毎日1問!エコクイズ

  • ¥0

    無料

地球にやさしいエコの知識を、毎日一問クイズでお届け。ゴミの分別からエネルギー問題まで、幅広い知識がたのしくやさしくあなたのものに。お相手するのはeco検定ほぼ満点合格の、環境系企業ベテランOL!お子さんの未来を思うパパママや、エコ方面で活躍したい学生・社会人からシニアまで、エコロジーに興味があるなら読まなきゃ損するメルマガです。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
毎日1問!エコクイズ
発行周期
ほぼ 日刊
最終発行日
2018年01月19日
 
発行部数
34部
メルマガID
0001681222
形式
PC・携帯向け/テキスト・HTML形式
カテゴリ
ニュース・情報源 > 業界ニュース > 環境・エコ

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■ 毎日1問!エコクイズ ■□■
#58「水俣条約」が規制している物質は?
2018/01/19
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
昨日、
二種外務員資格試験を
受験しました。

結果は
「70%以上の得点」で
合格ということらしいです。

胸をなでおろしつつ、
本日のエコクイズ、
行ってみましょう!

■問題

「水俣条約」が規制している物質は、
次のうちどれでしょう?

1. カドミウム

2. 二酸化窒素

3. 水銀

■解説

「水俣条約」とは、
2013年1月19日に国連の会議で
その名が決まり、
同年10月、熊本県における会合で
採択された条約です。

この条約は、ざっくり言うと、
水銀や水銀を使った製品の
製造や輸出入を規制する国際条約。

人の営みによって排出される
水銀や水銀化合物から
人の健康や環境を保護するのが目的で、
正式名称は、
「水銀に関する水俣条約」といいます。

採択から約4年、
「うちも締結するよ!」という国が
規定の50か国を超えたため
2017年8月に発効しました。

日本も、締約国の一つです。

条約名の「水俣」は、
熊本県の水俣市からきています。

同市は、高度成長時代に
工業排水に含まれる有機水銀により
引き起こされた深刻な健康被害
「水俣病」が発生したところ。

最初に被害が確認されたのは
1956年のことでした。

それから約60年が経ちますが、
水銀の脅威はなくなっておらず、
規制する情報が必要とされるほどです。

例えば、フィリピンの小規模な
金採掘の現場では、
大量の水銀が大気中に
放出されています。

あと、水俣湾の水銀も
除去されたわけではないんですよね…

そのへんの話は、
下記のブログ記事にまとめましたので、
あわせてお読みいただけましたら
幸いです。

えっ?まだ埋まってるの?水俣条約発効で知った日本のお粗末な水銀対策
http://bit.ly/2rowAmg

■正解

ということで、本日のエコクイズ

「水俣条約」が規制している物質は?

の答えは、3「水銀」でした。

カドミウムは、
同じく高度成長期の公害病である
イタイイタイ病を
引き起こした物質。

二酸化窒素は、四日市ぜんそくの
原因物質のひとつです。

■編集後記

証券外務員の資格自体は、
証券会社などに就職して外務員登録を受けないと
生かせません。

が、金融や財務のしくみをざっくりと学ぶには
なかなか有効ではないかと思われます。

特に財務諸表を読むのが
苦手な人にはおすすめかも。

ちなみに学習期間は1か月少々でした。

☆公式サイト:https://eco.manabikata.com/
☆Twitter:https://twitter.com/ecojirosan
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ