爆音!クラシック突撃隊♪携帯版

  • ¥0

    無料

大好きなクラシック音楽について、本音トーク炸裂!プロ・アマ問わず、コンサート突撃中。

著者サイト
   
 

このメルマガは現在休刊中です

 
メルマガ名
爆音!クラシック突撃隊♪携帯版
発行周期
不定期
最終発行日
2015年01月15日
 
発行部数
16部
メルマガID
M0085407
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
エンターテイメント > 映画 > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

爆音! クラシック突撃隊♪
第 434 番

2015.1 . 12


【1】クラシック・コンサート感想
(第 391 回 隊員報告)

2012年6月23日(土)14:00
すみだトリフォニー

ルスコアール管弦楽団
指揮者 高橋勇太

ワーグナー
 「さまよえるオランダ人」序曲
 
R・シュトラウス
 交響詩「死と変容」
 
エルガー
 交響曲第1番



我々は毎週コンサートを楽しんでいるが、併せて食事も楽しんでいるグルマンだ。そんな我々、あまりに多いコンサート感想は薄らいでも、強烈なインパクトを持った食事は忘れない。そんな食事が、今回のエルガー第1番とカップリングしていた。

あんまりな食事だったので、今も記憶に残っている。あれはゴム丼だったのかもしれない。

そんな不愉快な食事後の演奏会だったが、これが厄払いをしたのか、素晴らしい演奏会だった。2012年上半期のベスト演奏会であった。2011年9月、東京楽友協会交響楽団の「ショスタコーヴィチ第11番」と藝大フィルハーモニアの「ラター/レクイエム」のダブル・パンチ以来、圧倒的な演奏会に出会えない9ヶ月間であった。


ルスコのエルガーの特徴。
裏旋律や管・打楽器を大きく浮かびあがらせ、この曲の面白さがどこにあるのか良く判った解釈演奏。指揮者高橋勇太が凄いのかと思ったが、2014年12月28日に聴いた管弦楽団「響」はそれほどでも無かったので、やっぱりルスコアールの地力と楽曲への共感が凄いのだろう。

もしくは、高橋さんはエルガー好きで、エルガーが得意なのかもしれない。

高弦がときに金管打楽器に埋没した箇所もあったが、こうあって欲しい・こうすべきという要望をほぼ実現してくれた。当たり前のようだが、こういった演奏は実際、実に珍しい。だってそうでしょう、自分の理想どおりの演奏が次から次へと繰り広げられるんですよ。いやあ、実に楽しかった、そして興奮した。

特にティンパニとベースの重低音が素晴らしかった。エルガーと重低音強調はイメージしづらいけれど、音楽の基本がしっかりとした低音にあるのだ、とあらためて体感させてくれた。この楽団は、近代モノが実に上手い。


+*------*+:*:+♪+:*:+*------*+

発行者:Rede (隊長&隊員)

本体ホームページ
http://bkkr.web.fc2.com/

ブログ
http://rede200402.blog77.fc2.com/

+*------*+:*:+♪+:*:+*------*+




.
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ