考えるオーラ

  • ¥0

    無料

『オーラを使う能力』は生きている人間でしたら潜在的にみんな持っています。しかし「オーラ」とは見えないものですから、そんなものは無いよと思ってしまいがちですが、生きている人ならみんな持っているのが「オーラ体」です。肉体と重なって存在しているエネルギー体なのです。『オーラを使う能力』が理解できてきますと見える世界と見えない世界の両方を感じられるようになります。そういう『考えるオーラ』の世界をこのメールマガジンで書いてゆきます。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
考えるオーラ
発行周期
(不定期です)
最終発行日
2017年10月18日
 
発行部数
469部
メルマガID
0001678667
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
生活情報 > こころ > 癒し

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

―――――――――――――――★―――――――――――――――
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
―――――――――――――――☆―――――――――――――――
              ▼▼▼
               ▼

  ~呼吸をするというのは「空を飛ぶ」ということなんだよ~

          ▲▲▲考えるオーラ▲▲▲    

             ~030号~
―――――――――――――――――――――――――――――――
           ◆今回号のテーマ◆


        ☆ディープオーラの世界/2☆

―――――――――――――――――――――――――――――――
◎~


ぼくはいつも、オーラのことばかり考えて、毎日練習して、呼吸を深
めるトレーニングは欠かさず、それはつまり、形の無いものの方を選
んで生きている、ということです。

これはきっと、ぼくが小さい頃から選んでやってきたことなのだろう
と、感じています。

どこの母親も同じだと思うけれど、やたらに勉強の成績のことだとか
お金を稼ぐこととか、言ってはいましたが、それもどうせ母親自身の
物欲から来ている考えなのだろうと、ぼくは無視してきたものです。

小さい頃、母親とよくオテテつないであちらこちら出かけたりお散歩
したりお買い物に出かけたりはしましたが、母親は自分のためのアク
セサリーの店に入ったまま出てこなかったり、自分の着る服やら着物
やら顔の美容整形やらで、自分の見た目ばかり気にする人でした。男
性からはモテテいたかもしれません。

近所ですれ違うオジサンを見てはニコニコしながら挨拶をしてました
が、あのオジサンはビルディングを持っているお金持ちなのよとぼく
に教えてくれたり、あの人は部長さんよ、などとお金持ちのオトコを
見てはよろこんでいたものです。

ぼくは、というと、そういうハナシを聞いてもなんら感動もしなくて
どうせ母親の物欲だっていう程度の気分で、ぼくはいつも空気ばかり
を見ていました。


◎~


小さいころから毎日がヒマでしたから、しかたがないので母親ゆずり
の絵のことやグラフィックデザインのことなどを勉強はしてましたが
17歳の頃、突然、自分の身体から空間が広がるという神秘体験をし
てからは、どことなく形の無いものの方への体感が強くなり、モノ作
りよりも、空間感覚の方に意識が移動していたようです。

身体の内側にあったものが、外側に広がったという、へーんな感覚を
体験したのです。


◎~


お金持ちといえば、だいたいが何かしらの経営者だったりしています
が、ぼくの地元の吉祥寺あたりでも、ぼくが小さいころから知ってい
るお店があって、もちろんビルディングを持って、その中に自分のお
店を開いている人でしたが、もう今頃は80歳くらいの老人になって
ます。

がんばって仕事をして、ビルも家も持って、会社を経営して、お金は
もちろん蓄えてはいるとは思いますが、そういう人を見ても小さい頃
からぜんぜん感動できなくて、単に社会的に裕福だけで、モノ売りや
モノ作りして、ただすり減らしている人々にしか見えなかったのです。

ぼくは毎日、自分のオーラのことや、生徒や相談者や仲間たちともオ
ーラのハナシやトレーニングのことばかりやってますが、こういうこ
とを誰かに話しても、オーラなんて見えない世界のことですから、な
かなか広く人と付き合えるものではありません。

どこかの飲み屋さんで誰かと知り合っても、オーラの話題なんて出せ
ませんし、ぼくの特殊な世界のハナシなんかに関心のある人なんてそ
ういませんし、その分、深く、狭く、長ーく、濃ーく、という生き方
になっております。

ふと思い出す、今まで知り合ってきた社会的には成功している人々を
考えても、福(眼に見えるものの世界の充実)はあっても悟り(眼に
見えない世界の充実)は無く、ぼくが老人になったとき、福だけしか
無いのでは惨めだなーって思うのです。

なーーんだ、それだけがんばってもカネしか持って無いのかぁーーっ
て。一言で言ってしまえばこんな感じになりましょうか。


◎~


長く生きてゆけば、どんどん薄れるオーラ体。社会的に成功さえして
いればオカネやらは持っているでしょうけれど、ぼくはそういうこと
よりも自分のオーラ体の方ばかりに意識がいって、自分の行く末のこ
とを考えれば考えるほど、やっぱりオーラ。

吉祥寺の街にお店を持っていたオジサン(今はオジーサン)は、もう
ヨボヨボで、おそらく満足に街を散歩も出来ないくらいだと思う。当
然アタマだってヨイヨイで、なにかしらの楽しいことすら浮かばない
だろう。

オジーサンになっても、綺麗な女の人を見ても感動するのかな。自分
の生命エネルギーが無い人が綺麗な女の人を見たって、よろこべない
でしょうね。よろこびや感動って、エネルギーの無い人にはありえな
いでしょうから。

オーラは、生きているうちにトレーニングすればするほど濃くなって
ゆきます。濃いオーラはどこまでも。ディープオーラの世界です。歳
を重ねても、肉体そのものは衰えても、オーラ体だけは、だいじょう
ぶなのです。

世のお金持ちの人々、社会的成功ばかりに気を奪われている人たちは
なぜこういうことの方に時間や意識を向けないのかなって、思ったり
するのですが、みんな歳をとって死を意識することになると宗教には
いきますよね。

吉祥寺にビルディングを持つオジーサン(実はぼくが十代のころ、そ
こでちょっとだけでしたがアルバイトをしたことがあったのです)が
もしオーラのトレーニングもやっていたら、きっと今のオジーサンで
は無い、かっこいい悟りオジーサンになっていただろうにと想像でき
ます。


◎~


一生を仕事だけで終わらせる生き方って、間違ってますよ。

どうせ、モノを売って、モノを作って、売ることばかりにアタマ使っ
て、オカネが入ることばかり考えて、働いて、疲れて、争って、競っ
て、病気して、老いて、そのまま死んでいって・・・。

ぼくは今から2年前、大きな病で死にかけたけれど、オーラ体が濃か
ったおかげで元気で戻ってきました。

仮に、あのままオーラ体といっしょに肉体から抜け出てあの世にいっ
ても、なんら後悔はしなかっただろう体験を持ってまして、オーラ体
を練っていたおかげで、そういう見えない的世界の体験をさせていた
だきました。

オーラを練ってきて、あーー、よかった!

この一言に尽きます。

ディープオーラの世界/その2のお話しでした。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。



◎このメールマガジンから直接返信をくだされば書いた人のところに
メールが届きます。
―――――――――――――――――――――――――――――――
◎もうひとつメールマガジンがあります!
『しあわせスイッチを入れるヒーリング教室』こちらから↓どうぞ。
http://www.mag2.com/m/0001112520.html
―――――――――――――――――――――――――――――――


              ▲◎▲
あなたのオーラのことについて何かご相談がありましたら、下記のホ
ームページの中に「ご相談お問い合わせページ」がありますからお気
軽にどうぞ。ご質問やお問い合わせにお返事を差し上げております。

◎発行者/しらのゆきひと(りゅう仙人)
◎考えるオーラホームページ/http://futari-no-aura.com/

◎/このメールマガジンの配信停止とバックナンバーはこちらで
http://www.mag2.com/m/0001678667.html

―――――――――――――――★―――――――――――――――
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
―――――――――――――――☆―――――――――――――――
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ