子どもが育つ“父親術”

  • ¥0

    無料

「パパ見てー」に「すごいね!」と答えたことは?実はこの返事、子供の自立心や感性を伸ばすためには不適切。パパコーチくろさわがこどもゴコロを解説し、子どもをグングン伸ばすコツをお届けします。【3歳~小学生の子どもと接する、すべての方向け】

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
子どもが育つ“父親術”
発行周期
週刊
最終発行日
2015年09月25日
 
発行部数
555部
メルマガID
M0080893
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
生活情報 > 出産・子育て > 育児

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

★★大切なお願い★★

この『子どもが育つ“父親術”モバイル版』は今回が最後の配信になり
以降クローズしてメイン版の方のみで配信します。
お手数ですが、以下からメルマガ・メイン版のご登録をお願いいたします!
http://www.mag2.com/m/0000233760.html

★★★★★★★★★★

子どもが育つ“父親術” 第433号(2015/09/25)

今月は「旅行」をテーマにお送りしています。

今週は、かわいい子には です。
シルバーウィークも終了しましたが、皆様如何お過ごしでしたでしょうか?
我が家では、小2の息子が敬老の日に僕の実家まで電車で畑仕事の手伝いに
行ってきました。事の発端は、2週ほど前に僕の祖母の3回忌で帰ったのですが
うっかり、色々忘れ物をしてきてしまいました。

取りに行きたいが、連休は予定が詰まっていて行く事が出来ず
息子に、行って来てくれない?と気軽に聞いたところ
お小遣いくれるんだったら行く!と言う事で無事交渉成立しました。

乗換えが無い駅まで送って行って、下りる駅名と到着時刻をメモした紙を
渡したのですが、電車が出発する直前の不安そうな顔と
夕方帰って来た時の疲れ半分、やり遂げた感半分の顔は忘れられません。

実は、一人で行くのは今回が2回目で
前回は5歳になる直前に特急に乗って次の駅が降りる駅というのから、
今回は、およそ90分の各駅停車の旅でした。

黒澤さんも書いている通り、強制は良くないですが
機会があれば、チャレンジさせてあげたいですね。

それでは、どうぞ!


◇◆ かわいい子には ◆◇ (2012年07月12日 発行)

今日は『かわいい子には旅をさせよ!』のお話です。


私事で恐縮ですが、ここ数年、うちの息子・娘は長期休暇にキャンプ
(専門の団体が運営していて、子どもだけ預けて参加させてもらうキャンプ)
に行くのが大好きになっています。

また、昨年末には、息子が初めて祖父母宅へ1人で行きました。
自宅を出て駅まで行き、電車を2本乗り継いで、向こうの駅で
祖父と落ち合うまでの1時間ちょっとの行程です。

これまで何度も私と一緒に通ったルートですが、
出発前日には自分で乗り換えを再確認してメモにしたり、
祖父に待ち合わせ時刻を連絡をしたり、
万一遅れた時の対応を私に相談したり、
かなりの集中度合いを見せておりました。

私としては、このへんは事前準備なしでトラブルに遭遇してくれても
大歓迎なのですが(笑)


こうして息子の一人旅を歓迎したり、私自身も子どもの頃に
あちこちに一人旅に行かせてもらっていたりしているわけですが、
一人旅の最大の良いところは、『経験の密度が違う!』こと。

親と一緒の旅行だと、どんなに「子どもに自分でやらせる」との
ポリシーだったとしても、子どもの中には『できる限り自分で=
できないことは大人に』との意識が残ります。

それが一人旅では自然と『何があっても、自分で対処しなければならない!』
になる──これは、大人が思う以上に、子どもにとって大きな大きな違いです。


きっと、初めてのチャレンジを完遂するまでは
「もし、何かあったらどうしよう???」との不安が常に
付きまとっているはず。

でも、経験を重ねるにつれて
「何かあっても、大抵のことは対処できるさ!」に変わっていくもの。

このプロセスを経て、子どもは大きな自信を得ることができるのです。



ただし、その“チャレンジ”にいつ臨むかは、子ども1人1人に
適切なタイミングがあります。

自分から「チャレンジしてみよう」と思えるだけの経験・環境だったり、

そもそも旅に出ること・電車やバスなどに乗ることへの関心の強弱だったり、

どの子にも個別のタイミングを決める要素があるということ、
しっかり心に留めておいてくださいね。

間違っても「親から『一人で行ってみなよ!』とけしかける」
なんてことはしないように!


私自身は小学校1年生の時に東京→伊豆に初一人旅に出ましたが、
それは6歳上の兄と一緒に何度も一緒に『子供だけ旅行』を経験する
チャンスがあったから+私自身が電車に乗ることに関心が強かったから。

今回、うちの息子が一人で行く決心をしたのも、サッカースクールまで
1人で往復する経験(自転車で20分のわずかな距離ですが、帰りの暗い夜道も
1人です)をしたり、親と一緒の時も自分で切符を買ってみたりするなどの
小さなチャレンジを積み重ねる機会があったから。

単に巡り会わせだけの問題でもあるので、「△年生なんだから」
「××歳なのに」などの親の勝手な思い込みにはご注意くださいね。


いずれ子どもは、親を離れて一人で旅をして、生きていくようになるもの。

それまでの長くて短い間、一緒に過ごせることを楽しんで、
もし子どもが少しずつ親を離れるチャレンジを始めたら応援して、
とのスタンスで、暖かく見守ってあげていただけたら、私もうれしいです!


──────────────────────────────
◇◆ 編集後記 ◆◇

たくさんの方のアンケート回答ありがとうございました。
この週末で抽選を行い、当選者の方へご連絡させて頂きますので
楽しみにお待ち下さい。

また、冒頭で軽く触れました祖母の他界について、あれこれを
ブログで触れてますので、良かったらご覧下さい。

http://toyodarock.blogspot.jp/2014/08/blog-post.html

それでは、皆さん、良い週末を!

──────────────────────────────
◇◆ 著者 くろさわ さんについて ◆◇

パパコーチ くろさわ
<ブログ>
http://papakuro.blog56.fc2.com/

著書:
 「自分で考えて行動できる子」に育てる本
 黒澤 浩樹・著/アルマット/1,296円(税込)

★くろさわさんのブログからも注文が出来ます。
(送料無料・オマケつき。詳しいご案内はブログにて)
http://papakuro.blog56.fc2.com/blog-entry-530.html

★Amazonなどのネット書店や一般書店で購入いただけます。
(Amazonの在庫復活しました。今なら買えます♪)
http://amazon.jp/o/ASIN/4877316949/diskhuntdiary-22

──────────────────────────────
発行者:2代目パパコーチ(見習い中) わたなべ

<プロフィール>
小学校2年生の息子を持つ、現役パパ。
 初代パパコーチのくろさわさんとのご縁により、
 9月より、父親術の配信を担当致します。
 現役サラリーマンの為、
 平日は、朝出勤までが息子と過ごす時間
 毎朝5時台に起きて、僅かですが遊んでます(笑)

 ■blog:朋あり遠方より来る、また楽しからずや
 http://toyodarock.blogspot.jp/
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ