トップページ > オフィシャルメルマガ > 株のまぐまぐ! > 株のまぐまぐ! 2015/07/29号
株のまぐまぐ! 2015/07/29号
三橋貴明が解説!ギリシャはどうすれば破綻しなかった?7月の急落・急騰劇!その時、山崎和邦は何を買った?
株のまぐまぐ!
注目ニュース・ピックアップ
もしもの時のための遺族年金、あなたはちゃんと理解していますか?
プロフェッショナルの
7月前半のギリシャと中国を材料とした急落・急騰劇!その時、山崎和邦は何を買った?
プロフェッショナルの
そもそもギリシャはどうすれば破綻しなかったのか?
プロフェッショナルの
7〜9月は訪日外国人が増加の傾向!再び賑わいを見せるインバウンド関連銘柄
今週の重要経済指標カレンダー
注目メルマガピックアップ
Pick UP
もしもの時のための遺族年金、あなたはちゃんと理解していますか?

『落合王子のマネーアカデミー』より

一家の大黒柱が死亡したときを想像してほしい。遺された家族は、きっと悲しみに暮れるだろう。「こんな不幸があるのか」と嘆き、苦しむかもしれない。しかし、同時に「明日からどうやって生活していこう…」とも――
全文を読む
ピックアップ1 今週のドル円 ペンタゴンチャート分析「上値の重たい展開となるのか」
『☆ペンタゴンチャート分析<為替編>』より
ピックアップ2 「2年で2%あり得ない」日銀前副総裁の注目コメントを検証する
『牛さん熊さんの本日の債券』より
ピックアップ3 ドル円展望「市場の関心は来週の米FOMCや米GDPに、しばし膠着」
『“鈴木郁雄のFX実践ストラテジー”2つの通貨ペア乖離幅トレーディング』より
ピックアップ4 遺言書は“もめ事”を減らすだけじゃない!
『こころをつなぐ、相続のハナシ』より
プロフェッショナルの声1
7月前半のギリシャと中国を材料とした急落・急騰劇!その時、山崎和邦は何を買った?
著者
山崎 和邦
野村證券、三井ホームエンジニアリング社長を経て、武蔵野学院大学名誉教授に就任。大学院教授は世を忍ぶ仮の姿。実態は投資歴51年の現職の投資家。著書に「投機学入門ー不滅の相場常勝哲学」(講談社文庫)、「投資詐欺」(同)、「株で4倍儲ける本」(中経出版)等。山崎和邦 週報『投機の流儀』では経済動向を解説。
● 7月8日、9日には「三場の変わり」が起きた
● 日経レバレッジを16,200円で買い指値し、17,700円で利食いした
● 押し目待ちに押し目なしだ!
7月8日の終値から9日のザラバ安値までの下げ幅は一日半で▼1,262円であり、そのザラバ安値から当日引け値までの戻りは半日で740円幅だった。つまり半日で下げ幅の半値戻りを成した。ようやく膠着相場を抜けて生体の動きを示した。この短期的現象を昔から「三場の変わり」(さんばのかわり)と称して、「下げも上げも場で3つ目で目先は一旦終わる」の意である。今回は8日の前場・後場、9日前場、この3つであった。9日の後場から猛反発した。

半世紀前、筆者が野村の本店営業部にいた頃、先輩たちは超短期売買も盛んに顧客にさせていたが、筆者はその際にこれを覚え、その後、数え切れないほど応用したが当たる時の方が圧倒的に多かった。

今回は具体的には筆者はこうした。銘柄による差が不明だから日経レバレッジ(1570)を――
全文はこちらから
プロフェッショナルの声2
そもそもギリシャはどうすれば破綻しなかったのか?
著者
三橋貴明
東京都立大学経済学部卒業。外資系IT企業ノーテルをはじめNEC、日本IBMなどを経て2008年に中小企業診断士として独立。経済評論家、作家としても活躍中。まぐまぐでも大人気有料メルマガ週刊三橋貴明~新世紀のビッグブラザーへ~を配信中。
● 生産性が低い状況ながらユーロに加盟したため財政破綻に追い込まれた
● ギリシャ企業は率先して投資に踏み切れない状況
● 現在のギリシャは、まさに帝国主義時代にイギリスに支配されたインドと同じ
日本ではほとんど正しく報道されていないが、ギリシャ危機の中核には「生産性」の問題がある。結局のところ、ギリシャは生産性が低い状況でありながら、「フェアな競争」を強いられるユーロに加盟した結果、財政破綻に追い込まれたのである。

生産性が低いギリシャがユーロに加盟すると、ドイツなど高生産性の国々の輸出を押しとどめることができない。

結果的に、生産性を引き上げるための投資拡大も起きない。外国製品に勝てない環境下では、ギリシャ企業が率先して生産性向上のための投資に踏み切ることはないのだ。

ギリシャが独自通貨国であれば、通貨発行権を用い――
全文はこちらから
プロフェッショナルの声2
7~9月は訪日外国人が増加の傾向!再び賑わいを見せるインバウンド関連銘柄
著者
aqua
無料メルマガハロー!株式を配信中。「まぐまぐ大賞2014」無料部門総合2位。「まぐまぐ殿堂入り」の無料投資情報メルマガ。お役立ち情報満載で必見、株式相場見通し・投資ノウハウ、有望銘柄情報を10年以上に渡って配信しています。
● ギリシャ&上海で下押ししたがピンチとチャンスは常に隣り合わせ
● 目先の動きでなく中長期スタンスで臨みたいところ
● 訪日外国人消費は年間3兆円の大台を大きく超えてくる可能性がある
「羊辛抱、辛抱銭(しんぼうぜに)相場」も半年が経過しましたが、それが指し示す通りの展開となっています。この度もギリシャ&上海というダブルショックで大きく下押しする場面がありましたが、ピンチとチャンスは常に隣り合わせです。

そのショック安場面でここぞとばかりに仕込まれた方、或いはジッと辛抱した方は大きく報われており、まさしく「辛抱銭」となっています。巷では大きく下げたところで信用の追証発生で投げさせられた方、或いは恐怖感から売らされてしまったという方が多くいますが、そこで買った人と売った人とでは――
全文はこちらから
重要経済指標カレンダー
カレンダー
注目1 米:米連邦公開市場委員会(FOMC)、終了後政策金利発表
日本時間27:00~

中国の動きをFOMCはどう捉えているか
注目2 米:4-6月期 四半期実質国内総生産(GDP、速報値)
日本時間21:30〜

予想を下回ると日経急落もありうるだけに注目
注目3 日本:6月 全国消費者物価指数(CPI)
日本時間08:30~

総務省が発表。国民の生活水準を示す指標のひとつ
トップに戻る
【株のまぐまぐ!】 2015/07/29号
まぐまぐ!はオフィシャルメールマガジンをお届けすることによって
無料でメールマガジンを配信するシステムを提供しています。

配信中止はこちらから
メールアドレスの変更はこちらから
ご意見&ご感想はこちらから

発行元 :株式会社まぐまぐ
広告掲載をご検討の方はこちらよりお問合せください。
配送技術 :株式会社アットウェア

「まぐまぐ」は株式会社まぐまぐの登録商標です
株式会社まぐまぐは、プライバシーマーク認定企業です
まぐまぐ!

まぐまぐ!オフィシャルメールマガジン一覧

まぐまぐ公式情報メールは、さまざまなジャンルの最新情報などが届くメールマガジンです。