家庭で使えるリフレクソロジー

  • ¥0

    無料

一家に一人リフレクソロジスト!補完代替リフレクソロジーで家族と自分が幸せになる!家族の健康、介護やコミュニケーションツールとして身体だけでなく、メンタルヘルスケアにもなるリフレクソロジーの活用方法や情報などをお伝えします^^

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
家庭で使えるリフレクソロジー
発行周期
ほぼ 月刊
最終発行日
2017年12月07日
 
発行部数
4部
メルマガID
0001681566
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
生活情報 > 健康・医療 > ハリ・灸・マッサージ

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

--------------------------------------

家庭で使えるリフレクソロジー Vol.6

--------------------------------------


今日は足が一生を左右する
(なんて怖いわ)
ようなお話です。。。ひぇ~

でも、足は身体の土台!
そして、地球とつながっている
一番大切な部位。

足によって様々な
病気が引き起こされます。。。

高齢者が寝たきりになる原因
として一番多いのは
家の中でつまづいた・転倒した
ことがきっかけと言われます。
高齢になるとつまづくことが
多くなりますが
(将来のことでもあるので今まだ高齢者でないあなたにも関係あるよ~)

これは
あるものが鈍くなっているから・・・
それは



感じる力
!!!


ただ立っているだけでも
人間はしっかりと床の感覚を
感知してどう立つかを
脳へ送り、脳が指令を出すことで
バランスを保っています。

それは皮膚が感知し、脳神経も働き、
筋肉が作動して行っています。
平衡感覚や体性感覚ですね。

自分がイメージしている感覚と
筋肉の実際の動きのギャップで
つまづいたりします。

感覚が鋭いのは指先などです。

だからこそ影響が真っ先に出る。

高齢者だからと言って
筋力だけの問題ではないんですね。

感じる力は足から衰えていくのです。
その衰えを防いだり、
復活させるために必要なのは
刺激です。


足に刺激を与えて神経をよみがえらせること。

で、
リフレクソロジーの出番というわけです^^

リフレクソロジーは(何度も言ってすみません)
ソフトな圧で高齢者の身体にも負担をかけず
安全に行うことができます。
血流も良くなって全身のケアになります。

そして、ご家族が施術してあげることが
できるというところがタッチング効果
も見込めて、いつでもどこでもできて材料も不要。

経済的にも安心でき、常にケアが行える!
とやっぱり自分の経験からも
みんなにお伝えしたいな~^^

こんなことにもリフレクソロジーが
役立つんだなーと。


やっぱりホームリフレクソロジスト講座
広めて行きたいと日々想いが増すのでありました(笑)

随時開催します~
お気軽にご相談下さいね。


それにしてもやっぱり足って大事だ(^◇^)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
心と身体のケアルーム 根津駅1分
心身ケアセラピスト
長浜公恵
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆発行者:ホリスティックスタジオ・リケア 長浜公恵
◆公式サイト:http://hsrecare.com
◆問合せ:ws@hsrecare.com
◆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0001681566.html
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ