【1分で読める】税金、社会保険、労働法の事を知らない社会人にはなりたくない!

  • ¥0

    無料

有給休暇を使うのに理由を言う必要はあるの? 会社に届け出ていない通勤経路でケガしたら通勤災害になる? 住む場所によって住民税が高くなるって本当? 日本の教育では社会に出たら必ず必要になる税金・社会保険・労働法の知識や活用法をほとんど教えてくれません。 「大人になった今からでも自分に関わるお金や法律の事を知っておきたい!自分の身は自分で守りたい!」 そんな社会人のために社会保険労務士&FPの著者が送る雑学風メルマガです。 1分で読めるボリュームと分かりやすさを心がけています。

 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
【1分で読める】税金、社会保険、労働法の事を知らない社会人にはなりたくない!
発行周期
週1~2回
最終発行日
2018年02月22日
 
発行部数
398部
メルマガID
0001681559
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > マナー・一般常識 > 一般常識

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

/////////////////////////////////////////////////////////////////////

【1分で読める】税金、社会保険、労働法の事を知らない大人にはなりたくない!

第19号<休憩の時間帯に決まりはある?>

/////////////////////////////////////////////////////////////////////

労働基準法では「休憩時間を労働時間の途中に与えなければならない。」と規定されています。

ですが休憩をまとめて与えるのか分割で与えるのかについては
法律上は規定されていません。

一般的な企業では12~13時が多いと思いますが、
必ずお昼にしなければならない義務はありませんし
10:30~10:40、12:00~12:40、15:00~15:10
のように分割して与える事もできます。

また「休憩時間は、一斉に与えなければならない。」とも規定されていますので、
電話当番などで交代制にする事は下記2つの例外を除いてNGです。
(1)一斉休憩除外の労使協定を締結した場合
(2)一斉休憩除外とされている業種の場合(下記)
 運輸交通業
 商業
 金融・広告業
 映画・演劇業
 通信業
 保健衛生業
 接客娯楽業
 官公署の事業
※これら以外の事業であれば(1)で対応する必要があります。

なお、いくら休憩時間をどの位置に入れるかの決まりが無いと言っても、
法の趣旨に反するような休憩の与え方は行政指導等の可能性はあります。

例えば
9:00~9:01 労働時間
9:01~10:01 休憩時間
10:01~18:00 労働時間
のようなケースです。
(そんな企業ないとは思いますけど ^^;)

余談ですが個人的に休憩時間が12:00~13:00のようなランチピークタイムは
お店が混んでいるので嫌いです…

(かべ)

/////////////////////////////////////////////////////////////////////

当メルマガは「読みやすく、分かりやすく」を心がけていますので
1テーマを短く簡単にまとめています。
分かりにくさを回避するために意図的に触れない例外・詳細事項もありますので、
あくまでメールの内容は原則であるという点にご留意ください。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ