竹内薫
ID: 0001682886

竹内薫のシュレ猫日記

竹内薫
¥864(税込)/月 初月無料!
毎週 金曜日(祝祭日・年末年始を除く)
PC・携帯向け/テキスト・HTML形式
月途中の登録でも、月内に
発行されたメルマガがすべて届きます!
→バックナンバーの購入はこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ID: 0001682886

竹内薫のシュレ猫日記

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サイエンス伝道師の竹内薫がお送りする、ちょっぴり笑えて、考えさせられる、猫と科学と教育のディープなお話。質問コーナーもあります。

著者プロフィール

竹内薫

小学校時代、父親の転勤でニューヨークの現地校にいきなり転校させられ、泣きながら英語を勉強する。帰国後、今度は漢字が書けずに不登校になる。大学院でカナダのモントリオールに渡り、マイナス20度の極寒の中、月300ドルの安アパートでなんとか凌ぐ。帰国後、就職できずに、気がついたらプログラミングと執筆で生計を立てるようになり、そこに猫がたくさん棲み着き、現在にいたる。自分が不登校だったこともあり、「学校に行かない選択」「多様な学び」を応援している。

猫好きサイエンス作家。
四半世紀にわたり、サイエンスの伝道師として、書籍、テレビ、ラジオ、講演等で活躍。
AI時代を生き抜くための教育を実践する、YESインターナショナルスクール校長を務める。また、不登校・ホームスクール・ハイブリッドスクールなど、多様な学びができる「居場所」作りに奔走中。
好きなこと=物理学の数式をいじくること、猫と戯れること、カポエイラの新しいアクロバットを練習すること、最新のデジカメやレンズを買い替えること、野鳥撮影。

サンプル号
 こんにちは! サイエンス作家の竹内薫です。
 この度、まぐまぐでメルマガを配信することにしました。まず最初に、内容について、おおまかに説明したいと思います(挨拶が終わったので、ここからは、くだけた調子に変わります)。

***

 この日記では、テレビや雑誌やTwitterなどでは「言えない」ことを書くつもり。講読してくれている読者だけにお届けする、竹内薫の打ち明け話だと思っていただければよい。
 
 まず最初に「目次」をご紹介すべきだろうが、それはできない相談だ。なぜなら、題名のごとく、私は日記を書くのであり、通常、日記には目次なんて存在しないからだ。とはいえ、毎週、まったく支離滅裂なことを書き殴るわけではなく、そこには、一貫したテーマが流れている。

日記に登場するであろうテーマの例:

1 科学と教育
・数学レッスン
・サイエンス話
・AI時代の教育について
・不登校・ホームスクールプロジェクト

2 趣味
・猫話
・カメラ話
・カポエイラ話
・映画や本の話

3 質疑応答
・質問状への返答

 で、実際には下記のような感じのメルマガになっております!

***

竹内薫のシュレ猫日記

<第七回>

 今回は、読者からの質問にお答えします。そして、小学校二年生の娘からの「人生相談」も(笑)。「小学生からのビブンセキブン」と「デッドソルジャーの弁明」も少し調子が出て参りました。ごめんなさい。neko no kasetsuは、しばし、案を練っておりまして、今回はお休みです。


目次のようなもの
・読者からの質問
・近況報告
・小学生からのビブンセキブン
・デッドソルジャーの弁明


・読者からの質問

Q 『竹内薫のシュレ猫日記』の読者の福本と申します。小学生からのビブンセキブンは特に興味を持っており今後の展開に期待しておりますが、円周率の表記「3.14159265359……」とありましたが最後の59は「58979……」と続くはずです。四捨五入した数字をそのまま書いちゃったみたいですね。ぼくは円周率をどこまで憶えようかと数十年考えておりましたが、小惑星探査機のハヤブサの軌道計算で小数点以下15桁を使っていたことを知ってそこまで憶えて踏ん切りがつきました。長くなりましたが今後のシュレ猫日記も楽しみにしております。

A うわぁああああ! すみません! 実をいうと、私はπをたくさん覚えていないため、ふつうにコピペしてしまったのです。次からは愛用のマセマティカで確認してから引用しますので、お許しを!(ケアレスミスも多い方なので、ご指摘いただけると助かります。)

Q ちなみに陸上競技場は「3.1416」で設計することが定められているそうです。そこで仕事(司法書士事務所に勤務しております)でお会いした道路行政を担当する県職員の方に伺ったところ、「そんなの現場で合わせちゃうから気にしたことないですよー。」という回答でした。

A 福本猛様、ご教示ありがとうございます。勉強になりました!


・近況報告

5月25日(日)
 小二になる娘がアウトドア学童クラブの合宿が辛いのでやめたいと相談してきた。アウトドア学童クラブには年中さんの頃から通っていて、今では横浜クラスのリーダーをやっている。他の生徒たちは、アウトドア経験があまりないため、娘はクラブからも頼りにされている存在だ。
「この前、二泊三日で50キロのトレールやったよね」
「うん」
「歩くの辛かったか」
「あまり好きじゃない。何泊もするのが辛い」
「リーダーもやめたい?」
「わからない」
 私は、これまで封印してきた自分の人生の「分岐点」について娘に語って聞かせることにした。
「むかしパパは高校の馬術部のキャプテンをやってた。ほら、馬に乗るスポーツ」
「うん、知ってるよ。古い写真があるよね」
「そうだ。でも、パパは、大事な試合の前にキャプテンをやめちゃったんだ」
「ええ? どうして?」
「大事な試合のすぐ後に大学受験があったんだよ。子どものころから可愛がってくれてた『おばちゃま』が、がんになって、お医者さんから 一年くらいしか生きられないって言われた。パパは、大事な試合はあきらめて、受験勉強だけに集中して、大学に合格して、おばちゃまを安心させたかった」
「おばちゃまは家族だったの?」
「うん。おばちゃまは小学校の先生をやっていて、いつもパパにお勉強を教えてくれてた」
「それでどうなったの?」
「パパは無事に東大に合格した。おばちゃまはとっても喜んで、安心して、それから間もなく天国に行った。でも、パパは、馬術部をやめて、大事な試合に出なかったから、馬術部のみんなを裏切ってしまった。あれから40年経つけれど、パパは、あの頃の友達とは二度と会えなくなってしまったんだ」
「でも、それなら、大事な試合に出て、そして、大学にも合格すればよかったのに」
「そううまくはいかないのさ。パパは要領が良くないから、二つのことを同時にやるのは無理だった。どちらかを選ぶしかなかったんだよ」
「でも、パパは悪くない。おばちゃまは、パパが大学に不合格だったら、悲しんだまま天国に行くことになったんでしょ」
「でもね、パパは、おばちゃまだけのために受験勉強を選んだわけじゃないよ。自分のためにも、大事な試合よりも、大学に合格することの方を選んだんだよ」
「そうなの」
「パパと同じように、リナは今、自分で選ばなくてはいけない。リーダーをやめて、自分の好きなことをやっても、もちろんかまわない。あるいは、もうしばらくリーダーを続けて、みんながアウトドアに慣れてきてからやめてもいい。ただ、人生で何かを選ぶということは、同時に、何かを失うということなんだ。パパは、リナが賢い選択をして、幸せになってほしい。わかるかな?」
「少しだけ、わかる」
 小二には難しかったかもしれないが、娘は、「裏切り者」と「幸せ」という言葉に反応していた。娘は、人生初の選択で、いったい何を失って何を得るのだろう……。


・小学生からのビブンセキブン

 この連載は、堅苦しくお勉強をしようというわけではなく、「随筆」のようなノリで、ビブンセキブンの奥義までみなさんと一緒に旅していこう、という企画だ。私が算数を教えているYES International Schoolの授業や、私が過去に出版した数学本ともゆるやかに「つながって」いる。随筆なので、あっちこっちに話が脱線するように見えるけれど、そこんとこヨロシク!
 脱線といえば、ウチの学校の数学特別アドバイザーである(というか、週の半分は渋谷区東4ー11ー8の東京校に住んでいる)田森くんとは、長いつきあいで、20年くらい前に、親友の茂木健一郎と伊東の温泉に行ったときに紹介されたのが縁だ。田森くんは、われわれの仲間内でも数学とコンピュータの超絶技巧で知られている。数理物理学で博士号を取り、30代はプログラミングで生計をたてていた私でも、田森くんには全く歯が立たない。ようするに田森くんは天才なのです。
 で、その田森くんと数学バナに花を咲かせていると、いつも出てくるのが「どういう順番で数学を学んだか」。
 田森くんに限らず、われわれの周囲の数学・物理仲間のほとんどは、教科書順(参考書順)には数学を学んでいない。自分の興味の赴くまま、いろんな数学を「つまみ食い」していたら、いつのまにかプロフェッショナルとして数学を使う職業に就いてしまった人が多い。これを教育の観点から分析してみると、数学好きの多くは、暗記型ではなく、探究型で楽しく数学を身につけた、ということになる。本人は意識していなかったかもしれないが、AI時代に必要とされる「創造型・探究型」の勉強を早取りしてきたのだ。
 数学の本質は「発見」にある(たいていは先人がすでに発見して定理や公式になっているので、再発見なわけだが)。てなわけで、この連載も、筆の赴くまま、面白い数学の話題をどんどん「つまみ食い」していこう!

***

 ここからは円周率πの話。
 πは小数点以下が無限に続く。そこにはパターンがない。くりかえしがない。ゆえに分数に変換できない。分数に変換できないので無理数という。歴史的な経緯により、誰かが「無理な数」と訳してしまったが、英語ではirrational number。irは否定で、rationalは「比の形にできる」、いいかえると「分数の形にできる」というような意味。だから、本来は「無比数」とでも訳せば本質がわかったのになとは思う。ザンネン。
 で、小学生が使う分度器では半円が180度になっていて、一周が360度なわけだが、理数系の仕事を始めると一周が2π(≒6・28)の「ラジアン」(弧度法)を使うようになる。なんだ、このラジアンって?
 ラジアンの「ラジ」(rad)は、半径(radius)、ラジオ(radio)、放射(radiation)の仲間。ラテン語のラディウス(radius)=「光の筋」が語源なのだ。太陽から周囲に光りの筋が放射されるようなイメージですね。半径は光の筋そのものだし、ラジオは電波が放射される。そうやって考えるとラジアンも円の中心と半径で決まる角度なのだと、すんなり理解できるだろう。もっとも、日本語の「弧度」も、弧で角度を測るという意味でわかりやすい。
 小学生でも円周率を何十桁も覚えている子がいて驚かされるが、そもそも、何桁くらいまで覚えるべきものなのか。これについては、私はアインシュタインとエジソンの逸話で解決することにしている。

エジソン「科学技術に携わる者は基本的な物理定数の類はそらんじておくべきだ」
アインシュタイン「わたしはそうは思わない。理科年表を見れば載っているのだから」

 エジソンもアインシュタインも科学と技術の偉人なわけだが、何を覚えておくべきかについては180度……いや、「πラジアン」異なる哲学をもっていて興味深い。ちなみに私はアインシュタイン派なので(マジで)3・14までしか覚えていなかったりするが、読者諸氏はどっち派だろうか?
 ところで、円周率は物理定数ではなく数学定数だと思われるかもしれない。いったい何が物理定数で何が数学定数であるのかは、だが、さほど簡単な問題ではなかったりする。たしかに、電磁力の強さをあらわす定数(約1/137)とか重力定数などは、この宇宙に依存するという意味で、物理定数なのだろう。だが、円周率にしても、たまたまこの宇宙が平坦なユークリッド空間にきわめて近いからπとして発見されたのであり、曲がった宇宙の住人が円を描いて円周を測定すれば、われわれが知っているπとは異なる値が発見されたはずなのだ。
 ええと、ボールの表面に円を描いてみよう。地球儀の赤道でもかまわない。すると、北極点(もしくは南極点)から一定の経度線に沿って赤道までの距離が「半径」ということになるだろう。ようするに、宇宙が極端に曲がっていたら、円周率の測定値は、πとは異なるはずなのだ(問い:たとえば、地球儀の表面で円周率を測定したらどのような数値になるだろうか? 馬の鞍だったらどうなるだろうか?)。
 もちろん、そのような大きく曲がった宇宙の住人でも、平坦なユークリッド幾何学(その宇宙では平坦な幾何学を発見したのはユークリッドとは別の名前の人なのだろうが!)は勉強するはずだから、やはりπという値も知られているだろう。うん? だとしたら、やはりπそのものは数学定数なのか。
 私は数学は自然を記述する言語だと考えている。数学という言語の中で自己完結しているという意味で、πは数学定数だと思うが、それとは別に、宇宙の中でふつうに半径と円周を測定してみれば、πとは異なる「円周率」が得られることも事実だ。数学と自然、あるいは数学と宇宙の関係は、今後、この連載でもたびたび話題になるはずです。
 あ、今回の話は小学生には少し難しかったかも?(続く)


・デッドソルジャーの弁明 ストーリーby竹内聖(脚色by竹内薫)

ヤクザに脅かされて

 初期のビデオは故障率が14%にも上った。実に7台に1台が故障する計算だ。開発部から「営業部」へと衣替えしたスタッフたちの悪戦苦闘が始まった。
 私は地元販売店の強い要請で、浅草の連れ込み宿(註:昭和の表現。今のブティックホテルを指す)の暖簾をくぐることとなった。なんでもこなす技術屋の三浦主任(通称は三浦大人・たいじん)も一緒だった。エレベーターに乗り込むと、突然、橙色の照明が灯り、香水の香りが漂ってきた。4階でエレベーターの扉が開くと、そこが経営者の住居になっており、いきなり、正面の安楽椅子にふんぞり返っているヤクザの親分風の男が怒鳴った。
「お前らのせいで商売あがったりだ。どうしてくれる!」
 男の足元には東芝製のビデオとカメラ一式が置いてある。その横には若いチンピラが斧をもって立っていた。嫌な感じだ。ミニスカートの女性が来客用のお茶をもって部屋に入ってきたが、親分は、
「こんな奴らにお茶なんか出す必要ないぞ!」
と、追い返した。うーん、芝居がかってるなぁ。親分は、サイドテーブルの上のウィスキーグラスを口元にもっていき、一気に飲み干した。
「こんなもの壊しちゃえ」
 親分が呟くと、チンピラが斧を振り上げた。
「あ、ちょっと待っ……」
 私の言葉が終わらぬうちに、ビデオは大破し、破片があちこちに散乱した。親分がドスの利いた声でしゃべり続ける。
「お前らのおかげで常連客が来なくなったんや、どないしてくれる?」
 明らかに関東人なのに、なぜか関西弁風で脅しをかけてくる。
「うちはなぁ、自分たちの行為をカメラで撮影してビデオ鑑賞したいっていう、凝った客が多くてな。看板にも<ビデオ再生可能>って書いてあるんだよ。それが、このクソビデオが壊れたせいで、商売敵に常連をごっそり抜かれちまった。この落とし前、どうつけてくれる? 500万円じゃ足りねえぞ?」
 うわ、めちゃめちゃ吹っかけてきやがった。どう対処すべきか、私が必死で脳内検索をかけていると、三浦大人が落ち着いた口調でしゃべり始めた。
「お客さん、このビデオを修理にまわして、新しいものを納入するか、それに見合う保証をしようと思ってわれわれは伺ったんですよ。でも、目の前で本体を破壊されては、どうにもなりません。社に戻り、弁護士と相談して、またご連絡しますので」
 そう言うと、三浦大人はペコリとお辞儀して、さっさとエレベーターのボタンを押して乗り込んだ。私も愛想笑いを浮かべながらエレベーターへと逃げ込んだ。急展開に、親分はポカンと口を開けたまま、われわれを見送るしかなかった。
 扉が閉まると三浦大人がポケットから小型テープレコーダーを取り出して、にやりと笑ってみせた。
「ちゃーんと録音しておきました。技術の東芝を舐めるんじゃないよ」
 技術の東芝……うん、まあ、ビデオの故障率14%はともかく、後日、この録音のおかげで、われわれはヤクザの恫喝に動じることなく、相手が主張する損害と、未払いのクレジット料金を相殺するという条件で、手打ちに成功したのだった。
 それにしても、技術屋の三浦大人は、「大人」と呼ばれるだけあって、抜け目がないですねぇ。(続く)

***

 このサンプル号の最後に、質問状のルールを書いておきますね。

質問状のルール
・一人あたり、毎回、一問、400字以内でお願いいたします。
・どんなことを質問していただいてもかまいませんが、お答えできない場合もあります。
・宣伝広告は避けてください。
・政治・宗教・主義主張に深くかかわる質問は避けてください(単なる喧嘩になる恐れがあります)。
・応援メッセージはいつでも歓迎です。
・返信は、内容によって、次の週になることもあれば、月末になることもあります。即答はできませんので、あらかじめご了承ください。
・読者のみなさんと私がつながる、楽しいやりとりの場になれば幸いです。
・このルールは予告なく(告知にて)変更することがあります。

 いかがだったでしょう? 毎回、楽しくためになる話題が盛りだくさん。それでは、竹内薫のシュレ猫日記、次回もお楽しみに!
ID: 0001682886

竹内薫のシュレ猫日記

竹内薫
¥864(税込)/月 初月無料!
毎週 金曜日(祝祭日・年末年始を除く) 今月3/5回(最終 2018/06/15)
PC・携帯向け/テキスト・HTML形式
バックナンバーの購入はこちら
2018/05/25 第六回
2018/05/18 第五回
2018/05/11 第四回
2018/04/27 第三回
2018/04/20 第二回
バックナンバー購入ページはこちら
さらに以前のバックナンバー一覧