現役フラワーデザイナーが伝授するセンスと技術! 東京中目黒フラワー教室 ロザリウム

  • ¥0

    無料

ブーケデザイナー宮崎惠美子が配信する、フラワーデザイナーになるためのヒントとフラワーデザイナーの仕事の裏側。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
現役フラワーデザイナーが伝授するセンスと技術! 東京中目黒フラワー教室 ロザリウム
発行周期
ほぼ 月刊
最終発行日
2017年03月09日
 
発行部数
42部
メルマガID
0001678387
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
語学・資格 > スクール・おけいこ > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

------------------------------------------------------------
現役フラワーデザイナーが伝授するセンスと技術! 東京・中目黒フラワー教室 ロザリウム

第1号 17.3.9発行  ロザリウムが出来るまでのこと【1】
http://ameblo.jp/rosariumschool/
------------------------------------------------------------

こんにちは。東京・中目黒 フラワー教室ロザリウムの宮崎惠美子です。
初メルマガです!

早速ですが、ブログで予告したとおり自己紹介を兼ねて、ロザリウムが出来るまでのことをお話します。
こんなにじっくり自分の経験を見つめ直し、公開するのは初めてです。
書き始めたら長くなったので、何回かに分けてお届けします。

★★★

ロザリウムが出来るまでのこと、のお話を始める前に・・・

私 
『花の資格なし』 
『花留学経験なし』 
『師事している先生なし』 なんです。
そんな私が、今、お花の仕事をしています。

1人で始めてから17年目です。
(プレオープン時代も入れると18年目)
だから、どんな人でも始められると思います。
お花の仕事をしたいと思っている方が、これを読んで、夢じゃないって思えるといいな、と思います。

では、どんな風にお花に関わっていったか から、お話しますね。

日本の中でもかなりの田舎で育った私は、昔から女の子が憧れる「お花屋さん」という職業があることを知りませんでした。
だって「お花屋さん」がないから。
お花との関わりは、もっぱら道端や畑に咲いているお花たちです。

そんなド田舎で育った私。18歳頃には、雑貨大好きになりました。
だけど、なぜか雑貨屋さんではなく、アパレルでアルバイト。
(雑貨が好きだから敷居が高かったんです)
今思えば、大した接客は出来ていなかったように思いますが、良い上司と良いスタッフに恵まれ3年ほど働き、とても楽しい日々でした。

雑貨好きからの延長でお花もわりと好きで、良く通っていたお花屋さんがありました。
とはいえ、何も買ったことが無いし、お花屋さんの雑貨を見ているだけでしたが。
(多分、お花をあまり見てない・・)
ちなみにそのお花屋さん、大田市場に仕入に行くと車を見かける事があるので嬉しくなります。

学校を卒業し会計事務所に就職して、姉がフラワーアレンジメントを習っていて庭のお花を花瓶に活ける姿を見て「かっこいい!」と思い、小さい頃から何でも姉の真似をしたい私は、姉を真似てフラワーアレンジメントのスクールに通い始めました。
(姉は高橋永順さんのお弟子さんだった方から習っていました。)
全国に学校がある『マミフラワーアレンジメントスクール』の長野校(正確な名前は不明)です。
高橋永順さんのスタイルとは全然違いますが、当時インターネットなんてなく、どんなスタイルかなんて良くわからないし、自分が通う都合が良い所を探しました。

初てのレッスンは「花あそび」的な内容で、モビールみたいな物を作りました。
ん?なんか違う・・?とは思いましたが(笑)その次からはちゃんとアレンジを習うことが出来ました。

そのスクールはお花屋さんの一角にあり、ちょっと珍しい方法のレッスンだったと思うのですが、基礎科の一番最初のレッスンから自分でそのお花屋さんで花を買ってきて作りました。ちょっと無謀とも思えるレッスン方法です。

正直今でも、基礎科からそれはないのではないか・・と思います。
何がどれだけ必要なのかもよくわからないうちに、お花を自分で選んで買うって結構大変です。
もちろん、レッスンの最初にレクチャーがあって、こんなお花がどのくらい必要 という事を言われますが、お金がないときってケチりますからね・笑。
すくなーいお花でアレンジを作ることもあるわけです。
勉強になることもあるとは思いますが、最初はちゃんと必要な花材を用意してもらって作るほうが良いと、今は思います。
その頃は疑問に思っていませんでしたが。

そんなある種スパルタなレッスンでしたが、残念ながら花材選びがここで養われた!とは思っておらず、花屋の仕事で身に付けたものだと思っています。

とはいえ、お花に触れることはとても楽しく、アレンジやブーケを作ることもとても楽しく、レッスンが待ち遠しい日々を過ごしていました。

一緒に習っていた生徒さんの中に、センス抜群の子がいて、何を作ってもかなわないなーと思っていたのもあって、ずば抜けたセンスがあるなんて思っていません。その頃も、今も。
そして、器用でもありません。大雑把だし。
テーピンクなんて全然できなかったし、スパイラルも上手に組めなかった。

でも楽しかったんです。

安いお花屋さんでお花を買ってアレンジを作ったり、お花の本を買って暗記するんじゃないかっていうくらい、毎日眺めてました。

就職して2年、お花を習い始めてからも2年ほど経ち、お花に触れるのが楽しいのと、会計事務所の仕事に向いていないと思っていたり、上司がとにかく苦手だったりで・・・花屋への転職を考えました。


・・・続きます。

★★★

長いですか?大丈夫ですか?
読むの嫌になっちゃわないか心配です・笑
堅実なお仕事から花屋への転職。さ、どうなるんでしょう!?

続きは来週かな。不定期でお送りします〜。

------------------------------------------------------------
現役フラワーデザイナー伝授のセンスと技術!
東京中目黒フラワー教室 ロザリウム 宮崎惠美子
http://ameblo.jp/rosariumschool/

【所在地】東京都目黒区上目黒3-31-32-201
【最寄駅】東急東横線・東京メトロ日比谷線 「中目黒駅」より徒歩7分
【TEL】 03-6451-2787
【MAIL】info@rosarium.jp
お申込み・お問合せ・ご相談など、お気軽にご連絡下さい!

------------------------------------------------------------
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ