毎日1分 心・身・新・真・健康情報

  • ¥0

    無料

■忙しい毎日に!1分で読めるコラム形式で送る健康情報! 筆者が集めた心身の健康に役立つ情報を幅広く日々配信致します。 伝統的なものや、最新の知見、はたまた怪しげな民間療法まで幅広く。 具体的には・・・ ■ダイエット ■運動 ■栄養 ■生活習慣等 ■思考法 ■成功法則 ■自己啓発 等々 様々なアプローチから情報を配信させていただきます! 忙しい毎日でもストレスなく読めるボリュームと 読みやすい文書を心がけております。 日々継続してお読み頂ければ、必ずお役に立てるはずです。 登録よろしくお願いいたします。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
毎日1分 心・身・新・真・健康情報
発行周期
ほぼ 平日刊
最終発行日
2017年09月04日
 
発行部数
29部
メルマガID
0001678407
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
生活情報 > 健康・医療 > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 毎日の健康に役立つ情報、話のネタを日々皆様に!
毎日1分ささっと読んで、気付いた頃には健康に!?

■ ■ 毎日1分 心・身・新・真・健康情報 ■ ■

Health-Conscious Column
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


こんにちは!
好奇心と理屈っぽさで健康情報を吟味する。
健康オタクエンジニア山咲 幸二です。
本日も健康情報をコラム形式でお送りします!

著者プロフィール
⇒ https://goo.gl/v0IGbm
(リンク先で【もっと見る】をクリック!)
(時々チョビチョビ更新中です!)

毎日1分健康情報フェイスブックページ
⇒ https://goo.gl/495sge


◆◆これが肥満の原因か?◆◆


肥満はここ数十年で爆発的に増えています。

全世界的にです。

何故でしょうか?

人々が裕福になったから?

いいえ。

貧困層が多い国でも肥満は増えてます。

むしろジャンクフードに接する機会の多い、
貧困層の方が肥満率が高い場合も有ります。


では運動不足でしょうか?

これは半分正解。

ひと昔前に比べて、人々の活動量は圧倒的に
少なくなっています。

産業分野では機械が普及し、肉体労働が減り、
移動に関しても、車や電車などが一般的に。

仕事でも生活においても、人々の活動量は、
数十年前と比較して大幅に減っています。

しかし、この運動量が減った分を考慮しても、
肥満の増加ペースを説明する事はできません。

運動量では説明出来ないペースで肥満が増え
続けているのです。
(間違いなく一因にはなっているはずですが)


では一体何が原因なのでしょうか?

その答えは・・・・

正確にはわかりません。

何故なら様々な条件が複雑に絡みついていて、
Aだから結果がBなのだと、単純には言えない
からです。

しかし、諸説ある中で、説得力のある説を
紹介したいと思います。


それは、【全ての元凶は糖の過剰】である。


というものです。

本来人間は雑食性で、動物の肉や、木の実、
果樹や塊茎(イモ的なもの)を食べていました。

今から『たった』数千年前の話です。
人類が農業を始めたのは結構最近なのです。

当然この中にも【糖】は含まれます。

しかし、現在私たちが食べている糖と、当時の
糖とでは、エネルギーの密度が全く違います。

現在は精製された形での糖というのが主流です。

砂糖、ブドウ糖果糖液糖、果糖・・・

全て当時には無かったものです。

当時の糖は、例えばイモに含まれるでんぷんや、
果物に含まれる果糖などだったでしょう。

イモのでんぷんは体内で分解されて糖になります。

が、分解に時間を要しますし、食物繊維と同時に
摂取する事になるので、吸収も穏やかです。

果物も同様でエネルギーの密度が全然低いです。
(カロリー見ればわかりますよね)

それに引き換え、現代の糖は、ジュース、お菓子
等を筆頭に、主食の炭水化物も精製度が高い物が
多く、体内では比較的短時間で糖になります。

ご飯、パン、うどん、等々。

これらの糖は、速やかに吸収されます。

そして血糖値をガツンと上げる。

血糖値が高くなると体には害が有ります。

ブドウ糖は高濃度では人体に有害なのです。

エネルギーとして重要だけど、濃度が高く
なりすぎると、たんぱく質を変質させ、
病気の原因になるのです。

ですので、体は頑張ってブドウ糖の濃度を
適正なレベルまで下げようとします。

一つ目の方法は、筋肉や肝臓にブドウ糖を
取り込み、グリコーゲンという物質に変換
したうえで貯蔵する方法です。

しかし、人が貯めこめるグリコーゲンの量は
たかが知れています。


二つ目の方法は、ブドウ糖を脂肪に変換し、
体に蓄える方法です。

これならかなり沢山のエネルギーをキープする
事が出来てしまいます。

ということで、もうおわかりでしょうか。

要するにエネルギー密度の高い糖の過剰摂取
によって、体脂肪が蓄積されやすくなり、
その結果肥満が増えたのではないか?

という説であります。

肥満大国アメリカのデータでは、過去50年間
肥満の数は右肩上がり。

たんぱく質と脂質の消費量はほぼ横ばい。

炭水化物(糖)の消費量は・・・右肩上がり。

炭水化物の消費量と肥満は同じように増加
しているのです。

理屈の面からしても、これが単なる偶然とは
言えないと思います。

因みに、現在も狩猟や採集を行って生活している
部族の人々には殆ど肥満が居ません。


と、いうことで!
あくまで一説では有りますが、お腹の脂肪が気に
なる方は、炭水化物の摂取方法を今一度気にして
みては如何でしょうか?
野菜の食物繊維と適度な主食。
ジュースやお菓子の単純糖質は避ける。
色々なところで言われる健康の原則に繋がるよう
な気がしませんか?


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
本号も最後までお読みいただき、有難うございます!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


■編集後記■

最近朝晩がめっきり涼しくなりましたね。@関西

夜もエアコン無しで気持ちよく寝れちゃいます。

今朝は朝起きたら見たことない景色が目の前に
あって驚きました。

まあ、ベットの上で180°回転していたという特に
パンチもひねりも無いオチなのですが。

頭と足の位置が反対になっていたので、起きた瞬間
アレッ!?と思っただけという。

おもろなくてほんまにすんまへん@関西

■ご注意■
本メルマガに記載させて頂いている内容は、筆者が
集めた情報を筆者の解釈も含めた形でお届けしてお
ります。

正確で有用な情報をお届けできるよう常に心がけて
いますが、内容の安全・正確性等について保証する
ものでは有りません。

ご紹介させて頂きました健康法等の実践等に
あたっては、読者様の慎重な自己判断を
お願い申し上げます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
│                         
│■ ■毎日1分 心・身・新・真・健康情報■ ■ 
│                         
│      発行者:山咲 幸二           
│ 著者プロフィール  ⇒  https://goo.gl/v0IGbm   
│                         
│ 本メルマガは『まぐまぐ』
│           よりお届けしております。 
│ 配信解除(泣)及び、バックナンバーは下記より  
│ お手続き、参照をお願い致します。        
│                         
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ