トップページ > オフィシャルメルマガ > 株のまぐまぐ! > 株のまぐまぐ! 2015/07/22号
株のまぐまぐ! 2015/07/22号
東芝は「むしろ買い」もありうる!?投資で大失敗を犯さないための心構えとは
株のまぐまぐ!
注目ニュース・ピックアップ
今後、金利上昇は免れない!? 住宅ローンの借り換えは最後のチャンス?【PR】
プロフェッショナルの
日経新聞の“好意溢れる”報道は欺瞞的だ
路地ウラ気ウォッチャー
美人コスプレイヤー大集合!中国のオタクイベントの実情
プロフェッショナルの
「1万7000円の底値を売る」大失敗を犯さないための心構え
今週の重要経済指標カレンダー
注目メルマガピックアップ
Pick UP
今後、金利上昇は免れない!? 住宅ローンの借り換えは最後のチャンス?【PR】

『MONEY VOICE』より

現在、住宅ローンの金利は、ほぼ過去最低水準となっています。具体的には、変動金利型でいちばん低いものは0.570%、当初固定金利型(10年)では0.960%、全期間固定金利型(35年)では――
全文を読む
ピックアップ1 いよいよ1ドル130円へ!? 「アメリカの利上げは9月」エコノミストの8割が予測
『ゆきママのブログでは書けないFXレポート』より
ピックアップ2 カジノ全面禁煙の「ギャンブル」に挑むマカオ、喫煙ルームで悩む
『【DZH】中国株マーケット&ニュース』より
ピックアップ3 台風は過ぎ去った後が重要!不動産オーナーが天災系リスクに遭遇したら?
『1億円大家さん姫ちゃん☆不動産ノウハウ』より
ピックアップ4 新興国の成長持続性を考える時は生産年齢人口に注目!
『バフェットの眼(無料版)』
プロフェッショナルの声1
日経新聞の“好意溢れる”報道は欺瞞的だ
著者
山崎 和邦
野村證券、三井ホームエンジニアリング社長を経て、武蔵野学院大学名誉教授に就任。大学院教授は世を忍ぶ仮の姿。実態は投資歴51年の現職の投資家。著書に「投機学入門ー不滅の相場常勝哲学」(講談社文庫)、「投資詐欺」(同)、「株で4倍儲ける本」(中経出版)等。山崎和邦 週報『投機の流儀』では経済動向を解説。
● 東芝はミスではなく組織ぐるみの意図的な大粉飾決算だった
● 普通なら直ちに特設管理ポストに“落ちて”上場廃止に向かう
● 上場廃止にはならないはずだから、劇安になれば長期的にはむしろ買い
東芝は筆者の青春と共にあったものだ。大いに幻滅した。筆者は初めは大型プラントの中途売り上げの計上の問題だと思っていたから、似たような事は日立にも重工にも川重にもありうる、くらいに思っていたし本稿にもそう書いた。

ところがストップ安の後も、状況は日に日に悪くなっていく。が、それらを報じるメディアの記事には、どこか“善意ダブルが感じられ「組織ぐるみの粉飾」という言葉は日経新聞にも日経ヴェリタスにも一言もない。

だが、さすがに東芝に好意的だった日経新聞も「不適切」から「虚偽記載」へ移ったことはやむを得ない。日々、読み進むうちに――
全文はこちらから
プロフェッショナルの声2
美人コスプレイヤー大集合!中国のオタクイベントで好きなキャラやコスプレ費用を聞いてみました
img
大家好(だーじぁーはお)!皆さんコンニチワ。路地ウラウォッチャー・中国担当の「ジンダオ」です。

今回は「上海のアニメ&ゲームのコスプレ事情」をご紹介したいと思います!

コトの発端は中国人の友人との雑談。カメラが趣味で、いつもコスプレイヤーさんを撮影している彼いわく、中国でいま「コスプレ」がたいへん“熱い”らしいのです。

そこで、上海で年に2回開催される大型同人・コスプレイベント「COMICUP魔都同人祭」に突撃して、中国人コスプレイヤーさんに体当たり取材。彼らに、好きなコスキャラや毎月のコスプレ費用などをアレコレと質問してみました。

あなたの好きなアニメ作品やキャラを、中国人はどのように楽しんでいるのでしょうか?コスプレ写真50枚以上でお届けします!――
続きを読む
プロフェッショナルの声2
「1万7000円の底値を売る」大失敗を犯さないための心構え
著者
馬渕治好
馬渕治好の週刊「世界経済・市場花だより」を発行中。最新の世界経済・市場動向をさぐる「ブーケ・ド・フルーレット」(略称:Bdフルーレット)。この代表である馬渕治好が、めまぐるしく変化する世界の経済や市場の動きなどについて、高水準の分析を、わかりやすく解説します。
● 最近の日本株は雰囲気や一部投資家の買いだけで上昇している感が強い
● 米国市場の買われ過ぎがFOMCの利上げを口実に修正されることが予想される
● 今年後半の株価シナリオは、米国に日本株が巻き込まれる展開になるだろう
今週(7/20〜)は、マクロ面(経済統計や大きな世界情勢)からは、材料を欠きます。そうしたなか、米国では4~6月期の企業決算が本格的に続き、日本でも徐々に発表社数が増え始めます。日本の企業決算は総じて堅調な内容になると推察されます。ただし、まだ通期の収益見通しを修正する企業は少ないでしょう。

日本の株価については、先週は株価は総じて上昇をみせたものの、売買高からみて早くも夏枯れ相場に入った、との声も聞かれます。今週も夏枯れのまま、大きく株価が上下に動かない、という展開になりそうですが、先週の株価がやや買われ過ぎだと考えているので、「夏荒れ」相場に陥る恐れもあり、要注意です。

日本株の今年の展開については、一旦下落して、その後年末に向けて上昇する、というシナリオを――
全文はこちらから
重要経済指標カレンダー
カレンダー
注目1 英:英中銀金融政策委員会(MPC)議事要旨
日本時間17:30~

ギリシャ問題の中、イギリスの動きは?
注目2 米:6月 新築住宅販売件数
日本時間23:00〜

先行性の高い景気の指標と言われる新築住宅の販売件数、価格など。
注目3 英:4-6月期 四半期国内総生産(GDP、速報値)
日本時間17:30~

世界経済においても影響力が高い英国の重要指標。
トップに戻る
【株のまぐまぐ!】 2015/07/22号
まぐまぐ!はオフィシャルメールマガジンをお届けすることによって
無料でメールマガジンを配信するシステムを提供しています。

配信中止はこちらから
メールアドレスの変更はこちらから
ご意見&ご感想はこちらから

発行元 :株式会社まぐまぐ
広告掲載をご検討の方はこちらよりお問合せください。
配送技術 :株式会社アットウェア

「まぐまぐ」は株式会社まぐまぐの登録商標です
株式会社まぐまぐは、プライバシーマーク認定企業です
まぐまぐ!

まぐまぐ!オフィシャルメールマガジン一覧

まぐまぐ公式情報メールは、さまざまなジャンルの最新情報などが届くメールマガジンです。