製薬企業MRのためのギャオスの部屋

  • ¥0

    無料

製薬企業MRの方や、MRになりたい学生の方向けに医療業界や製薬業界のニュースを独自の視点から解説します。このメルマガを読めば、業界のホットニュースを仕入れることができ、変化の激しい業界で生き残っていくための有用な情報源となるはずです。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
製薬企業MRのためのギャオスの部屋
発行周期
ほぼ 週刊
最終発行日
2017年08月14日
 
発行部数
53部
メルマガID
0001679215
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ニュース・情報源 > 業界ニュース > 食品・医薬・繊維

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

今週のホットトピック(第7号)
2017年8月14日(月)発行
_____________________

 ■iPS細胞の実情
_____________________

皆さん、おはようございます!
『製薬企業MRのためのギャオスの部屋 メルマガ編』
にようこそ♪

ブログとメルマガの管理人をしております
ギャオスです。

本メルマガでは、製薬企業にとって注目すべき
ニュースを共有するとともに、
私なりの意見や解釈を付け加えて、皆さんに発信するものです。


本日のテーマは、『iPS細胞の実情』です。


iPS細胞といえば、
ご存知、京大の山中先生のグループが
発明をした万能細胞ですね!

induced Pluripotent Stem cell(人工多能性幹細胞)
の頭文字をとって、iPS細胞と名付けられました。(2006年に発表)


多能性の細胞は
心筋細胞や神経細胞含め、
あらゆる細胞に分化することが出来ます。


ES細胞で問題視されていた
倫理的な問題や、移植による拒絶の問題を
iPS細胞は自己の細胞から作成可能なので
解決できることが期待されています。


発明当初、不安視されていた、
腫瘍化(がん化)のリスクも大幅に改善することに
成功しています。


さて、iPS細胞はどのように医療に貢献できるのでしょうか?
大きく2つに分けられます。


1つめは「再生医療」、
2つめは「創薬」への貢献です。


1つ目の再生医療は、
悪くなってしまった組織や細胞があるなら、
それをiPS細胞で作り出して移植しようという医療です。

臓器レベルの(巨大なもの)を作り出そうとするのは、
現状難しいです。(時間も費用も莫大になってしまうからです。)


しかし、実際に、
加齢黄斑変性症の患者さんで治験も実施され、
パーキンソン病、心筋梗塞などそのほかの疾患にも
実施されようとしています。


更に、これまで献血で対応してきた血小板の量産に
成功したというニュースもあります。

新聞の1面トップ記事なり、世間をにぎわせ、
期待感が高まっています。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201708/CK2017080702000233.html

血小板輸血は年間世界で500万回実施され、4000億円の市場があります。
今後それがiPS細胞による治療に置き換わるかもしれません。



さて、2つ目の創薬は、
次のように利用されています。


iPS細胞の技術を用い、
病気の患者さんの細胞を取ってきて培養することで、
病気の状態を正確に再現することができるのです。


これまではマウスの細胞で、
薬の効果や副作用を確認する手法が一般的でした。


それをヒトの疾患細胞で
確認することが出来るようになったのです。


マウスよりもヒトの細胞で確認できる方が
種差がなくなるので、より有用であることは明らかです。


マウスで効いて、ヒトで効かないなんてことは
本当によくある話なので。



これだけ研究が盛んになると、
医療への応用も勢いが加速しそうです。


もちろん、
製薬企業がこの機を逃すはずはありません。


武田薬品が10年で200億円を出資し、
京都大学iPS細胞研究所(CiRA)と提携しました。
https://www.takeda.co.jp/t-cira/


このような産学連携が進むのは、
医療の発展に大きく寄与するものと期待されています。


他にも多くの企業が、
iPS細胞を何とか自社の創薬の効率化などに
つなげようとしています。


暗い話題が多かったりする医療業界ですが、
こういう夢のある話題もメルマガでは取り扱っていきます。

絶望的な話題ばかりでは
みんな疲弊してしまいます。

皆さんに希望を持ってもらえるように、
頑張ります。


iPS細胞に興味が湧いた方は下記サイトが非常にわかりやすく
まとめています↓ ↓ ↓ 
http://www.cira.kyoto-u.ac.jp/j/faq/faq_ips.html

今日のお話が何かのお役に立てば幸いです。
本日の内容は以上です。


下記にギャオスブログの記事リンクも張り付けております。
もし、まだ読んでいないものがあれば、是非ご一読ください!

◆最近のブログ記事(下記URLから最近のブログの記事を拝見できます)↓↓↓

【327、それじゃムリ!(数字マーケティングの限界)】
⇒http://gyaosroomformr.hatenablog.com/entry/2017/07/27/155321

【328、転職を考えるなら知っておきたい3つの情報】
⇒http://gyaosroomformr.hatenablog.com/entry/2017/07/29/074521

【329、これはチェックしたい!薬剤師さんのブログ】
⇒http://gyaosroomformr.hatenablog.com/entry/2017/07/29/074911

【330、根性セールス】
⇒http://gyaosroomformr.hatenablog.com/entry/2017/08/03/194655

【331、ブログ・メルマガを書く3つの理由】
⇒http://gyaosroomformr.hatenablog.com/entry/2017/08/12/121818
__________________

 ■編集後記
__________________

いつもお読みいただき、ありがとうございます。
これからもメルマガでは、ご利用いただいている皆さんに役立つ
ホットな業界ニュースを独自の視点から解説できればと思っています。

ご感想・ご意見は、お気軽にご連絡くださいね♪
では、また来週お会いしましょう!!   by ギャオス
___________________________________

メールマガジン「製薬企業MRのためのギャオスの部屋」

☆発行責任者:ギャオス
☆公式ブログ:http://gyaosroomformr.hatenablog.com/
☆公式twitter:@gyaosroomformr(製薬企業)ギャオスの部屋 for MR
☆登録・解除:http://www.mag2.com/m/0001679215.html
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ