ドクターNの呼吸器通信

  • ¥0

    無料

呼吸器内科専門医のドクターNです。 このメルマガでは、一般の人を対象に知っておくと役立つ呼吸器の知識を配信していきたいと思います。 よろしくお願いします。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
ドクターNの呼吸器通信
発行周期
ほぼ 週刊
最終発行日
2018年06月15日
 
発行部数
20部
メルマガID
0001681055
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
生活情報 > 健康・医療 > 病院情報

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

今回からCOPDについて書いていきます。

COPDは、慢性閉塞性肺疾患のことです。

一昔前までは、肺気腫とか慢性気管支炎と言われていました。

日本においては、大部分がタバコが原因とされます。。。

======================================================

今回はCOPDの症状についてです。


COPDの症状は、なかなか厄介です。

というのも、咳、痰(たん)、労作時の息切れ、が主な症状なのですが、

タバコを吸っている人は、咳や痰がもともとある人が多く、

「タバコのせい」と片付けてしまうことが多く、

また労作時の息切れ(動いた後に呼吸が苦しい)のは「年のせい」と

片づけてしまい、なかなか受診しないことが多いからです。



タバコを吸う人がすべてCOPDと診断されるわけではなく、

20-30%がタバコによって肺が壊れやすい(=COPD)と言われています。



タバコを吸う人に言いたいのは、

「咳や痰は当たり前の症状ではない」ということです。



タバコを吸わない人にとっては、咳や痰があることは異常ですが、

タバコを吸う人にとっても咳や痰が続くような場合は、

COPDの可能性があるため、一度呼吸器内科を受診しましょう。



受診がめんどくさい場合は、まずは禁煙をしてみて、

咳や痰の症状がおさまるか、経過をみることをおすすめします。

禁煙しても症状がつづく場合には、観念して受診しましょう。



労作時の呼吸困難は、最初は階段を上がるときに自覚します。

この時点で年のせいと思わず、タバコを吸っている場合には

COPDの可能性があるので呼吸器内科を受診してください。


進行すると平地を歩いていても息切れするようになり、

さらに進むと100mの歩行で息切れがするようになります。


ここまで進んだ状態で受診しても、なかなかいい薬はありません。

やはり早期で、階段を上って息切れがする時点で受診することをお勧めします。




作者ホームページ→ https://resdoctorn.jimdo.com
作者ブログ   → https://ameblo.jp/resdoctorn
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ