日消連メールマガジン「すこやかないのちを未来につなぐ」

  • ¥0

    無料

日本消費者連盟は1969年の創立以来、「すこやかないのちを未来につなぐ」を理念に掲げ活動しています。人のいのちや健康より企業や国家の利益を優先する世の中を変えるには――。そんな情報を毎月お届けします。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
日消連メールマガジン「すこやかないのちを未来につなぐ」
発行周期
月刊
最終発行日
2017年09月28日
 
発行部数
24部
メルマガID
0001680820
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
行政・政治・地域情報 > 団体 > NPO・NGO

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 日消連メールマガジン「すこやかないのちを未来につなぐ」第2号
◇        2017年9月28日発行(月1回発行)
◆            発行者:特定非営利活動法人 日本消費者連盟
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

みなさん、こんにちは。日本消費者連盟のメールマガジンをお送りします。
日本消費者連盟は1969年の創立以来、「すこやかないのちを未来につなぐ」
を理念に掲げ活動しています。企業や国家の利益よりも人のいのちや健康を
優先する社会をつくりたい――そんな情報を毎月お届けします。

 ◎もくじ 

1.日本消費者連盟・関係団体の取り組み

(1)10月9日に連続講座第1回 「香害―そのニオイが体をむしばむ」
(2)「香害」ー消費者団体が消費者庁に要望書 柔軟剤など規制を
(3)共謀罪の廃止を求める緊急統一署名にご協力を
(4)すべての遺伝子組み換え食品に表示を ハガキ大作戦始まる
(5)「消費者のための日欧EPAを」日消連と欧州消費者機構が共同で要望書
(6)欧州議会の日欧EPA担当議員と意見交換 ISDS反対を明言

2.「消費者リポート」のご案内・会員募集
(1)消費者リポート1601号案内
(2)日本消費者連盟の会員になりませんか

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1 日本消費者連盟・関係団体の取り組み
───────────────────────────────────

(1)10月9日に連続講座第1回 「香害―そのニオイが体をむしばむ」

 私たちが日常、何気なく使っているものの中には、多くの化学物質が使われ
ています。それらは、暮らしを便利にしてくれる反面、健康や環境を脅かして
いることも数多くあります。便利だから、安いから、と使っているものをもう
一度見直してみませんか?
 10月から始まる日本消費者連盟の秋の連続講座では、専門家を講師に迎え、
これらの問題をわかりやすくお話しをいただきます。質問や意見交換の時間も
たっぷりとります。3回とも時間・場所は同じです。お気軽においでください。

 第1回 10月9日(月・祝)
  「香害―そのニオイが体をむしばむ」 
  講師 岡田幹治さん(ジャーナリスト)
 汗のにおいが気になるからと、制汗剤や消臭剤、化粧品などを使用する人
  も増えています。でもそれが、香りの害で苦しむ「化学物質過敏症」の人
  や自分自身の健康にも影響を与えているのです。その実態や使わないで済
  ませる方法を考えます。

 第2回 11月23日(木・祝)
  「終わっていない環境ホルモン問題」
  講師 中下裕子さん(ダイオキシン・環境ホルモン国民会議事務局長)
 
 第3回 12月16日(土)
  「ネオニコ系農薬の環境リスク」 
  講師 関根彩子さん(グリーン・ピース ジャパン)

 時間:13:30~16:00(3回とも同じ)
 場所:千代田区神田駿河台「連合会館」5階501会議室
   (地下鉄「新御茶ノ水」「淡路町」「小川町」、JR「お茶の水」下車)
    ※地図 http://rengokaikan.jp/access/ 
 参加費:800円(日消連会員は500円)
     お得な3回通し券2000円(日消連会員は1200円)
 主催:日本消費者連盟(電話:03-5155-4765 ファクス:03-5155-4767)

 ■詳しくはこちら⇒ http://nishoren.net/event-information/9319

(2)「香害」ー消費者団体が消費者庁に要望書 柔軟剤など規制を

 日本消費者連盟が実施した、香りの害に苦しむ人からの相談窓口「香害110番」
での内容などをもとに、日消連や「化学物質過敏症支援センター」など8団体は
8月24日に消費者庁を訪ね、「香害をもたらす製品の規制を求める要望書」を
提出しました。110番の相談では、香りを強化した柔軟仕上げ剤をきっかけに症
状を悪化させていることなどを指摘し、それらの販売の規制や「家庭用品品質表
示法」の指定を求めました。

 ■要請書全文はこちら⇒ http://nishoren.net/new-information/9356

(3)共謀罪の廃止を求める緊急統一署名にご協力を

 「話し合うことが罪になる」共謀罪法(改正組織犯罪処罰法)は憲法が保障す
る思想・言論・表現の自由を侵害するなど、あらゆる点で問題があります。日本
消費者連盟を含め、共謀罪の廃止のため「連絡会」が結成され、現在、緊急統一
署名を行っています。ご協力をお願いします。

 ■署名用紙はこちら⇒ http://nishoren.net/new-information/9384

 ●9月15日に東京・日比谷野外音楽堂で開催する「共謀罪は廃止できる!9・
15大集会」が開かれ、3000人が参加しました。

 ■詳しくはこちら⇒ https://www.kyobozaino.com/

 ●パンフ 「一からわかる共謀罪」好評発売中!
 共謀罪が言論、思想を取り締まる危険な法律であり、政府の説明が嘘である
ことを明らかになるパンフです。日消連で取り扱っています。

 <問合せ・注文先> 日本消費者連盟
  電話:03-5155-4765  ファクス:03-5155-4767
  頒価:200円(送料別)

 ■詳しくはこちら⇒ http://nishoren.net/flash/8402

(4)すべての遺伝子組み換え食品に表示を ハガキ大作戦始まる

 消費者庁は4月から「遺伝子組み換え表示制度」の見直しのための検討会を開
いています。現在の制度は遺伝子組み換え原料を含む大部分の食品が表示義務を
免れる欠陥制度です。EUや韓国、台湾などに比べても遅れています。
 日消連ではすべての遺伝子組み換え食品にきちんと表示をさせるために、9月
から「はがき大作戦」を行うことにしました。消費者担当大臣、消費者庁長官、
そして検討会の座長に対し、メッセージを書いたはがきを送る取り組みです。は
がきは日消連にあります。ご連絡いただければお送りします(切手はお貼りくだ
さい)。ぜひ周りにも広めてください。

 ■詳しくはこちら⇒ http://nishoren.net/new-information/9380

(5)「消費者のための日欧EPAを」日消連と欧州消費者機構が共同で要望書

 7月に日本と欧州連合(EU)との経済連携協定(EPA)の「大枠合意」が
発表されましたが、日本消費者連盟と欧州消費者機構(BEUC)は、日欧EP
Aは消費者の参加の下で、消費者を守り、消費者に実質的な恩恵をもたらし、持
続可能な開発に寄与するものでなければならないとして、要望や考え方を共同で
まとめ、日本の外務省と経済産業省、欧州委員会の貿易担当委員に提出しました。
 内容は、交渉過程での消費者団体の参加、投資企業が国家を訴えるISDS条
項などの反対、食品の表示規制をヨーロッパ並みにし、遺伝子組み換え食品など
の消費者の「知る権利」の保障、交渉内容の情報開示などを求めています。

 ■要請文はこちら⇒ http://nishoren.net/new-information/9400

(6)欧州議会の日欧EPA担当議員と意見交換 ISDS反対を明言

 日本消費者連盟の大野和興共同代表などは、9月20日に東京港区にある「駐日
欧州連合本部」で、EU議会で日欧EPAを担当するペドロ・シルヴァ・ペレイ
ラ議員と会い、日欧EPAについて意見交換を行いました。ペレイラ議員は、E
U委員会が進めている交渉について、EU議会として判断するうえで、相手国の
日本においてどのような論議が行われているかを調査するために来日。日消連の
他に、経団連や労働組合の連合、環境団体などとも懇談を重ねていました。
 意見交換では、日消連側からは、食の安全や農業、投資企業が国家を訴えるこ
とができるISDA条項などについて、消費者のための協定であるべきだと主張
しました。
 これに対し、ペレイラ議員は「消費者団体も協定を作るときに意見を反映でき
るようにすべきだ」として、「消費者保護や環境保護の基準は下がることはない」
「予防原則の権利がある」「日本の主張するISDS条項はEUは受け入れない」
などと答えました。特にISDSに明確に反対を表明したことは、今後の交渉に
大きな影響を与えることになりそうです。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2.「消費者リポート」のご案内・会員募集
───────────────────────────────────

(1)「消費者リポート」1601号(9月20日発行)のご案内

 今号の特集は「今こそ表示させよう!遺伝子組み換え食品」です。
今年4月から消費者庁で遺伝子組み換え表示制度に関する検討が始まりました。
約15年前に制度ができてから初の本格的な検討です。改めて、今の表示制度の何
が問題なのかを整理し消費者の権利という視点から表示について考えました。
EUや韓国、台湾の最新情報も紹介しています。

特集:今こそ表示させよう!遺伝子組み換え食品
見て理解できる、選べる表示に/安全性評価の問題点/消費者には「表示させる
権利」がある/立ち遅れる日本 消費者の声が表示を変える

 その他、日本&世界の消費者ニュース、そこが知りたいQ&A、各地の話題、本&
 映画の紹介など、盛りだくさんの内容です。

(2)日本消費者連盟の会員になりませんか

 日本消費者連盟は次の点を目標に活動しています。

 生命の安全と健康を第一に考えます
 私たちのさまざまな権利が守られる制度をつくります
 経済的不公平をなくし、フェアな社会をめざします
 私たちの要求を企業や行政に積極的に働きかけ実現をはかります
 財政的には自立、政治的には超党派です

 これらの活動は会員によって支えられています。一人では難しいことも、仲間が
集まれば可能になります。一緒に活動をしませんか? 日本消費者連盟では会員を
募集しています。日消連に入会すると月1回「消費者リポート」が届きます。

■年会費
 普通会員:8,000円(「消費者レポート」購読料を含む)
 維持会員:14,000円(「消費者リポート」購読料と新刊ブックレット配布含む)
 
■申し込みはーーー 
 下記の日消連事務局までご連絡ください:
 所在地:〒169-0051 東京都新宿区西早稲田1-9-19-207
 Tel: 03-5155-4765 Fax: 03-5155-4767
 メール: office.j@nishoren.org

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
------------------------------------------------------------
編集後記
-------------------------------------------------------

 「まさか」と思うことが、時々起こるものですが、いまは毎日が「まさか」の
連続です。いうまでもなく、衆議院の解散、総選挙の動きです。このメルマガが
発行される9月28日に解散、10月22日に投票ということになりました。
 日本消費者連盟は創設以来、政治的には超党派を貫いて、特定の政党への支援
などは一切行いませんが、消費者・生活者をないがしろにする政治や政党には厳
しく批判をしてきました。5年近く続く第2次安倍政権で、私たちの生活はどう
なったか、何が行われたか、これからどうなろうとしているか、もう改めて指摘
するまでもないでしょう。絶対に改憲ができるような勢力を与えてはなりません。
 一方、その自民党に対抗するとしてにわかに注目を浴びている政党があります。
その代表になった方は、私たちが都知事選挙の時から「中央卸売市場の豊洲移転
問題」で、再三質問状やアンケートを送っても、まったく回答をしてくれません
でした。そんな人の「日本リセット」って、どんなものかなぁーと思うこの頃です。

 日消連メールマガジン次号は、10月下旬発行予定です。(市)

------------------------------------------------------------
連絡先等
------------------------------------------------------------

[日消連メールマガジン]
発行:特定非営利活動法人?日本消費者連盟
(〒〒169-0051 東京都新宿区西早稲田1-9-19-207)

◆このメールマガジンに関するご意見・ご要望、又は、転載を希望する場合は、
 次までお願いします。TEL03-5155-4765  office.j@nishoren.org
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ