天使のなげき、悪魔のほほえみ~心と体と時々、山と~

  • ¥0

    無料

山と自然を愛する整体師、カウンセラー、パーソナルトレーナーのせんらくやと申します。心と体、時々山のことを中心に、どこかの誰かにとって有益な情報をお届けします。いろんな価値観や固定概念を越えて、何か新しい気づきや議論、思考につながるようなそんなことを書いていきます。善も悪も見方次第、場合によっては既存の天使がなげき、悪魔がほほえむこともある。 そんな自由な発想でお届けします。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
天使のなげき、悪魔のほほえみ~心と体と時々、山と~
発行周期
ほぼ 週刊
最終発行日
2018年01月17日
 
発行部数
57部
メルマガID
0001681787
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
生活情報 > 健康・医療 > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

5号 股関節の痛みと100億円

ごきげんよう
食後の昼寝が超気持ちよくてマジ卍、せんらくやです。
もしかしたら、私、スペイン人??


ということで、今日は整体関係のお話、股関節の痛みについてです。
骨折を除く股関節の痛みへの対応は整体の得意な部類でしょう。
変形性股関節症は場合によりいけます。

理由としては股関節の痛みはその構造からアンバランスによる過緊張や左右の重心の違いなどが原因で出ることが多いからです。
逆に外科は湿布くらいしか出せないし、人工股関節も今の医療技術では10年で交換しなければいけないと聞いたことがあります。

ちなみに、最近、なぜかわかりませんが「開脚」が流行っているそうです。
この開脚が原因で股関節を痛めてうちに来られる方も少なくはありません。
骨運動学的正常範囲は片方で45~50度なので両方で90~100度開けば正常です。
180度は正常ではない、引っ張り過ぎということを知っておくべきです。
体操選手やバレリーナ、ダンサーは子供の関節の柔らかい頃からコツコツと特殊な訓練をしていることを忘れてはいけません。


股関節の動きは、前後の伸展、屈曲、左右の外転、内転、回す運動の内旋、外旋という6方向の動きがあります。
その動きに直接関係している筋肉を大殿筋、中殿筋、ハムストリングス筋群と上げていくと
実に14種類、左右あるので28種類もの筋肉が作用して動いています。
すごいと思いませんか?

ちょっと話はズレますが、海堂尊 著 「トリセツカラダ」(2009年宝島社)によりますと
人間の体は予算100億円でも作れないものだそうです。
人はそれだけの価値があるということを書いておられました。
お金の価値をどうとらえるかは考えるところではありますが、高価であることはイメージがつきます。
本当の意味での尊さはまた、別のところにあるという条件付きで私は海堂さんの考えに概ね賛成です。
こういったことを親が知る、そして、子供に伝えていくことで
自己肯定感が高まり、将来、自殺につながる行為は減っていくのにな~なんて考えています。
っていうか、人はもっと自分の価値を知るべきだと思います。

そう、今日は股関節の話でした。
私の10年の経験では股関節の痛みは女性に多い印象です。
(もっと正確にデータを取っておけばいいのだが、どうも数字が苦手なもので・・・)
やはり骨盤、または内股と関係があるのではないかと考えています。
ただし、推測でものごとを考えることは実に危険ですので、
実際の施術の時にはそういう色眼鏡は外して、頭を空っぽにしてから様子をみます。


股関節は太ももの骨と骨盤で形成されています。
太ももの骨の上には大転子と呼ばれる、球のような形をした部分があります。
それが骨盤の寛骨臼と呼ばれる、穴状の部分に入り込んでいます。
正常な状態ではそれがうまく収まっているのですが
内股の形、またはアヒル座りと呼ばれる(正座から崩れた形で、つま先が外側に出た状態)では、この大転子が外れる方向に作用します。
この関節は人間の関節の中でも一、二を争う大きな関節で強靭な靭帯でつながれているので、ちょっとやそっとでは外れません。
ただ、その外れそうな状態が長く続くことでお尻の筋肉のバランスが崩れたり骨盤の内側の腸腰筋と呼ばれる筋肉が縮み過ぎたりします。
さらに骨盤の左右の腸骨と呼ばれる骨が真ん中の仙骨と呼ばれる骨から離れていく形になります。
これが世にいう「骨盤が開く」と呼ばれている状態です。
解剖学ではこの仙腸関節と呼ばれるものは強靭な靭帯でつなぎ留められているのでそんなに簡単には開かないともされています。
形状という意味での骨盤の開きはごく数ミリレベルのものですが
これらの筋肉のアンバランスや異常なテンションが股関節の痛みにつながるのでしょう。
ですので、その異常な筋肉のテンションを整体で整えてあげれば、割とすんなり痛みは消失します。

ただ、大切なことはそのあとです。
整体を受けて、可動域が正常になり痛みが無くなれば、筋トレをして正常な状態を維持する。
これがせんらくや的、整体とトレーニングのバトンタッチ理論です。
これで、整体を受ける前と同じような生活を続けると、遅かれ早かれ、また痛みが出てくることになるでしょう。
生活の中での姿勢の見直しは大切な体のためにはやはり必要になります。
筋肉のバランスが悪いから姿勢が崩れる、姿勢が悪いから筋肉のバランスが崩れる
これは整体の世界でも永遠のテーマでニワトリが先か卵が先かになりますが、
どちらにしても、「何か体にいいことをするべきではある。」という答えにはたどり着きます。

100億円かけても作れない、かけがえのないあなたの体です。
いずれ動かなくなるその日まで、どうぞ、ていねいにメンテナンスしながら使ってあげてください。


最後まで読んでいただきありがとうございました。
ご意見ご感想は下記メールアドレスまでどうぞ。
---------------------------------------------

発行:整処千楽也(谷口哲也)
天使のなげき、悪魔のほほえみ
         ~心と体と時々、山と~

URL : http://senrakuya.jimdo.com/
Email : senrakuya@gmail.com
Tell : 0748-60-8227
---------------------------------------------
Copyright (c) senrakuya All rights reserved.
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ