね。


◆ 自信の表れ?
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━
料理名を出すとどの店かわかってしまいそうなので、スイーツ、
とだけしておきましょうか。スイーツ単品で150kオーバーって
のはなかなかですよね。よほどの自信がおありなのでしょう。

プラス、ドリンクやその他のスイーツのビュッフェをつけると、
メインの単価は100kくらいに下がるものの、ビュッフェ代が
150kプラス。つまり、おやつを食べるのに総計250k。
すごい強気。

下手したらホテルビュッフェのランチが食べられてしまう価格。
もしくは、ゴージャスなカフェでのスイーツビュッフェなど。
興味津々。


◆ 待ち時間
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━
さて、40分経過。
オーダーしてから40分。
ありえない。

しかもオーダー時に時間がかかることへの周知や詫びは無し。
例えば、ほんの十数分かかるであろう注文をした時でも、

「すみません、このお料理は時間がかかってしまうのですが
  よろしいでしょうか」

という断りをしてくれる店は珍しくない。むしろベトナムでは普通。
http://cheritheglutton.com/blog/the-vintage-emporium-%E3%80%9C-%E8%AA%A0%E6%84%8F%E3%81%82%E3%82%8B%E3%83%91%E3%83%B3%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%82%AD/

ってか、まともな接客業をしてれば、10分以上待たせる
必要がある場合、当たり前の客への気遣い。それが

40分、誰一人の声がかかることなく放置。
こちらもあえての放置で様子見。
結局、皿を持ってきたときにも特に何もなく出された訳です。

その間にも悪い予感、と言うか、疑うべき点はてんこ盛り。
例えば、そのスイーツにはメレンゲが重要なんだけれども、
泡だての際のミキサーの音で、その速度が一切調整されて
ないことがわかりました。そんな雑な作り方では無理だろう、
と言う予測と心算はできていたつもりだったのですが。。。


◆ 出てきたもの
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━
40分かかって出てきたもの。それは。。。
世にも哀れな食材の成れの果て。
予測通り。

これを言うことで、私がどんなに高飛車だ、皮肉屋である、
と罵られようと構わない。断言する。
あれはとにかく世にもひどい代物だった。

実際、その写真を周囲の知人に見せた場合、
100%が絶句する。こんなもので金を取るのか?と。

ビュッフェと称したものたちの、ゼラチン質のものは溶けて
ビショビショ。カップに入ったババロア的なものは、味見した?
と言いたくなる味・テクスチャーで、アイスボックスクッキーは、
小学生がバレンタインに初めて作りましたと言うような代物。

いや、小学生が作ったそれは愛らしいが、この国で、
150kもの金額を取って出すものじゃない。とにかく、
何一つ2口目に行こうと思えるものがない。

ましてやメインがひどかった。
その見た目は、素人の私の方が絶対にましなものを作れる、
と、断言できるもので、私にすら作れるのだから、洗練されてる
駐在の奥様方などにしてみれば笑止千万。

しかしその店が取ってる価格帯は。。。
ハイエンドな方達でないと難しかろうと思える価格帯。
つまり。。。


◆ なめとる
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━
あらゆりリサーチが全くできていないことが伺える訳です。
その価格帯が対象とする人たちの生活水準。
その価格帯に求められる商品レベル。

同価格帯でどれだけのものをこの街で楽しめるのか、
良く良く調べていたら、あんなものはとても恥ずかしくて
絶対に人前に出せないはず。

その恥を恥とわからないのであれば、、明らかな力不足。
そんな恥より、とにかく一見でも金を落とさせれば勝ち、
という心根だったら、無礼千万。
どちらにしても、この一言に尽きる。


なめとる。



推測としては、レシピを作られた方と実際に作ってる人は別。
目指そうとしていたらしいレシピは素人には作れない。
ただ作り手がそのロジックをわかってないから、ひどい有様
になる。ってか、この店、オープンしながら「調理師募集」
してたそうですよ(爆)

あれでは、レシピが浮かばれない。。。



◆ 残念至極
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━
加えると、客の前で従業員なりスタッフ予備軍と思われる人を
叱咤すると言う、最低限のこともできていない。そんなの日本
でもマネジメントとしては最低のメソッドであるけど、特にこの
国の方の気質を考えたら、やってはいけないとされてること。
それすらもリサーチしてない。

以上のことから、全く門外漢が始められた飲食店なのであろう
と推測される訳ですが、それ自体は悪いことじゃないと思うの。
他業種から飲食を初めて成功していらっしゃる方達なんて沢山
いる。

ただし。


門外漢だからこそ、彼らは凄まじい労力をリサーチや準備に
費やされており、且つ、そこに才能があったり機運を生かす
力量がおありになった上で成功されておられる訳です。
決して決して、何もせずに成功している訳じゃない。

それらを一切無視しているかのような振る舞いは実に
腹ただしい。そして何より悲しかったのは、これをやって
いるのが、自分と同じ日本人であると言うこと。

よその国にもナメた商売をする人はいるでしょうよ。
しかし、「日本人だから」と衛生面で安心されてたり、信頼を
寄せる客が多いのも事実(私自身はそこは基準にしませんが)。
サービスに関しても、ローカルの方をスタッフとして雇う時、
「日本人式サービス」を良しとして教育するケースも多いと聞く。

そう言うことへの期待と信頼、それらを得るために尽力して
来られた方達の努力を、根こそぎ「無」にするような所業。
それをやっているのが、同じ日本人であると言うことが、
大変悲しく残念至極。



◆ ご縁が運んでくれたもの
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━
別物にしか見えない華やかな写真で広告展開をしている
こちらのお店。もしも実態を知らないうちに、そしてご縁を
貰わぬ内に、私がこの広告を見たら、心惹かれたので
あろうか否か、今となってはわかりませんが、とにかく
今回は知人のご縁でこちらに行って見た訳です。
いつものように、名前を明かさず、1客として。

もしも「いついつ行きます」と言っていたら、別のものが出てきた
だろうか。彼らに見極める目がないのなら、同じものが出てきた
かもしれませんが、どちらにしても意見・感想は求められたこと
でしょう。



誰が、あのように不実な店に意見など伝えるものか。



その義務が生じなかったのは、幸いでした。
やはりこのスタイルは貫いていこう。
数度目にお店の方と話してご挨拶差し上げることはある
にしても、初回の訪問にはしがらみを負わない。自腹を切る。
今回のご縁が運んでくれたものといえば、その決意かな。

もう2週間も前のことなんですけどね。
未だに腹に据えかねております。

どの代物も、見てくれだけでは判断できまい、と食べて見た
けど、どれも1口でギブアップ。総計250kドン出して、
季節外れのスイカを数切れ、食べただけの時のお話でした。


Million Kisses from Cheri still the angry bird
◆◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─…‥・・

☆発行者:ちぇり
☆MAIL: eatwith@cheritheglutton.com
☆ブログ:http://cheritheglutton.com/

☆登録・解除はこちらから   
   http://www.mag2.com/m/0001678179.html

・・‥…─━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇◆
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ