エンジニアの貴重なつぶやき情報

  • ¥0

    無料

株式会社Wave Technology(WTI)の各技術ジャンルに精通しているエンジニアの貴重な技術情報や、普段聞けないような開発談を情報として発信致します。なおこの内容についてはWTIのHPに掲載しているブログと同じものとなります。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
エンジニアの貴重なつぶやき情報
発行周期
ほぼ 週刊
最終発行日
2018年05月21日
 
発行部数
12部
メルマガID
0001679850
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > ネットビジネス > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

◆◇◆WTIの新人教育、ただいま真っ最中![18年度バージョン]◆◇◆

みなさんこんにちは。WTI技術教育センター長の森です。

昨年の同時期にブログ「WTIの新人教育、ただいま真っ最中!」をしたためました。
それからはや一年、今年も待ちに待った新人入社の季節を迎えました。
今年は6名ものフレッシュな若人が入社してくれました。
彼らの入社以降、講師の方々と共に入社時集合研修に日々取組んでいます。

この集合研修で技術教育センターが受け持つのは
技術文書の書き方講座、図面講座、アナログ・デジタル回路講座です。
今回は、アナログ・デジタル回路講座の様子をみなさんにご紹介いたします。

6名の新人の出身学科はいずれも理系ですが
非電気・電子系出身者もいます。
そんな彼らですが、全員に同じアナログ・デジタル回路講座を受けてもらいます。
この講座の総時間は66時間
4月の第二週から第四週までほぼ毎日開催します。

講座スタート直後は、初めて会う同期
初めての本格的な技術講座
初めて学ぶ技術など、初めて尽くしで緊張しているためか
講座は静かに流れていきました。

しかし、回を追うごとに、講座がザワついてきました。
非電気・電子系の新人の素朴な疑問や指摘に
一人一人が真剣に考える。
皆が興味を持って考える。
だからワイガヤ議論が進むんですね。

座学で学んだことを実験で確かめ、実験レポートを作成し
レポートレビューの場では技術的な討議を行い
実験レポートは提出してもらうだけでなく
技術文書の書き方や技術的内容についてみっちりと
添削指導を加えて各人にフィードバックします。
そして、これら学んだことをベースに次の単元に移っていくというのが
この講座の特徴です。

このようにして、当社独自の講座プログラムは進んで行きます。
基礎理論・原理原則を学び、実験で手を動かして確認し
レポートを書いて整理・考察し、添削フィードバックを受けるという
流れそのものが、実務で成長してく基本プロセスです。
これを繰り返し行うことで、基本的かつ実践的な回路学習は定着していきます。

もうすぐ4月が終わりますが、講座が終わる頃に
少し成長して自信をもった彼らの笑顔が楽しみです。

最後に、当社では非電気・電子系学科の方でも
積極的に採用させてもらっています。
専門外でもやる気がある方なら大歓迎です。
もちろん電気・電子系学科の方も大歓迎です。

当社オリジナルの教育プログラムを通じて
非電気・電子系学科の方も、もちろん電気・電子系学科の方も
しっかりと力をつけてもらうことができます。

こうして培った教育ノウハウをお客様の社員教育に役立てていただくために
新サービスブランド『テクノシェルパ』としてご提供しております。
興味をお持ちの方はお気軽にお問い合わせください。
https://techno-sherpa.com/

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

WTIの各サービスをご覧になりたい方は以下のURLをクリックして下さい。

・世界初の3Dアクセスの技術を有するWTIの
 「ワイヤレス給電(無線電力伝送)設計サービス」はこちら
  https://www.wti.jp/contents/wpt.htm

・当社受注件数No1.の
 「半導体製品の生産終了(ディスコン、EOL)に伴う
 代替品調査・再設計サービス」はこちら
  https://www.wti.jp/contents/discon.htm
  https://www.wti.jp/contents/blog/blog170203.htm(営業部長ブログ)
  https://www.youtube.com/watch?v=iH7anCYgtA8 (社長の説明動画)

・他の設計/開発会社よりも実測値に近いと好評の
 「熱・応力解析(シミュレーション))はこちら
  https://www.wti.jp/contents/simulation.htm
  https://www.wti.jp/contents/blog/blog170321.htm (構造設計課長ブログ)

・最近、当社への問合せ急増中の
 「リバースエンジニアリング(他社品/自社品解析)」はこちら
  https://www.wti.jp/contents/teardown.htm
  https://www.youtube.com/watch?v=DAATeMfyLCw (社長の説明動画)

・設計ノウハウや開発苦労話をWTIエンジニアがつぶやく
 「WTIブログ」も好評連載中
  https://www.wti.jp/contents/blog/index.htm

・EMC対策でお悩みでしたら、
 自社電波暗室で実施するWTIのEMI対策サービスをご覧ください 
  https://www.wti.jp/contents/emi-02.htm

・お客様がWTIを選ぶ理由No.1が「技術力」。
 その中でも最高の評価をいただいているのが
 「高周波設計/評価技術」。高周波設計/評価技術の詳細はこちら
  https://www.wti.jp/contents/microwave.htm

各サービスを動画でご覧なりたい方は下記ページをご覧下さい。
 URL:https://www.wti.jp/contents/movie.htm












メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ