熊本地震で拡大する日本の財政出動 個別銘柄物色に変化の兆し=炎

5年前の東日本大震災の復興途上で起きた、今回の熊本大地震。株式市場でも、早速にこの出来事を横目に普段は見向きもされないような企業の株価が乱舞し、投資家がやや過剰な反応を示しているようにも感じられます。(『億の近道』炎のファンドマネージャー)

プロフィール:炎のファンドマネージャー(炎)
小学生から証券会社に出入りし、株式投資に目覚める。大学入学資金を株式の利益で確保し、大学も証券論のゼミに入る。証券会社に入社後は一貫した調査畑で、アナリストとして活動。独立系の投資運用会社でのファンドマネージャーの経験も合わせ持つ。2002年同志社大学・証券アナリスト講座講師を務めたほか、株式漫画の監修や、ドラマ『風のガーデン』(脚本:倉本聰)の株式取引場面の監修を行う。

大地震は我が国と東京株式市場に何をもたらすか

お見舞いの言葉

14日に起きた熊本の大震災で犠牲になられた皆さんに、心よりお見舞い申し上げます。災害は忘れた頃にやってくるとは言いますが、まさに起きてはならない予期せぬ出来事が起きてしまいました。

熊本には1年半前に平田機工への訪問の際に足を運び、とても印象に残っています。その際に熊本城のすぐ近くでお昼を食べた記憶があり、熊本城の土台が崩れてしまった様子を見ると、あのお店はどうなったのかと心配しております。幸いなことに平田機工の担当者からは無事だというメールが来ておりましたが、そのメールは14日の前震後のものでしたので本震でまたどうなったか心配ではあります。

今回は大きな余震が頻繁に起きていますので、その影響が懸念される状況です。熊本には日本の有力ハイテク企業や自動車産業の生産拠点が多数立地しており、インフラの崩壊で影響が長期化しそうな状況ですが、まずは命が大事。これから起きると言われている余震やそれに伴う土砂災害や建物の崩壊などに、本当に気をつけて頂きたいと思います。

日本はいつ・どこで地震が起きてもおかしくない地震国。東日本大震災から5年を経過して、改めて思い知らされました。熊本大震災の早期終息を心から祈るばかりです。

公共投資は改めて拡大路線へ

5年前の東日本大震災の復興途上で起きた、今回の熊本大地震。現在進行形で被害の拡大が続くと予想される中で、様々なことが報道されています。

その結果、株式市場でも、早速にこの出来事を横目に普段は見向きもされないような企業の株価が乱舞し、投資家がやや過剰な反応を示しているようにも感じられます。

テレビメディアは速報性のあるニュースをいち早く報道しようと構えてはいますが、この結果、同じ報道内容の繰り返しが続いています。皆さんも私も同じように久々にテレビに釘付けになっているのかも知れませんが、出来事を伝えるだけで、深堀りした内容にまではまだ至っていません。

災害報道では、NHKがまずはどう伝えているのかを見て、他局の番組を見ることになります。

その中で印象的なことは、政府の対応です。安倍首相の支持率が上がったようですが、安倍首相のリーダーシップぶりが記者向けのメッセージを通じて印象深く伝えられたことが、支持率アップの背景なのかも知れません。ですが、なぜこの時期にこの話が出るのかは謎です。

今回の大地震発生で、いよいよ財政の出動が本格化し、2年間の公共投資縮小から改めて拡大に向かう契機になると考えられます。

これで個別銘柄の物色の方向も決まりそうです。

Next: ドローン、非常用電源など幅広いニーズ/九州拠点の建設関連企業に脚光

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー
ついでに読みたい