ダイビングの寺子屋

  • ¥0

    無料

日本で1,2位を競うダイビングの老舗の現役インストラクターが伝授! マニュアルには、掲載されていないダイビングの豆知識。 苦手なスキル・スキルアップ・現役インストラクターが指導する際に役立つ情報&本質を語るメールマガジン! ドアをノックするたびに‥扉を開くたびに‥広がる海中世界! それがスキューバダイビングです!!

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
ダイビングの寺子屋
発行周期
不定期(但し、貴方からの真面目な質問には早く対応します)
最終発行日
2017年11月23日
 
発行部数
9部
メルマガID
0001681252
形式
PC・携帯向け/テキスト・HTML形式
カテゴリ
スポーツ・アウトドア > マリンスポーツ > ダイビング

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

カテゴリー:スキル
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ダイビングインストラクター歴16年の発行人が、
┃ ダイビング技術・知識・思考法、
┃ その経験から得たダイビングの本質を語るメールマガジン
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃※初めてメルマガをお読みの方は、こちらもご覧下さい。
┃発行人ブログ『Marine Zorro by nacky』http://zorro-nacky.com/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【耳抜き;6 耳抜きのタイミング】

こんにちは。ナッキーです。

さて、
耳抜きが苦手なあなたは、耳抜き1~5を実践してみましたか?
いかがだったでしょうか。

陸上で耳抜きが出来ているのに、
いざ海中に潜ると耳抜きが出来ない。
1本目は耳抜き出来たのに、2本目は出来ない。
という事はありませんでしたか?

耳抜きが出来たり出来なかったり、、。
耳抜きにムラがある人の原因の一つに、
『耳抜きをするタイミング』
があります。

OW講習で、耳抜きをするタイミングまでは、
なかなか教えてくれないものです。

実は、
『耳抜きをするタイミング』は、
深度と大きく関係しています。

あなたは、
OW講習の学科で、
【ボイルシャルルの法則】
というのを学習したと思います。
覚えていますか?
忘れた方は、Webサイトで検索してくださいね(^_-)-☆
沢山のサイトがありますから‥。

あなたが僅かに覚えていることとしたら。。。
「大気圧=1気圧、水深10m=2気圧、水深20m=3気圧‥。」
こんな感じでしょうか。
それだけでも充分です!

では、
大気圧→水深10m→水深20mと潜っていく中で、
水圧の変化が一番大きいのは、どの部分でしょうか?

実は、
水深0m~水深3mなんです。

たった3mの距離ですが、
この水域で耳抜きが出来ていなければ、
それ以上深い水深にいくと、
確実に耳が痛くなります!

ダイビング初心者は、
まず海へもぐることへの緊張が先に来ます。
「しっかり深く呼吸して、潜る時は吐き気味の呼吸にして‥。」
「インフレーターホースを真っ直ぐ上にあげて‥。」
「耳抜きして‥。」等々。。。
やらなければいけない事がいっぱいあって、

いざ潜る!!時に、
耳抜きを忘れてしまう。
耳抜きが痛くなってから耳抜きをしてしまう。
になってしまうのです。

その人本人が、まだまだ環境になれていない証拠です。

さぁ!
では、いつ耳抜きを開始すればいいか?

それは、
陸上で、耳抜きが出来るかどうかまずチェックしておいてください。

そして、
潜り始めて、頭のてっぺんが海中に入ったら、
耳抜きを開始してください。

潜降ロープがある場合は、最初の耳抜きをした後、
ロープをつたって降りる際に、
拳3つ~5つくらいずつ潜降するたびに、
耳抜きをして下さい。
耳抜きが出来たら、
再び拳3つ~5つくらいずつ潜降し、
耳抜きして下さい。

フリー潜降の場合は、
頭のてっぺんが海中に入った時に、耳抜きをしたら、
両手で大きく下から上に向かってひとかきして、
(そうすると、グッ!と潜降します。)
その後耳抜きして下さい。
そして、もうひとかきして、耳抜き。

これを水深0m~3mの間でやってみて下さい。
そうすると、
大概は耳抜きが出来ています。
出来ていなかったら、
~水深5mまでやってみて下さい。

それ以深は、
圧力変化が少なくなりますので、
耳抜きは余りしなくても基本的には、大丈夫です。
あとは、あなたの耳の具合次第で耳抜きをしていって下さい。


要は、
水圧変化が大きい水深で、
どれだけ効率よく耳抜きをするか。

さぁ!
チャレンジしてみましょう!!!



◎貴方のダイビングに対する真面目な質問には、真摯に対応します!
気軽にコメント欄に入力して下さい。
◎「ダイビングがしたい!」は、こちら
⇒http://www.marine-zorro.co.jp/reserv
◎「実際に教わりたい!」は、
コメント欄に入力の上、上記HPでご予約下さい!
◎『ダイビングの寺子屋』の登録or配信停止はこちら
⇒http://mobile.mag2.com/mm/0001681252.html
◎発行人blog『Marine Zorro bynacky』毎日更新中!
⇒http://zorro-nacky.com
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ