製薬企業MRのためのギャオスの部屋

  • ¥0

    無料

製薬企業MRの方や、MRになりたい学生の方向けに医療業界や製薬業界のニュースを独自の視点から解説します。このメルマガを読めば、業界のホットニュースを仕入れることができ、変化の激しい業界で生き残っていくための有用な情報源となるはずです。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
製薬企業MRのためのギャオスの部屋
発行周期
ほぼ 週刊
最終発行日
2017年09月23日
 
発行部数
64部
メルマガID
0001679215
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ニュース・情報源 > 業界ニュース > 食品・医薬・繊維

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

今週のホットトピック(第9号)
2017年9月23日(土)発行
_____________

 ■漢方薬の現在・未来
_____________

皆さん、おはようございます!
『製薬企業MRのためのギャオスの部屋 メルマガ編』
にようこそ♪

ブログとメルマガの管理人をしております
ギャオスです。

本メルマガは、
製薬企業にとって注目すべき
ニュースを共有するとともに、
私なりの意見や解釈を付け加えて、
皆さんに発信するものです。


今日は漢方の話をします!
漢方と言えば、日本の会社では「ツムラ」が圧倒的な大手です。
そのツムラが2017年9月22日、下記発表を行いました。

ツムラHPのニュースリリース↓
http://www.tsumura.co.jp/corporate/release/pdf/20170922.pdf


私なりにまとめさせていただくと

ツムラが中国の保険会社と
業務提携したというものです。

業務提携の目的としては、

・中国国内でも中薬のビジネスを展開していくこと、
・漢方の原料である「生薬」の品質保持・安定供給の確保
などがあるようです。


日本国内・中国国内ともに市場の拡大に伴い
原料である生薬の需要が高まっています。

中国の生薬の価格は5年間で約3倍に高騰しています。

さらに日本が消費する生薬の約80%は中国産です。


北海道などの寒冷地で栽培しようという試みも
広がっていますが、十分とは言えない状況です。


今回のツムラ社の決断は、
原料生薬は、今後もあくまで中国にこだわり頼る
という意志を表しているのではないかと思います。

そして、そのための体制整備のための
一手だったのではないかと考えています。


このように生薬の国内生産は厳しいと目されていましたが、
武田薬品は生薬の「カンゾウ」については、
日本国内での量産体制を整えるのに成功しています。
http://www.sankei.com/west/news/170731/wst1707310011-n1.html


漢方はいわゆる東洋医学で使用される薬剤で、対症療法が多いと言われています。
一方で、西洋医学で主流の低分子医薬品、バイオ医薬品は抗生物質のように、
根治も期待できる治療法です。
しかし一般的には西洋薬の方が副作用も強いとも言われてます。


どちらにも良いところ悪いところがあるので、
現場でも組み合わせて使われています。


漢方薬で個人的にインパクトのあったデータとしては、
大建中湯のデータでしょう!
これは大腸がんの術後の腸閉塞(イレウス)の予防にしようしたりしますが、
投与されていた患者さんでは術後の入院期間が約3.9日も短くなったというものです。
(引用)2)壁島康郎ほか. 日消外会誌. 2005, 38(6), p.592.


実は、かつて漢方生薬研究会に入っており
その時に漢方は趣味で勉強していました。


医療従事者限定のサイトですが、
ツムラ社の提供する「漢方スクエア」は漢方を学ぶサイトとして
非常に優れていると思います。


興味がある方はご登録してみてはいかがでしょうか?
http://www.kampo-s.jp/


漢方自体は、何か新しい薬が出来てくるということは
少ないと思いますが、リポジショニングドラッグとして
これまでとは別の適応で使われる可能性は
今後もあるのではないかと期待しています。


今日のお話が何かのお役に立てば幸いです。
本日の内容は以上です。


*内容は精確性を重視しているつもりですが、
間違いございましてもご容赦くださいませ。


下記にギャオスブログの記事リンクも張り付けております。
もし、まだ読んでいないものがあれば、是非ご一読ください!

◆最近のブログ記事(下記URLから最近のブログの記事を拝見できます)↓↓↓

【337、同行で分かった新人MRの脳内、その中身とは!?】
⇒http://gyaosroomformr.hatenablog.com/entry/2017/09/02/092520

【338、高め合う組織、マスターマインド始動!】
⇒http://gyaosroomformr.hatenablog.com/entry/2017/09/09/221126

【339、続・計画通り】
⇒http://gyaosroomformr.hatenablog.com/entry/2017/09/09/231614
__________________

 ■編集後記
__________________

いつもお読みいただき、ありがとうございます。
これからもメルマガでは、ご利用いただいている皆さんに役立つ
ホットな業界ニュースを独自の視点から解説できればと思っています。

ご感想・ご意見は、お気軽にご連絡くださいね♪
では、また来週お会いしましょう!!   by ギャオス
___________________________________

メールマガジン「製薬企業MRのためのギャオスの部屋」

☆発行責任者:ギャオス
☆お問い合わせ先:gyaosroomformr@yahoo.co.jp
☆公式ブログ:http://gyaosroomformr.hatenablog.com/
☆公式twitter:@gyaosroomformr(製薬企業)ギャオスの部屋 for MR
☆登録・解除:http://www.mag2.com/m/0001679215.html
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ