ちえの木の実 メールマガジン

  • ¥0

    無料

恵比寿にある絵本・児童書の専門店「ちえの木の実」のメールマガジンです。おはなし会や2階貸切プランなどのイベント情報・おすすめ絵本の情報などをお伝えしていきます。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
ちえの木の実 メールマガジン
発行周期
ほぼ 月刊
最終発行日
2018年01月08日
 
発行部数
23部
メルマガID
0001681312
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
アート・文芸 > 文芸 > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

あけましておめでとうございます。
皆さま、お正月はゆっくり過ごされましたでしょうか。

本年もちえの木の実をどうぞよろしくお願いいたします。

ちえの木の実では、新しい年を迎え店頭特集コーナーを「新しいことにチャレンジする」テーマの絵本をそろえてみました!新年に、2018年の抱負を決めた方も多いのではないでしょうか。絵本にも、新しい一歩を踏み出そうとする主人公たちがたくさんいます。

今日はその中から1冊「ちょろりんのすてきなセーター」をご紹介いたします!

「ちょろりんのすてきなセーター」降矢なな 作・絵

ちょろりんはさむがりやのとかげの男の子。町に冷たい風が吹き、冬がやってきました。
そんな時、ちょろりんはショーウィンドウに素敵な色のセーターが飾られているのを見つけ、とってもほしくなります。
おうちに帰ってお母さんにねだっても買ってはくれません。

さあ、セーターを手にいれるためにちょろりんはどうする?

初めて手にとった時は、独特なタッチの絵に「うちの娘たちは女の子っぽい可愛い絵の本が好きだし、気に入るかな?」と少し不安に思いましたが一緒に読んでみると親子ともどもすぐにその世界にひきこまれてしまい、大切なお気にいりの本になりました。一見怖そうな登場人物たちもとっても魅力的なんです!何よりちょろりんを応援したくなってしまいます。
最後のページまで読むと、春色のセーターを着たように、心がほっこり温かくなりますよ♪
1986年に書かれたロングセラーです。ぜひ店頭で手にとって見てみてくださいね。

「ちょろりんのすてきなセーター」
作 降矢なな
福音館書店 900円+税

==イベントのお知らせ  Young artists' books fair 12th===

1月に行われる新規イベントのお知らせです!
1月20日(土)~28日(日)の間、ちえの木の実にて「Young artists' books fair」が行われます。
こちらは2006年より毎年開催されているイベントで、ニューヨークでも毎年展示が行われています。今年度は東京ではBooks Kinokuniya Tokyoとちえの木の実でイベントが行われることになりました!

===以下、イベントページより抜粋====
YOUNG ARTISTS’ BOOKS PROJECT デジタル技術、機器の進化により、嘗て考えられなかったほど本作りか容易になり、アーティストブックという新しいジャンルが若い世代のアーティスト達を中心に世界的に広がろうとしています。このプログラムは、本というパブリックなメディアからプライベートなメディアへのあらたな展開へのプロジェクトです。
アーティストが自らのメッセージを伝える方法として、本という形態はコミュニケーションメディアそのものである事。そしてアーティストによりマルチプルなかたちで様々な少量生産の魅力的な本が生み出されていく可能性があること。それは、従来の発行部数によって全てが決まるパブリシティーの世界(パブリックなメディア世界)へ個から発した
プライベートなメディアが豊かに入り込んでいく可能性を意味します。 プログラムは毎年11月 ペッハーズギャラリーのReading展でスタートし、翌年1月TOKYO 紀伊國屋書店南店でのYOUNG ARTISTS’ BOOKS FAIRを経て、3月ニューヨーク、NY紀伊國屋書店をはじめトレンドエリア数カ所の書店でJAPANESE YOUNG ARTISTS’ BOOKS FAIRとして、日本の
アーティストブックの形成と普及に向けてプレゼンテーションするトラベリングプロジェクトとして展開して来ました。 特にニューヨークではNY紀伊國屋書店をコアに、毎年9月にMOMA PS1で開催されるTHE NY ART BOOK FAIRを主催している世界のアーティストブックを扱うNPOスペースのPrinted Matter、ニューヨーカーに評価の高いイーストビレッジ
にあるSt. Marks Bookshop、ブルックリンのキャロルガーデンにあり、ポール・オースターなどアメリカの著名な作家のリーティングイベントなどを行ったりするBOOK COURTなどNYのエリアの異なる複数の書店で開催して来ています。さらに2015年6月にはベルリンでも展開しました。

詳細はこちらもぜひご覧ください。http://www.peppers-project.com/young_artists_books_project.…

会期中は若手のアーティスト12人によるハンドメイドアーティストブックを展示・販売いたします。
ちえの木の実に参加してくださるアーティストは
後藤瑛里、まえだよしゆき、安井春菜、中村綾花、たけだゆきえ、藤井南、大石真由、町田萌(敬称略)

とても刺激的なイベントになりそうです。ぜひ皆さまお誘いあわせの上ちえの木の実にご来店ください。
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ