本からいただく言葉…魂の止まり木として

  • ¥0

    無料

著者サイト

良い言葉は魂を育ててくれる。ご招待いたしましょう。素晴らしい人生の師が集う魂の止まり木へ。

 

メールマガジンを登録(無料)

※ご登録いただいたアドレスは大切にお預かりし、まぐまぐ!メールマガジン配信にのみ利用します。

他のサイトIDでメルマガを登録する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ メルマガはサービスでご登録したメールアドレス宛に届きます。

このメルマガを解除する

メールマガジンを解除

他のサイトIDでメルマガを解除する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

 

メールマガジン最新号

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

      本からいただく言葉・・・魂の止まり木として
         〜読書の効能:過去を乗り越える〜
      第198号 2017年6月21日 発行

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

今回の目次===========================================================
1 ■【今週の読書道☆読書の効能:過去を乗り越える】
2 ■【本の力スペシャル~右曲がりのダンディさんの巻】のお知らせ
3 ■【総会&総会祭り】のお知らせ
4 ■【次回予告】
====================================================================

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
みなさま、おげんきですか~?
さて、今週はそゆみさんの登場で~す!
お楽しみくださいませ~!
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
1 ■【今週の読書道☆読書の効能:過去を乗り越える】

疲弊しきった心を休め、もう一度立って歩くためのエネルギーを充填するには、
どんな自分も受け入れてくれる人が最低一人は必要です。
養護学校(今の呼び方では特別支援学校というようですね)に勤めていた2年間、
私はそれをイヤというほど感じました。
大人のいじめは、中学生や高校生のようにわかりやすいものではありません。
表面では愛想よく振舞ったり、親身になって相談に乗ってくれているような
素振りを見せることがあるからです。
もしかしたら、いじめている本人も気づいていないのかもしれません。
もしそうだとしたら、それはなおたちが悪いことです。

私はこの2年間の出来事を、ついこの間まで封印していました。
忘れることはできないけど、決して思い出さないように細心の注意を払っていました。
だから、どんなにいじめのニュースが報道されても、私には関係のないことと思っていました。

しかし、この本を読んとき、その時の感情がリアルに噴出してきました。
成田名璃子著『東京すみっこごはん』光文社文庫
“すみっこごはん”という名の共同台所を中心にした4つの短編で構成されています。
ここに集うのは、年齢も職業も国籍さえも違う人々。
料理をするのは、くじ引きで当たった人。料理が苦手でもしたことなくても関係ありません。
料理当番になったら、すみっこごはんに備え付けのレシピノートの中からメニューを選び、
そのレシピに忠実に料理を作らなければいけません。
これがとても暖かいんです。料理も人も。

第1話でこの共同台所に迷い込んだのは、クラスで無視され続けている女子高生です。
彼女の感情がジンジンと伝わってきて、私は読むのが苦しくなってきました。
きっと、そろそろ封印していた感情に向き合わなくてはいけない時期だったのでしょうね。
いつまでも目を背けていては、乗り越えることは永久にできませんから。

この女子高生は、すみっこごはんに居場所を見つけ、少しずつ自分を取り戻していきます。
私も、女子高生と同時に過去の自分を取り戻すことができました。

読書には、こんな効能もあるんですね。
だから読書はやめられない♪
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

みなさま、最後までお読みいただき、ありがとうございました~♪


さてさて、今回紹介された本も、そうでない本も、
こちらまで↓ご注文ください ね~♪

 お気に入りの本は読書のすすめでどうぞ♪
 http://www.dokusume.net/
 http://dokusume.com/modules/store/

 こんぶ店長のブックランドフレンズでもどうぞ♪どうぞ♪
 http://www.honyakamo.com/

さてみんなリアルにお目にかかっちゃおう~!
こんなイベントありますよ~
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
2 ■【本の力スペシャル~右曲がりのダンディさんの巻】のお知らせ
お待たせいたしました!
昨年の6月に開催した「本の力スペシャル~右曲がりのダンディさんの巻」が
帰ってまいりました。
理由は、その時参加できなかった方々から
「ぜひもう一度ダンディさんの本の力をやって欲しい、ダンディさんの話が聞きたい!」
と何度も催促されていたからです。
そして、僕自身も前回のお話が終わったとき
「もっともっと聞きたいなぁ~」という思いがありました。

ということで、
「現役警察官のどんでもない裏話が聞けるかもしれないここだけの話」再開催です!

参加ご希望の方は奮ってご応募ください。

なお、会場は片町文化センター2階の「談話室」です。


開催日時  2017年6月24日
時間   
受付   17:20~
プログラム
     佐伯の本の紹介  
     17:30~18:00
     右曲りのダンディさんの話
     18:05~19:35

会費  読書普及協会員  1000円  一般 3000円
2次会  あり。詳細は別途に告知いたします。
募集期日 2017年6月24日
募集人数 30人
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
3 ■【総会&総会祭り】のお知らせ
みなさまこんにちは、読書普及協会理事長の佐伯です

いよいよ今年もやってまいりました、
みんなが喜び集う「総会」です。

今年は「東京開催」です。

午前中に総会をきちんと行い、
午後は、全国各地で活動中のチームの活動報告と
素敵なゲストをお招きして、講演会を開催したいと思います。

今回は「本の力」のゲストとして、
伊丹のブックランド・フレンズの店主
「こんぶさん」こと河田秀人氏をお招きして、
おすすめの本、本屋さんのエピソード、そしてちょっと素敵な人生の話、
などをお話していただきます。


そして、もう一人メインゲストとして、
「人生を変える幸せの腰痛学校」の著者伊藤かよこ氏をお招きいたします。
正月に開催した「新春開運堂」で、彼女の講演が大変好評でした。
そして「もっと話が聞きたかった、時間が短すぎた」
という声を多々いただきました。
そこで再登壇していただくことにしました。
実は彼女、「アドラー心理学会会員」です。
アドラー心理学に造詣が深い方だったのです。
著書「人生を変える幸せの腰痛学校」の中にその考えを随所に取り入れていました。
本来難しいといわれているアドラー心理学を「小学生でもわかる表現」で書かれたものが
「人生を変える幸せの腰痛学校」だったのです。
題して「人生に効くアドラー心理学」を講義していただきます。
さらに腰痛患者さんにお越しいただき、実際のカウンセリングのやり取りを、
舞台の上で再現する「腰痛患者リアルカウンセリング」も開催していただきます。
「腰痛の原因とその改善の極意」を公開していただきます。

腰痛の方はもちろんですが、それ以外の「悩み事」をお持ちの方、
ぜひ一度、伊藤かよこ氏の話をお聞きになってみてください。
あなたの未来がパッと明るくなるかもしれません。
佐伯、絶対のおすすめです。



「総会」プログラム
第1部  「総会」
NPO法人読書普及協会の運営について決議を行う大切な場です。
多くの方のご参加をお願い致します。
また、当日参加が難しい協会員の皆様は郵送されます「委任状」を
お送りください。

開場  10時
総会  10:30~11:30


第2部  「総会祭り」
受付  12時
12:30~12:50  各チームの活動報告
12:50~14:20  こんぶさんの「本の力」
       (ブックランド・フレンズ店主の河田秀人氏おすすめの本の紹介と人生について)
14:20~14:30  休憩
14:30~16:00  「人生を変える幸せの腰痛学校」の著者伊藤かよこ氏による
講演&リアルカウンセリング
         (講演内容は「人生に効くアドラー心理学」。
リアルカウンセリングは実際に腰痛患者とのカウンセリングを舞台上で公開) 


みなさまのご参加を心よりお待ち申し上げております。


会費 (第2部のみ)
大人 3000円    学生無料(大学生以下)
会費は当日受付にてお支払いください。
(「総会」につきましては協会会員のみの参加となり、無料です)

お申し込みは「コクチーズ」にてお願いします。



講演者プロフィール

「河田秀人」
1971年生まれ。ふたご座。AB型。
1990年、ならコープに就職
1995年、ブックランドまつみやに転職
2003年、独立、ブックランドフレンズを開業。
2006年、書店向けの講演会で読書のすすめ、清水店長と出会う。
2007年、読書普及協会に出会う。
2017年 現在読書普及協会理事
現在本屋開業15年目、本、読書、書斎の普及、他人と人生を共有できる場をつくることに専念中。
夢は、滋賀県高島市、琵琶湖のほとりにログハウスの本屋をつくること。
「本を買う」「本屋に行く」ことをレジャーとして流行らせること。
好きな作家は、増山実さん、喜多川泰さん、吉田篤弘さんなど。
好きな本は、「イワンのばか」「かもめのジョナサン」「はてしない物語」「風よ鈴鹿へ」など。


「伊藤かよこ」
1967年生まれ。大阪府出身。東京都在住。鍼灸師。
慶応義塾大学文学部通信教育課程卒業後、リクルート
フロムエーに入社。
会社員時代に「椎間板ヘルニアによる腰下肢痛」の診断を受け、その後2年にわたり、
3度の入院と手術、数多くの代替療法を受けたが改善せず、
最終的に自分の意識を変えることで自らの腰下肢痛を克服した経験を持つ。

自身の経験がきっかけで心身医療に興味を持ち、鍼灸専門学校へ進学。
在学中に、
『サーノ博士のヒーリング・バックペイン―腰痛・肩こりの原因と治療』
ジョン・E・サーノ(春秋社)

『癒す心、治る力―自発的治癒とはなにか』
アンドルー・ワイル(角川書店)
に出会い、心身医療の専門家になろうと決意、ホリスティック医学、東洋医学、
心理学、各種心理療法、瞑想や催眠などを学ぶ。

2000年はり師・きゅう師免許取得後、神奈川県で鍼灸カウンセリング治療院を開業。
腰痛をはじめさまざまな心身面での不調に悩む多くの患者さんと対話を重ねる。

2016年11月、認知行動療法のグループプログラムを小説化した
『人生を変える幸せの腰痛学校』(プレジデント社)を上梓。
現在は、心と身体に関した講座や勉強会、講演や執筆を中心に活動している。

TMSジャパン会員、日本アドラー心理学会会員 東京スキンタッチ会会員 
親子関係講座SMILEリーダー、勇気づけELMトレーナー

お申し込みはコクチーズで!
http://kokucheese.com/s/event/index/473472/
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
4 ■【次回予告】
さてさて、来週のメルマガは、こんぶさんの登場で~す。
お楽しみに!!

みなさま、メルマガに載せたいイベントがあればぜひ、
ドクシィでメッセージください♪
http://doxi.biz/home/

http://doxi.biz/home/member/26
(『笶(や)っ』という名前で出ています~♪)
ただし、こちら↑のドクシィは5月いっぱいで閉鎖となります。

新しいドクシー2で盛り上がりましょう~!
http://www.c-sqr.net/

こちらでは「やっこ@なんでやねん」という名前で出ていますよ~♪
http://www.c-sqr.net/cs78042/

ドクシィに入れないという方、
新しいドクシー2の招待メールがまだ行っていないという方も、
このメルマガに返信すると、メルマガ発行者にメールが届くようになっています。

ご感想もどしどし、返信でお送りくださ~い♪
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

      発行: NPO法人 読書普及協会
      編集人: 高橋康子

  TEL.03-5666-0969  FAX.03-5666-0968 

   〒133-0061 東京都江戸川区篠崎町1-403-4 
         サクシード・シゲゼン一階「読書のすすめ」
   URL:  http://www.yomou.com/

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
メルマガ全文を読む
 
 
メルマガ名
本からいただく言葉…魂の止まり木として
発行周期
ほぼ 週刊
最終発行日
2017年06月21日
 
発行部数
264部
メルマガID
M0085239
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
生活情報 > こころ > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

 

▲ページトップへ

▲ページトップへ