上司よ!モンスター部下+医師+食えない弁護士の3者タッグに気をつけろ=ショー

部下に悩まされる上司や会社、というのは報じられにくいものです。しかし今後は日本でも、“食えない”弁護士の急増により、モンスター元従業員と弁護士がタッグを組んで訴訟等を連発してくる可能性があると思っています。(『海外投資とネットビジネスで海外移住、ハッピーライフ』)

「モンスター部下」に悩まされる上司や会社が急増中!?

自主退職してくれるならまだマシ

モンスターペアレンツ、モンスターカスタマーという言葉は良く聞きますが、今日のモンスター部下というのは、ショーが勝手に使っているだけです(笑)

【関連】黒田さん、「プライドの高い人たち」を怒らせると面倒ですよ=ショー

だいたい、マスコミが取り上げるのは「弱者の視点」という大義名分からですので、部下に悩まされる上司、というのはネタになりにくいものです。

ですが、ショー自身、かつて勤務していた会社では、何回か、モンスター部下に悩まされる上司や会社というのを見てきました。

ひとつは、製造部門でどうにも“使えない”との評価だった社員です。あれこれ、不平不満を言ってばかりで、職場の和を乱す、という評価でした。

その社員は、営業部門に異動となり、毎日、新規開拓担当となりましたが、全く成果は上がりませんでした。

退社前に営業報告書を書くように、と命じてやらせたら、簡単な内容に1時間以上かかって、残業代を請求してくる。

上司が、「定時に終わらせるように」と指示したら、営業活動は終業2時間前くらいに終わらせてきて、ほんの数行程度の報告書を1時間以上かけて作って、悠々と退社していく、という感じでした。

ショーは当時、関係ない部門にいましたから、あくまで傍観者でしたが、こういう時の上司というのは実にストレスが溜まるものです。

まだ良かったのは、営業部門に来てから2ヶ月ほどで自主退職した事でしょう。これで一応、一件落着となったわけですから。

ショーの経験では、もうひとつ、こちらは調停に持ち込まれたケースを経験しました。

Next: 裁判所から民事調停の通知が。元社員の言い分は――

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー
ついでに読みたい