トップページ > オフィシャルメルマガ > 株のまぐまぐ! > 株のまぐまぐ! 2015/06/17号
株のまぐまぐ! 2015/06/17号
中国の本音は「AIIBに日米も参加して欲しい!」のはず。オバマ大統領のオフレコ発言はブラックマンデーを思い起こさせる!?
株のまぐまぐ!
注目ニュース・ピックアップ
優良住宅向け【フラット35】Sがますます有利に
プロフェッショナルの
本音ではAIIBに日米も参加して欲しい!?
プロフェッショナルの
オバマ大統領がG7でドル高を問題視!ブラック・マンデーが想起される
プロフェッショナルの
日銀ETF買い「官製相場」に波乱を起こす2つの要因
今週の重要経済指標カレンダー
注目メルマガピックアップ
Pick UP
優良住宅向け【フラット35】Sがますます有利に

『MONEY VOICE』より

賃貸マンションに住み、マイホーム購入を考え始めたご一家。前回はFPさんに「全期間固定金利型」の人気住宅ローン商品【フラット35】がどこで借りられるかについてレクチャーしてもらいました。今回は【フラット35】のお得な制度について解説してもらいます。
全文を読む
ピックアップ1 やはり利上げできない米国 アメリカ経済指標の欺瞞と粉飾はいつまで続く?
『ハロー!株式』より
ピックアップ2 データで見ると日本株はまだいける?中長期スタンスで流れに乗ろう!
『いつも感謝している高年の独り言』より
ピックアップ3 イスラム圏に進出しやすいハラル認証取得企業銘柄が知りたい!
『MONEY VOICE』より
プロフェッショナルの声1
本音ではAIIBに日米も参加して欲しい!?
著者
山崎 和邦
野村證券、三井ホームエンジニアリング社長を経て、武蔵野学院大学名誉教授に就任。大学院教授は世を忍ぶ仮の姿。実態は投資歴51年の現職の投資家。著書に「投機学入門ー不滅の相場常勝哲学」(講談社文庫)、「投資詐欺」(同)、「株で4倍儲ける本」(中経出版)等。山崎和邦 週報『投機の流儀』では経済動向を解説。
● これからの中国はアジアからヨーロッパまでの「面」で経済圏を取ろうとしている
● AIIB設立の本音は世銀とアジア開発銀行に並ぶ金融覇権を取ること
● 中国の本音は日米もAIIBに参加して貰いたいはず
昔のシルクロードは西安からローマまでの「陸上の線」だった。これからの中国のシルクロード構想は、「一帯一路シルクロード」という発想で「面、すなわち海面まで含めての構想」で獲るハラだ。「西安→イスタンプール→ローマ→ベネチェア→アテネ→ナイロビ→クワランプール→ジャカルタ→ハノイ→西安」、という「面」で採る経済圏、すなわち覇権である。

こうなると「一帯一路のシルクロード」が世界で占める割合は、人口で47%で約半数に達し、GDPでは約32%を占める。

彼らは自国の旧制王朝や古代ローマ帝国や中世スペイン王国が衰退した淵源は経済の衰退にあった、ということを知っている。その意味でギボンの「ローマ帝国衰亡史」よりもずぅっと聡明と言うか狡知と言うか、ともかく悪企みには長けた――
全文はこちらから
プロフェッショナルの声2
オバマ大統領がG7でドル高を問題視!ブラック・マンデーが想起される
著者
藤井まり子
資産形成・マクロ金融deあそぼ♪ - 貞子ちゃんの連れ連れ日記の筆者:藤井まり子が、金融資産3,000万円以上の読者に向けて送る藤井まり子の資産形成プレミアム・レポート。物心ともに豊かに暮らすための「正しい地道な資産形成」について、なるべく専門用語を使わないで話し言葉で解説。
● G7でオバマ大統領がドル高を問題視したオフレコ発言が伝えられた
● 今現在のマーケットはブラック・マンデー当時とよく似ている
● 似ているからこそオバマ大統領の発言にホワイトハウスは真っ青に!
日本時間で6月8日の夕刻、オバマ大統領が「ドル高は問題」と、オフレコでぼやいてしまいました!

こういった「アメリカFRBが利上げを模索し始めていて、ギリシャ危機が進行中の、金利市場がとてもナイーブになっている時に、アメリカのお偉いさんが、ドル高は問題」と発言してしまった事件というか、オフレコとはいえ公式の場で「ドル高をぼやいてしまった」事件で、鮮明に蘇る(よみがえる)のは、27年前の1987年10月の「ブラック・マンデーの暗い記憶」です!

今現在の内外のマーケットは、「ブラック・マンデーが起きた1987年当時」と、とてもよく似たところがあるのです。

1987年当時も、アメリカでは――
全文はこちらから
プロフェッショナルの声3
日銀ETF買い「官製相場」に波乱を起こす2つの要因
著者
吉田繁治
ビジネス知識源プレミアム:1ヶ月ビジネス書5冊を超える情報価値をe-Mailで の著者。最新かつ普遍的なビジネスの成功原理と経済・金融を、基礎から分かりやすく説いて提供。時間がない、原理と方法の本質を知りたい、最新の知識・原理・技術・戦略を得たいという方に。経営戦略・経済・金融・IT・SCM・小売・流通・物流を、基礎から専門的なレベルまで幅広くカバー。
● ドル/円相場でも、官の資金によるドル買いが入る
● 日本株が下がった時、官は100%買いを入れる
● 株の上がりすぎとヘッジ・ファンドの利確が官製相場に波乱を起こす
月間2500億円の買いは、1回が360億円で、月間平均7回です。1回の360億円は、なぜか、固定されています。

前場の日経平均が0.3%(60円)程度下げると、13時15分に、360億円の買いを入れます。この年間3兆円の買い枠は、わが国の株式相場を底支えできるくらい大きなものです。

【2014年10月からGPIFの株買いが加わった】
国民年金と厚生年金の基金を運用しているGPIF(資金量137兆円)も、2014年10月に、11%だった国内株への運用枠を、25%(34兆円)に増やしています。

2014年の12月末には19.8%(27兆円)の構成比で保有しているので、2015年中の買い枠の残りは、7兆円です。GPIFの7兆円の買いが、例えば向こう1年間で実行されると毎月6000億円もの買いに――
全文はこちらから
重要経済指標カレンダー
カレンダー
注目1 米:米連邦公開市場委員会(FOMC)、終了後政策金利発表
日本時間27:00~

世界各国の為替相場、株式相場に影響を与える。イエレン議長の記者会見と共に注目。
注目2 米:5月 消費者物価指数(CPI)
日本時間21:30~

米労働省労働統計局が発表。国民の生活水準を示す指標のひとつ。
注目3 日本:黒田東彦日銀総裁、定例記者会見
日本時間15:30~

今後の日銀の方針やいかに?
トップに戻る
【株のまぐまぐ!】 2015/06/17号
まぐまぐ!はオフィシャルメールマガジンをお届けすることによって
無料でメールマガジンを配信するシステムを提供しています。

配信中止はこちらから
メールアドレスの変更はこちらから
ご意見&ご感想はこちらから

発行元 :株式会社まぐまぐ
広告掲載をご検討の方はこちらよりお問合せください。
配送技術 :株式会社アットウェア

「まぐまぐ」は株式会社まぐまぐの登録商標です
株式会社まぐまぐは、プライバシーマーク認定企業です
まぐまぐ!

まぐまぐ!オフィシャルメールマガジン一覧

まぐまぐ公式情報メールは、さまざまなジャンルの最新情報などが届くメールマガジンです。