考えるオーラ

  • ¥0

    無料

『オーラを使う能力』は生きている人間でしたら潜在的にみんな持っています。しかし「オーラ」とは見えないものですから、そんなものは無いよと思ってしまいがちですが、生きている人ならみんな持っているのが「オーラ体」です。肉体と重なって存在しているエネルギー体なのです。『オーラを使う能力』が理解できてきますと見える世界と見えない世界の両方を感じられるようになります。そういう『考えるオーラ』の世界をこのメールマガジンで書いてゆきます。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
考えるオーラ
発行周期
(不定期です)
最終発行日
2018年02月10日
 
発行部数
437部
メルマガID
0001678667
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
生活情報 > こころ > 癒し

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号


―――――――――――――――★―――――――――――――――
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
―――――――――――――――☆―――――――――――――――
              ▼▼▼
               ▼

  ~呼吸をするというのは「空を飛ぶ」ということなんだよ~

          ▲▲▲考えるオーラ▲▲▲    

             ~034号~
―――――――――――――――――――――――――――――――
           ◆今回号のテーマ◆


        ☆傷ついた幽体を修正したい☆

―――――――――――――――――――――――――――――――
えーと、こんにちわ。

自分の状況を変えようとする言い方で、よく使われるのが「心の持ち
ようで・・・」なんていうのを使いますが、心なんていう抽象的なも
のは決まった「持ちよう」など無いものです。それよりも、こんなの
はどうでしょう?

幽体の持ちようで・・・

それは、肉体よりも、幽体さえよければ、ナントカなるからです。

肉体の衣を着で内に生きている幽体、外から見えませんが、ちゃんと
あります。しかも幽体はとってもナイーブで傷つきやすいのです。上
司や親や恋人や友達などからストレス的な言葉などを言われようなら
敏感な幽体はすぐへこんでしまうのです。

幽体はあの世で使うカラダのことですが、もちろんこの世でも幽体は
使われてますよ。自然な無意識で。良い幽体を持っていれば肉体が病
気になっても幽体が肉体を助けたりいたしますし、自分の目標や方向
に向かって進んで生きてゆくとき、幽体がチカラになってくれます。

なぜなら、幽体は、その上の次元の、霊的なチカラを呼び込むからな
のです。逆に、幽体がへこんだり傷ついたりしておりますと霊的なチ
カラを呼び込めません。守護霊不在っ。嫌ですよね。

◎~

ちょっと鯛焼きを例えにお話ししますと、周りの衣が肉体で、中のア
ンコが幽体だとします。鯛焼きサンは誰かからなにかキツイ『念』で
も送られてしまうと、外側の衣は傷ついて見えないのに、中だけはキ
ツイ念によってガタガタ・ブルブルになっているのです。

幽体は、『念』でもって、破られたり、傷つけられたりいたします。

ガタガタ・ブルブルを治す方法は見つかりません。大酒を飲んだり美
味しいものを食べても治りませんし、修正サプリなどもありません。
極悪な念を送られて(送る方は極悪とは思っていない場合もあります
が)、こちらが恨み幽体になったり怒り幽体になったり憎しみ幽体に
なってしまってしまったり。傷つけられると自分の幽体がそんな状態
になってしまいます。そんな不良幽体が、こんどは自分自身の肉体を
も傷つけてしまいます。

肉体と重なって存在しているあの世で生きるための幽体ですが、あの
世のカラダだからといって、この世で必要が無いわけではありません。

あの世のカラダ幽体が傷ついて弱まりますと、当然それが自分の精神
状態や肉体や内臓、考え方や血の巡りにまで影響が来るようです。よ
く「霊的なことが原因で病気や不幸になる」とか言いますが、それで
す。

その修正をしておきませんと、幽体はこの世のためにもよろしくあり
ません。

◎~

それで、傷付いた幽体を、肉体の側から修正+養生という方法も無く
もないのですが、わかりやすく説明しますと、それは「呼吸法の類」
のものなのです。しかし、傷ついた幽体を修正するのに、呼吸法とい
う、酸素や空気でおこなうというのはおかしなハナシですよね。

だって、幽体とは、酸素も空気も無いあの世のカラダですから、それ
を酸素と空気を使いなさいというのも変です。「呼吸法の類」で幽体
を修正+養生とは書きましたが、酸素や空気を吸う呼吸法ではありま
せん。

『息止めの呼吸法』と呼んだ方がよろしいと思います。

ヨーガでもこのような類の技法があります。クンバカ・クンバハカ・
バンダという技法の系統です。これは息の出し入れではなく、吸った
息を止めて漏らさない「保息」というものです。深呼吸とかではない
ですよ。幽体は深呼吸などしませんから。

ここでちょっと幽体と肉体の大きな違いを説明しておきます。肉体は
重みがあって、地球の引力や空気の気圧によって、物体的に地球環境
に従って存在しています。

重さ・堅さ・丈夫さ、などが肉体の存在性ですが、幽体はその逆であ
りまして、地に居着かない・軽い・浮いている・壁の中でも浸透して
ゆく、というまるで幽霊のような幽体です。この状態になっているこ
とで「幽体パワー」が出るのです。

◎~

浮いて・軽く・どこにでも入っていってしまう境目の無い体・・・。
という、へーんな幽体です。これが幽体パワーなのですが、他者から
の悪念で破られたり傷つけられたりいたしますと、幽体は肉体と同じ
ように地に居着いてしまったり、落ちたり、重くなったり、乾燥した
ようになったりと、まるで空気の抜けた風船のようになってしまいま
す。

『息止め呼吸法』によって、肉体に息を閉じこめてしまうことで体内
気圧が高まってゆき、まるで「浮いたよう」になります。一見弱々し
い風に見えるのですが、この時が一番パワーがあるのです。

これをぼくは『浮き身』と呼んでいます。

浮き身は、この世の状態ではありません。ふわふわと、まるで幽霊の
ような体感なのです。ガッチリとした隆々とした体ではありません。

きっとこのとき、肉体から幽体がふんわりと外に浮き上がって空を飛
べるかのようになっているのでしょう。

もう、半分あの世です。

『息止め呼吸法』はクンバハカとも言い、中村天風さんもクンバハカ
をすすめていましたが、これは幽体の教えでもあったのです(ぼくの
解釈ですが)。天風さんも、大病になって、ヨガの技法で生き返って
来られたせいか、教える内容もこの世のものではありません。

◎~

この世で生きるために、あの世のカラダ『幽体』の教え。

傷ついた幽体を修正するために、『息止め呼吸法』。

やり方をメールマガジンで説明出来るほど簡単ではありませんが、息
止めをしてゆきますと、なんだか足の裏からふわーーっと浮いてきて
地に足が着かない状態になります。

この状態で通常に歩くことは出来ませんが、その時に使う歩き方があ
りまして、それは「すり足」です。つま先をやや上げて氷の上を歩く
ようにするのですが、ちょっと間違うとすぐに足が地に着いて落ちて
しまいますから、浮いたままで前進しなければなりません。

すると、両足からの、浮いた状態が、ひたいのあたりから抜け出よう
としてきます(第3の眼)から、これをふさがないように。両足で浮い
てひたいのあたりから抜け出るように。

こんな状態になれれば、傷ついた幽体は修正され、この世で楽しく生
きてゆけます。この世で楽しければあの世でも楽しい~*

これを習得するには、一週間くらい、連続で学べると、理解できるか
と思います。ある程度、この世から離れた時間で学んでいただかない
と習得できないのでございます。

えーと。

とってもあやしい幽体のお話しでした。



◎このメールマガジンから直接返信をくだされば書いた人のところに
メールが届きます。
―――――――――――――――――――――――――――――――
◎もうひとつメールマガジンがあります!
『しあわせスイッチを入れるヒーリング教室』こちらから↓どうぞ。
http://www.mag2.com/m/0001112520.html
―――――――――――――――――――――――――――――――


              ▲◎▲
あなたのオーラのことについて何かご相談がありましたら、下記のホ
ームページの中に「ご相談お問い合わせページ」がありますからお気
軽にどうぞ。ご質問やお問い合わせにお返事を差し上げております。

◎発行者/しらのゆきひと(りゅう仙人)
◎考えるオーラホームページ/http://futari-no-aura.com/

◎/このメールマガジンの配信停止とバックナンバーはこちらで
http://www.mag2.com/m/0001678667.html

―――――――――――――――★―――――――――――――――
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
―――――――――――――――☆―――――――――――――――
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ