「スイッチ」需要好調の任天堂<7974>に物色の矛先~注目銘柄シューティング(3/17)=山本伸一

任天堂<7974>が新型ゲーム機「ニンテンドースイッチ」の需要好調を受け、株価25,580円(前日比+425円)と続伸しています。そのほか、注目すべき3つの銘柄をご紹介します。(『株とまとの「株式投資戦略」』山本伸一)

任天堂が堅調、425円高~きょう注目の個別銘柄トップ3

任天堂<7974> 25,580円 前日比+425円(+1.69%)

任天堂<7974> 日足(SBI証券提供)

任天堂<7974> 日足(SBI証券提供)

続伸。新型ゲーム機「ニンテンドースイッチ」の需要好調を受けて、来期の生産計画を少なくとも2倍に引き上げるとの観測報道が買い材料視された。関連銘柄のACCESS<4813>、メガチップス<6875>も買われており、テーマ人気に発展している。

東芝<6502> 190.1円 前日比+6.5円(+3.54%)

東芝<6502> 日足(SBI証券提供)

東芝<6502> 日足(SBI証券提供)

反発。同社再建に向けて公的資金を使って支援する動きが出てきたとの観測報道が見直しにつながっている。技術流出が懸念されており、半導体事業の新会社「東芝メモリ」に日本政策投資銀行が一部出資を検討、経済産業省も官民ファンドの活用を模索する動きも伝わっているようだ。

ファナック<6954> 23,075円 前日比+605円(+2.69%)

ファナック<6954> 日足(SBI証券提供)

ファナック<6954> 日足(SBI証券提供)

上伸。一気に昨年来高値を更新している。UBS証券が投資判断「買い」を継続、目標株価を25,000円から26,000円に引き上げたことが買い材料視された。中国向けの好調ぶりや米大統領による要請でトヨタ<7203>の米国生産拡大観測なども手掛かりとなっているようだ。

【関連】経営危機から一発逆転。シャープの株価はなぜ急伸しているのか?=栫井駿介

【関連】プロ直伝「独自の投資手法」の作り方。みんなと同じじゃ報われない!=房広治

【関連】地獄の「あいりん地区」で覚える投資術 ジャンキーどもの逆を行け=鈴木傾城

株とまとの「株式投資戦略」』(2017年3月17日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

株とまとの「株式投資戦略」

[無料 日刊]
もう相場で迷わない。昨晩のニューヨーク市場や今日の東京株式市場の全体相場の値動きを解説。株式市場をめぐる資金の流れを細かくウォッチして、明日の投資戦略を提供します。さらに、動いた個別銘柄を中心に弊社精鋭アナリストが分析、市場参加者がどこに目を付けて利益を得ているのか。今、乗るべき銘柄が見えてきます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー