一日一読 小さな成長メルマガ

  • ¥0

    無料

日本時間AM6:20配信日刊。日々の思うことや本当に好きなことで生きるヒントなどを綴っている。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
一日一読 小さな成長メルマガ
発行周期
日刊
最終発行日
2017年10月22日
 
発行部数
336部
メルマガID
M0087613
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
恋愛・結婚 > 出会い > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

ハッとする感覚。心が感じた感覚。瞬間に感じたことを大事にする【小さな成長3222】

「この人は駄目だ」と、ハッとする瞬間がある。

感覚が鈍くなると、自分に合わない人が分からなくなる。

慣れというのは、自分の感覚を麻痺させる。

慣れると、ハッとしなくなる。

なぜというのは頭の感覚。

心の感覚になぜはない。

心の感覚に理由はない。

心がそう感じるから。

心の感覚が鈍くなると、自分に合わない人を逆にいい人なんじゃと思い込む。

冷静になるのとは違う感覚。

冷静に考えるのではない。

この人は合わないというのは、瞬間的に思う感覚である。

睡眠は大事だ。

しばらく間を置くというのも、とても大事だ。

睡眠を取ることで、自分の感覚が回復する。

しばらく間を置くことで、ハッとできる。

ハッとした感覚というのは、心が感じた感覚。

心が感じた感覚というのは、頭が考えた感覚とは違う。

ハッとした感覚は、頭が計算した感覚とは違う。

心は計算しない。

心の感覚は、素直な感覚。

心の感覚というのは、芸術に触れた時のような素直な感覚。

心の感覚というのは、おぞましいものにゾッとする感覚。

自分の感覚が回復すると、心が安らぐ。

心の感覚が回復すると、危険を察知する。

ハッとする感覚を大事にする。

計算しないことだ。

頭は計算したがる。

損か得かと、頭は計算したがる。

本当は良くないのに、もしかすると良いこともあるんじゃないかと頭は心を迷わす。

心で感じるには、計算しないこと。

心で感じるには、最初の素直な感覚を大事にすることだ。



■小さな成長<3222>
心が素直に感じたことを、大事にしよう。



一日一読 小さな成長メルマガ配信登録・解除
【PCからは】http://www.mag2.com/m/M0087613.html
【携帯からは】
http://mobile.mag2.com/mm/M0087613.html



★最新エントリ★

●心が感じること。頭で考えたことより心が感じたことを楽しみにする【小さな成長3221】
http://s115.jp/3221.html

●60年後を見据え行動を開始する。60年後を見据え土台、畑を見つける【小さな成長3220】
http://s115.jp/3220.html

●家族との決別。本当に好きなことをする時家族には理解されない【小さな成長3219】
http://s115.jp/3219.html



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

◎発行者 しまぷー
◎ホームページ http://s115.jp/
◎ツイッター https://twitter.com/Shimapoo_jp/

※本メールマガジンの著作権は、発行者しまぷーに帰属する。
私的利用の範囲を超える使用の場合は、発行者までメルマガ返信にて連絡要。

※行動、決断などは、自身の責任で行うこと。
本メルマガに起因する如何なる損害や損失などに対して、発行者は責任を負わない。

※人生はフィクションのようなもの
本メールマガジンはフィクションである。実在の人物や団体などとは関係ない。

Copyright (C) 2008-2017 s115.jp All Rights Reserved.

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ