天使のなげき、悪魔のほほえみ~心と体と時々、山と~

  • ¥0

    無料

山と自然を愛する整体師、カウンセラー、パーソナルトレーナーのせんらくやと申します。心と体、時々山のことを中心に、どこかの誰かにとって有益な情報をお届けします。いろんな価値観や固定概念を越えて、何か新しい気づきや議論、思考につながるようなそんなことを書いていきます。善も悪も見方次第、場合によっては既存の天使がなげき、悪魔がほほえむこともある。 そんな自由な発想でお届けします。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
天使のなげき、悪魔のほほえみ~心と体と時々、山と~
発行周期
ほぼ 週刊
最終発行日
2018年06月16日
 
発行部数
59部
メルマガID
0001681787
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
生活情報 > 健康・医療 > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

25号 筋トレと人間と男と女(真面目な下ネタ有り)

週三日。残り四日はサボる私の筋トレ、せんらくやです。
三日坊主でも1年続けば156日坊主ですよ!


筋トレが世界的にブームです。
実にいいことだと私は思います。
医療費削減、薬業界、既得権益をつぶすためにもいいことだと思います(笑)


冗談は抜きで多くの先進国の人類は生命を維持するための労働が減って、
体力が余ってきているということを考えると当然の流れでしょう。
(※お金を稼ぐという意味での労働と混同しないでくださいね。)

筋トレといえば、私も整体師としての体の知識を活用するために
「パーソナルトレーニング」を行っております。
うちに来られる方は、体力に自信がない、
ジムでは続かない、サポートが欲しいという方たちです。


要望の中で多いのは脚をスッキリさせたい、
ウエストのくびれが欲しい、シックスパック、体幹というところです。
気持ちはとってもわかりますが、
これらの筋肉は細いグループに所属している筋肉で、
鍛えても目立ちにくいグループです。
これらを細くみせようとする「見た目」を求めているのなら、簡単です。
他の部位を大きくすればいいのです。


そこで今回お伝えする
「せんらくや式ナイスバデー筋トレ」
で鍛える部位はこちら。

男は胸筋、女は臀筋です!

では、じっくり解説するので読んでください。

胸筋を鍛えるのにもっともシンプルな運動は「腕立て伏せ」です。
これを仰向けに変えたものが「ベンチプレス」という運動になります。
これらの運動を正しいフォームでやっていただければお分かりかと思いますが
実に「お腹」「体幹」を使います。

続いて、臀筋を鍛えるのに最もシンプルな運動は「スクワット」です。
これをさらに大きくするのが「デッドリフト」という運動になります。
これらの運動を正しいフォームでやっていただければお分かりかと思いますが
実に「お腹」「体幹」を使います。

ホモサピエンスの男性の体の特徴の一つは肩幅の広さとがっちりした骨格で
女性の体の特徴の一つは乳房と丸味を帯びた臀部です。

上に挙げた「せんらくや式ナイスバデー筋トレ~胸筋、臀筋説」は、
このホモサピエンスの性別をより際立たせることにあります。

男生が胸筋と三角筋を鍛えるとよりホモサピエンスとしての男性度が増し。
女性が臀筋を鍛えるとよりホモサピエンスとしての女性度が増したようにみえます。

実にシンプル。
それぞれの特徴を際立たせればいいのです。


そして、どちらの筋肉を鍛えるにも「お腹」「体幹」を使うということも
見逃してはいけないポイントです。
なぜなら、ホモサピエンスはお腹、体幹の筋肉を発達することで生き残ってきたからです。

元来、ホモサピエンスは自然界の食物連鎖の中では、中の下くらいの位置です。
鋭い牙も、毒も、速い脚も、強い腕力も、飛ぶ羽根も、大きな体も持たず、
これといった身体特徴がないにも関わらず、自然界の食物連鎖の一番上に立っています。

理由は脳の発達と、長距離を歩き続ける(走り続ける)二本脚だという説があります。
(※獲物を追い続け、ばてて動けなくなったところを捕まえていたそうで、
長い距離を走るのに熱を逃がすために体毛がなくなったとの説もあります。)
出典:NHKスペシャル人類誕生 第1集 こうしてヒトが生まれた

男が胸筋、女が臀筋を鍛えているついでに
鍛えられる共通の筋肉「お腹」「体幹」を鍛えることは
ホモサピエンス本来の特徴の一つ、
長距離を歩き続ける(走り続ける)ために重要な筋肉も鍛えていることなのです。


さらに、生物としての本質から、「胸筋、臀筋説」を解説します。

生物の本質は生存と生殖です。
(※ホモサピエンスは高度な生物なのでそれだけには限りませんよ。)
ホモサピエンスの生殖の様子を思い出すとメジャーなのが正常位と呼ばれる姿勢。
男性は女性の上に覆いかぶさり、自らの体重を腕で支えて女性を包み、守るように生殖行為を行う。
そのためには発達した肩と胸の筋肉が必要になります。

女性は男性に守られるように下になり開脚した状態で
臀筋という大きい筋肉をクッションの様にして受け入れる。
そのため大きい臀筋が必要になります。

生物の本質の面からも男には胸筋、女には臀筋が必要ということです。
そして、お腹、体幹の筋肉が男女どちらにとっても重要なことはもうお分かりですね。
生殖行為をするために、そして、長距離を歩き続けるためには大変重要です。

男女ともにお腹を引き締めたいと考える人が多いのは
見た目だけが理由ではないような気もします。
どこかホモサピエンスとしての本能がそうさせているように思えます。

この話をすると男女差別だとの印象を持たれる方もいるかもしれませんが
これはホモサピエンスにおける生物学的な
「性別の分類」「区別」の話であって「違い」です。
決して、精神的な男女差別ではないことをご理解していただきたい。
そして、性同一性障害のことも同じで、これについてはまた近い将来。

私はもうセックスとは関係ないという方もおられるかもしれませんが
人間として存在する限り、いつまでも、男は男、女は女です。
行為ができなくても大丈夫。行為だけが全てではありません。
プラトニックな関係は男女の間だけのみではなく
他者とのつながりによって喜びを見出すこともできます。
脳に心地よい刺激を送ることはいつでも、どこでもできます。
命が続く限り、生きていることを味わおうではありませんか。

一日5分でも結構。
男は胸筋、女は臀筋を鍛えてください。
私も、もうちょっとモテたいので、筋トレがんばります(笑)

最後まで読んでいただき
ありがとうございました。
ご意見ご感想は
下記メールアドレスまでどうぞ。
--------------------------------------------

発行:整処千楽也(谷口哲也)
天使のなげき、悪魔のほほえみ
         ~心と体と時々、山と~

URL : http://senrakuya.jimdo.com/
Email : senrakuya@gmail.com
Tell : 0748-60-8227
--------------------------------------------
Copyright (c) senrakuya All rights reserved.


メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ