トップページ > オフィシャルメルマガ > スポーツまぐ! > スポーツまぐ! 2014/06/27号
スポーツまぐ! 2014/06/27号
笑いが止まらない!?W杯伝説のシーンを動画で!
やくみつる 今週の"ヒット"コマ
-やくみつるが旬のスポーツをヒットコマでご紹介-
SPOTUBE〜あの名場面をYou Tubeで〜
-もう一度見たいスポーツの名場面を動画で-
まぐスポ〜ツボを押さえて楽しく観戦&参戦〜
-注目のスポーツイベントが10倍楽しくなるポイントを解説-
決勝Tへ向けた早朝の決戦!PKで決着って……!?
 いや〜〜、壮絶な試合でしたね、25日早朝の一戦。皆さんも固唾を呑んで見守っていたんじゃないですか。後半終了間際、ペナルティエリア内で相手の反則(←微妙!)を得ての渾身のPK。なんせこれを決めれば1次リーグ突破、外せば時間的にもほぼ敗退決定というシビレるようなキックーー。

 えっ?どこの試合の話だ?ギリシャVSコートジボアール戦にきまってるじゃないですか。日本VSコロンビア戦を観てなかったのかって?1-3になった時点でNHKの方にチャンネル替えちゃいましたから。もっともそちらの方ではとっくにこの試合の勝者が決勝T進出と放送してましたけどね。アチラではまだ何とかなる!と松木さんやゴンが声を張り上げてたみたいですが。
やくみつる
漫画家。
新聞・雑誌などで幅広いジャンルの時事漫画を執筆、テレビ番組のコメンテータとしても活躍中。
残念ながら日本代表のW杯は1次リーグ敗退という形で幕を下ろしました。しかし、W杯自体はむしろこれからが本番。いよいよ決勝トーナメントがスタートします。そこで今回はW杯の長い歴史から有数の珍プレーを集めてみました。
コロンビアの伝説的GKがまさかの凡ミス
サッカー史上屈指の目立ちたがりGK、イギータの謎プレー。センターサークル付近でボールを受け、後ろに誰もいない状況にも関わらず相手を抜こうとし、あっさり取られます。ボールは無人のゴールへ。これで敗戦は痛すぎる!
試合後の迷言も話題になった日本代表の黒歴史
2006年W杯ドイツ大会。右サイドから崩し、中央の柳沢へ。GKも完全に右サイドへ寄っており、後はゴールするだけという状況でシュートはまさかの枠外。試合後の「急にボールがきたから」という迷言もネット上で流行しました。普通、ボールは急にくるでしょ!?
相手チームの指示にうなずくコートジボワール選手
北朝鮮の監督が自軍の選手を呼び、指示を与えています。そこになぜか相手チームのエブエも合流。当然指示はハングルで行われており、言葉も分からないはずなのに、なぜか神妙な顔で監督を見つめ、うなずくエブエ。これには北朝鮮の監督コーチも苦笑いです。
野球がとんでもなく面白いことになっている!?
交流戦の首位は巨人!

日本代表のW杯が終わりました。なんというか不完全燃焼でしたね。「なにが優勝だ」などとの批判の声もありますが、最初から負けることを前提で戦うよりいいのでは?現実を見ることも大切ですが、選手全員が優勝できるという思考を持ち、サポーターがそんな選手たちを信じることができた時にこそ、日本は優勝することができるのではないでしょうか。

さて、サッカーの後は野球ですよ、野球!日本では巨人の交流戦優勝!アメリカではニューヨークヤンキースの田中選手が11勝2敗、ダルビッシュ選手は7勝4敗、岩隈選手は5勝3敗と、いずれも好調を維持。そしてなんといっても7月には日・米のオールスターも開催されます。

日本ではW杯一色になっていたので交流戦の模様はあまり話題になっていませんでしたが、巨人×ソフトバンクの優勝決定戦や、若いピッチャーたちの台頭などがあり、交流戦はアツかった!

●交流戦の順位(6月25日現在)

1位 巨人(セ1位)
2位 ソフトバンク(パ2位)
3位 オリックス(パ1位)
4位 中日(セ4位)
5位 DeNA(セ6位)
6位 ロッテ(パ4位)
7位 日本ハム(パ3位)
8位 西武(パ5位)
9位 ヤクルト(セ5位)
10位 楽天(パ5位)
11位 阪神(セ3位)
12位 広島(セ2位)

スタートダッシュに失敗した巨人ですが、投手陣ががんばりました。交流戦前は4.18という防御率でしたが、交流戦に入るや2.82と12球団トップに。この数字は、リリーフ陣の山口選手とマシソン選手の復帰&復調、そして何といっても小山雄輝選手の好投によるところが大きいと言っていいでしょう。

小山選手は入団4年目の右腕で、187cmという高身長を生かした投球フォームから繰り出される力強いストレートとフォークが持ち味。通常、身長の高い選手が上から投げ下ろすといった場合には高低差があるため低めのコントロールが難しいのですが、小山選手はこのコントロールがすばらしい。打者は膝元に投げ込まれるストレートとフォークの見分けがつかず空振りしてしまうのです。というわけで、後半戦は小山選手の低めコントロールに注目ですよ。

衝撃的だったのが、広島が交流戦最下位に沈んでしまったことでしょうか。あれほど交流戦前は調子の良かった投手陣が総崩れし、9連敗を喫してしまいました。エース前田選手をはじめ、大瀬良選手・九里選手のルーキーコンビも疲れからか思うようなピッチングができていません。

セリーグは現在、巨人が首位で広島が2.5ゲーム差で追う展開となっています。この2チームのこれからの争いにも注目です。

そして日本のオールスターですが、ファン投票の発表は6月27日。中間発表では、セリーグは広島、パリーグはオリックスの選手が多く選出されていましたが、交流戦の巻き返しと同じく、巨人やソフトバンクの選手の票はどうなったのか!?要チェックですよ。

<その他のスポーツ情報>
サッカー ブラジルVSチリ 6月29日
ネイマールは“サッカーの王様”になれるのか?
サッカー ウルグアイVSコロンビア 6月29日
噛みつき騒動のスアレス選手に注目!
【スポーツまぐ!】 2014/06/27号 (毎週金曜日発行)

配信中止はこちらから
メールアドレスの変更はこちらから
ご意見&ご感想はこちらから

発行元 : 株式会社まぐまぐ
広告掲載をご検討の方はこちらよりお問合せください。
配送技術 : 株式会社アットウェア

「まぐまぐ」は株式会社まぐまぐの登録商標です
株式会社まぐまぐは、プライバシーマーク認定企業です
【スポーツまぐ!は、転載、複写、大歓迎です。】

スポーツまぐ! 休刊

スポーツが見たくなる、やりたくなるメルマガ誕生しました。 人気漫画家・やくみつるさんの書きおろしのコラムを毎週掲載中! 懐かしの名シーンを動画で振り返るコーナーも大人気。 スポーツ好きには堪らない見どころ、読みどころを満載してお送りします。

※配信日に解除した場合、配信開始と行き違いで1回だけ届いてしまうことがあります。翌週からは届かなくなりますのでご了承ください。

※「スポーツまぐ!」は、まぐまぐのメールマガジンを読者登録中の方、およびご自身で配信を希望された方にお送りしています。

※マイページをご利用いただくと、「登録中マガジン」の確認と解除が簡単にできます。

※同じ『スポーツまぐ!』が2通以上届いてしまう、解除がうまくいかないなどの場合は、まぐまぐ!ヘルプをご覧ください。

まぐまぐ!オフィシャルメールマガジン一覧

まぐまぐ公式情報メールは、さまざまなジャンルの最新情報などが届くメールマガジンです。