考えるオーラ

  • ¥0

    無料

オーラを使う能力があればもうこの世はだいじょうぶ。どなたでも「オーラを使う能力」はあります。りゅう仙人があなたの「オーラを使う能力」を判定+サポート+ガイドをいたします。あなたにも「オーラを使う能力」はありますからだいじょうぶなのです。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
考えるオーラ
発行周期
ほぼ 週刊
最終発行日
2017年08月12日
 
発行部数
502部
メルマガID
0001678667
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
教育・研究 > 科学・研究 > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号



―――――――――――――――★―――――――――――――――
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
―――――――――――――――☆―――――――――――――――
              ▼▼▼
               ▼

   ~オーラを使う能力があればこの世はもうだいじょうぶ~

          ▼▼▼考えるオーラ▼▼▼    

             ~023号~

―――――――――――――――――――――――――――――――
            ◆今回のテーマ◆

 ☆あなたのオーラを実用的に使えるようになるために/その1☆

―――――――――――――――――――――――――――――――
みなさんこんにちわ。

今回から何回か連続で「オーラを実用的に使えるようになるために」
のテーマで書いていきましょ。

オーラを実用的にとは、一体どういうことをいうのでしょうか?

まさか、オーラを使って姿を消すとか、空を飛んじゃうとか、欲しい
ものなーんでも手に入れちゃう、世界一アタマが良ーくなるとか?

いろいろと空想連想をされる読者のみなさまだと思います。もちろん
オーラが使えれば「あなたの思い浮かべたこと」くらいは、なーんで
もできると思いますよ。

では、そのための、基本中の基本を書いてゆくのでありますっ!
―――――――――――――――――――――――――――――――



              ▲△▲
オーラ・オーラ体とは、人間の身体を包んでいる「見えざる生命エネ
ルギー体」です。このエネルギー体が不安定になれば、身体の方も精
神の方もおかしくなるかもですから、常時安定させておきたいもので
あります。

実は、あなたの生命エネルギーであるオーラ体と、とっても仲良しの
存在がおります。え?それって誰でしょ?ワタシの好きなあの人のオ
ーラの存在かなっ?なんて言っている場合ではありません。

好きな人のオーラ体の存在も大切ではありますが、それよりもっと仲
良しになるべき存在がおります。

それは、地球を包んでいるクウキ(=体の外の大きな空間)です。

空気じゃなくて、オーラが働く場所としてのクウキね。

地のボールを包んでいる空の膜。地と空がひとつで地球ですね。人の
身体もみえざるエネルギー体に包まれていますから肉体とオーラ体で
「ひとつのカラダ」となっているところなんかは地球も身体もおんな
じだと思いませんか?




              ▲△▲
なので、自分のオーラを実用的に使うためにも、あらかじめ地球のク
ウキとつながっておく必要があります。あなたが一生オウチの中で生
きてゆく人ならばこんなことは必要は無いかもですが、あなたのオー
ラを外界とつなげて何かしら実用的に使いたいというのでしたら、お
外のクウキとつながるようになりましょう。

クウキとオーラはお友達。

お友達っていうとなんか曖昧な表現。親しい関係のか顔見知り程度な
のかよくわからないけれど、お互い深い関係になって、交わってひと
つになっちゃえばお友達以上の関係です。クウキとはまだ挨拶程度の
関係ということであるならばお友達未満の関係止まりですね。


「あなたの思い浮かべた」ことを実用的にナントカしたいと思うなら
ば、自分だけの小さなオーラだけでは弱いかもですから、地球のクウ
キとつながって「深ーい関係」になっておきましょう。そうなってし
まえばあなたのオーラも大きくなってチカラも大きくなりますよ。

クウキの中にはオーラもあなたの願いをかなえてくれるものも全部入
ってます。クウキとつながると、それらがバックについてくれます。



              ▲△▲
クウキとつながることを、りゅう仙人は「クウキに化ける」とか「ク
ウキを自分の味方にしちゃう」とか呼んでいます。

クウキとつながると、自分の「潜在能力の量」は小さな自分のオーラ
体の容量から、地球のクウキの大きさにまで拡張されます。

小さいオーラ体だけでは、生きてゆくだけで精一杯・・。

今までずっと「考えるオーラ」では呼吸法のハナシを書いてきました
が、この呼吸法こそ地球のクウキとつながる技法であったのです。

初心者の人は、自分の身体の中に息を入れるのが精一杯でしょうけれ
ど、それが大きくなってくると、地球のクウキとひとつになれるので
す。

そうなると、意識が変わる。なーんとなく、自分の存在が自分だけで
なく、もっと深い潜在意識になれたような「気分」になってゆく。こ
れが絶対に大切です。

空間視のハナシも書いてきました。

モノを見ないでクウキを見るんだよって。

「自分のオーラを実用的に使う」ためには、ここからが大切です。オ
ーラでモノを見るのではなくクウキでモノをみるのです。

会社の中では、ひとりひとりの顔を見るのではなく、会社の中の空間
を見るという感じで自分の存在を周囲に見せてください。

自分のオーラ体が地球のクウキのように見せられるように「演技」す
るのです。

ではー
つづきは
次号でね。
              

―――――――――――――――――――――――――――――――

          ~ヒソカの解説部屋~

今回は以前紹介した空間視の復習であると同時に、空間視の本当の意
味を解説する回でした。オーラが外に出て活動するための場として、
地球の「クウキ」というものがあるのだよというお話です。地球のク
ウキは地球にあるオーラにとっての場でありますし、願いをかなえて
くれるナニカが存在する場所でもあります。

何故かはともかくとして、外に出てそれらと出会う、そうすると何か
が起こる、というところまで、ご理解下さい。お外の空間を意識する
だけでも自分が拡大して開放されて、なんだかリラックスできそうで
すよね。次回はもう少し、クウキとの関わり方を解説致しますね。

―――――――――――――――――――――――――――――――
◎このメールマガジンから直接返信をくだされば書いた人のところに
メールが届きます。

★もうひとつメールマガジンがあります!
こちらはりゅう仙人がひとりで書いておりますメールマガジンです。
『しあわせスイッチを入れるヒーリング教室』こちらから↓どうぞ。
http://www.mag2.com/m/0001112520.html

★twitter もやってます!
twitter: @thinkingaura

―――――――――――――――――――――――――――――――


              ★★★
あなたのオーラのことについて何かご相談がありましたら、下記のホ
ームページの中に「ご相談お問い合わせページ」がありますからお気
軽にどうぞ。ご質問やお問い合わせにお返事を差し上げております。


―――――――――――――――――――――――――――――――
Å/発行者/りゅう仙人(しらのゆきひと)+白川ヒソカ
Å/考えるオーラホームページ/http://futari-no-aura.com/

Å/このメールマガジンの配信停止とバックナンバーはこちらで
http://www.mag2.com/m/0001678667.html


―――――――――――――――★―――――――――――――――
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
―――――――――――――――☆―――――――――――――――
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ